大阪枚方女子大生殺害 私物を盗んで換金していた

大阪・枚方市で女子大生を殺害したとして逮捕された西光勝容疑者が、被害者である渡辺華蓮さんのノートパソコンやスマートフォンを盗み、換金していたとして再逮捕されています
殺害するだけでなく、私物まで盗んで金に換えるという呆れた所業です。「彼女を殺し、自分も死ぬつもりだったが、死にきれなかった」という最初の言い分は何だったのか、と思うばかりです。結局は金、金、金です。死ぬつもりだったら金など必要なかったはずです。要するに西光容疑者は死ぬつもりなど最初からなく、金を作ってどこまでも逃げる気でいた…と推測されます


大阪府枚方市のマンションで女子大学生を刃物で刺して殺害したとして殺人の罪で起訴された交際相手の男が、事件後に、女子大学生のスマートフォンを使って、女子大学生になりすまして、知人に連絡を取っていたことが新たにわかりました。警察は事件の発覚を遅らせようとした可能性があるとみています。男は11日、被害者のスマホやパソコンなどを盗んだ疑いで再逮捕されました。
窃盗の疑いで再逮捕されたのは、無職の西光勝容疑者(26)です。
西光容疑者は5月、枚方市内のマンションの一室で、この部屋に住む交際相手の大学2年生、渡辺華蓮さん(19)を包丁で刺して殺害した罪ですでに起訴されています。再逮捕の容疑は、犯行直後の16日午後5時すぎ、渡辺さんの部屋からノートパソコンやスマホなど13点を盗んだ疑いです。
警察の調べに対し、西光容疑者は「事実その通り間違いありません。宿泊費をねん出するためにパソコンを売ることにしました」と容疑を認めた上で、「3000円くらいしか所持金がなかった。ホテルに泊まる金がなかったので、パソコンを売って現金にしようと思った」と話しているということです。
司法解剖の結果、渡辺さんは16日ごろに亡くなったとみられますが、渡辺さんの知人などによりますと、その後も渡辺さんのスマホから、「(西光)勝さんの代わりにお金を持っていく」などとSNSで連絡があったということです。警察もこの情報を把握していて、西光容疑者が事件の発覚を遅らせようとした可能性があるとみています。
西光被告は事件後、渡辺さんのスマホや部屋の鍵を持ち出していたほか、渡辺さんのパソコンも持ち出した上、枚方市内の買取店で数万円で売却し、その金をホテルの宿泊費などの逃走資金にあてていたことが分かっていて、警察が捜査を進めていました。
(読売テレビの記事から引用)


「ホテルに泊まる金がなかったので、パソコンを売って現金にしようと思った」と西光容疑者は語っているようですが、そもそもなぜホテルに泊まる必要があったのか、謎です。どうしても犯行後、ホテルに宿泊する必要があったのでしょうか?
犯行後、一時的に身を隠す場所なら、カラオケ店とかインターネットカフェとか、場所はあります
あるいは頭が悪すぎてホテルに泊まるしか思う浮かばなかったのか?
仮にも交際した相手である女性の私物を盗み、金に換えるのもよほど切羽詰まった挙げ句なのか、あるいは何も考えずに平気でそういった行動をしてしまうデリカシーの欠片もない人物なのか、どちらなのでしょうか?
おそらくその両方であるのかもしれません
西光容疑者は無職で金もないのに、どこかの会社に勤務している風を装い、渡辺さんのアルバイトをしているガールズバーに通い、彼女を口説き落とそうと躍起になっていました。が、口説き落としてどうするのか、ビジョンはなかったものと思われます。自分は働かずにプラプラし、彼女の稼ぎでヒモ生活をする…という未来しか見えません
いずれは事業を起こして大金を稼いで見せるなどと言いつつ、ヒモのままずるずるの毎日を過ごすのでしょう。若いのですから、日雇い仕事でも何でもやれたはずなのに、働くと死ぬ病気にでも罹っていたのか、訊いてみたいものです

(関連記事)
大阪枚方女子大生殺害 借金で追い込まれる
大阪枚方女子大生殺害 元交際相手は借金まみれ
堺市女子大生殺害 求刑通り懲役20年判決
堺市女子大生殺害 殺意も責任能力もなく無罪を主張
静岡女子大生殺害 控訴審も懲役20年判決
静岡女子大生殺害 ストーカーの言い分
静岡女子大生殺害 初公判で容疑を認める
横浜女子大生殺害 元カレはパチンカス
横浜女子大生殺害 元カレを逮捕
女子大生を刺した神戸ストーカー事件を考える
平野区ストーカー殺人 懲役30年の判決
NHKのストーカー 船岡アナは諭旨免職処分
NHKアナウンサー ストーカー行為で逮捕
ストーカー問題 自我・他我はどう形成されるのか2
ストーカー問題 自我・他我はどう形成されるのか1
71歳老人が女子中学生にストーカーで実刑判決
大阪カラオケパブ殺人 懲役20年の判決