留萌女子高生殺害 突き落としは否認

留萌市在住の女子高生を車に監禁して連れ出し、石狩川に落として殺害した容疑のかけられている内田梨瑚容疑者は、取り調べに対し「女子高生を橋に残して帰った。その後のことは知らない」と主張しているようです
つまり、自分は殺害に関与していないとの言い分です


北海道旭川市で女子高校生(17)をつり橋から石狩川に転落させて殺害したとして、殺人の疑いで再逮捕された無職内田梨瑚容疑者(21)が「(高校生を)橋に置いてきた」と、殺害行為への関与を否定する趣旨の供述をしていることが18日、関係者への取材で分かった。道警は高校生が橋から転落するまでの経緯を調べている。
関係者によると、つり橋には高校生と内田容疑者、旭川市の無職の女(19)=殺人容疑で再逮捕=がいた。内田容疑者は、高校生をつり橋に残して無職の女と一緒に帰ったため、高校生が転落するのは見ていないと説明。現場周辺では高校生の衣服が見つかった。
被害者の高校生は内田容疑者らに車内に監禁されてコンビニに寄った際、店員に助けを求めたが、内田容疑者らは店員に「この子はおかしくなっている。取り合わなくていい」という内容の説明をしたことが分かっている。
コンビニの外で、逃げようとした高校生に内田容疑者らが暴行を加える様子が周辺の防犯カメラに写っていた。その後、つり橋に向かったとみられる。
(共同通信の記事から引用)


現場となった神居古潭の釣り橋とその周辺には防犯カメラは設置されておらず、内田容疑者が女子高生を橋の上から落とすところを目撃した人物もいません
元検事の前田恒彦弁護士は次のように指摘します


それこそ、2人で女子高生を抱えて放り投げたのか、後ろから背中を押したのか、脅して自ら川に落ちるように仕向けたのか、暴行により意識を失ったので死んだと思いこんで川に捨てたら生きていて溺水により窒息死したのか、橋の上に立たせたらバランスを崩して落ちてしまったのか、転落の状況が「客観的」に特定できていない。しかも、女子高生を橋に残して帰ったという弁解だから、自殺や足をすべらせた事故の可能性を含め、ますます混沌とした状況となっている。
そこで重要となるのが、共犯とされる19歳の女の供述だ。ただ、この種の事件では、逮捕までに口裏合わせが行われていたり、自らの行為や責任を相手になすりつけたりすることも予想されるので、たとえ自白したとしても、その信用性については慎重に吟味する必要がある。


警察がどう尋問しようと、内田容疑者は上記のように「自分は殺していない」と言い張るのでしょう。ならば共犯として逮捕された19歳の容疑者を自供に追い込み、「内田容疑者が橋の上から突き落とした」と言わせるしかないのでしょうか?
ただ、女子高生には自殺する動機などありませんから、自ら川に飛び込んだ可能性は否定されます。誤って転落したと考えるより、2人の容疑者によって川へ突き落とされたと考えた方が自然です。2人には女子高生を殺害する動機があったのですから(生きて帰せば警察に通報されるので)
女子高生を殺害する動機を持つ容疑者2人以外、殺害に関与した人物はいないと状況証拠を積み重ねれば、殺人罪で起訴できるのではないか、と素人には思えるのですがどうなのでしょう

(関連記事)
留萌女子高生殺害 監禁手伝った共犯者は少年院送致
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/504026062.html
留萌女子高生殺害 内田被告は警察官と不倫関係
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/503968039.html
留萌女子高生殺害 被害者をスマホで撮影
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/503851587.html
留萌女子高生殺害 被害者は激しく抵抗か
留萌女子高生殺害 内田梨瑚容疑者とは
留萌女子高生殺害 女2人を殺人容疑で逮捕
福岡女性転落殺人を考える6 控訴審でも懲役22年
福岡女性転落殺人を考える5 懲役22年の判決
福岡女性転落殺人を考える4 人格障害を疑う
福岡女性転落殺人を考える3 解離性同一性障害
福岡女性転落殺人を考える2 復讐に執着
福岡女性転落殺人を考える1 懲役25年求刑
大分女性転落死 検察審査会は不起訴不当と判断
大分女性転落死 現場にいた男に1億円の賠償命令
男女中学生の強盗致死事件 少年院送致決定
男女中学生の強盗致死事件 刑事罰を科すべきか
男女中学生を強盗致死容疑で逮捕 大阪