沼津殺人バラバラ事件 土屋被告に懲役18年判決

不倫関係にあった女性から妻と離婚するよう要求されたことで持て余し、殺害して遺体をバラバラにした土屋裕貴被告に対し、静岡地裁浜松支部は求刑通り懲役18年を言い渡しています
土屋被告側は衝動的な犯行であり、計画性はなかったと主張して懲役13年が相当だと申し立てていたのですが、裁判官は計画的な犯行であると認め、なおかつ裁判まで遺族へ謝罪もせず賠償の提案もしていない被告の態度を非難し、犯行の重大さを被告に解らせる必要があると述べています


2023年2月、交際関係にあった知人女性を鉄製のハンマーで殴った後、スマートフォンの充電ケーブルで首を絞めて殺害。さらに糸のこぎりなどを使い遺体を切断し、自宅バルコニーなどに遺棄した罪に問われている静岡・沼津市の32歳の男の被告に、14日、地検浜松支部で判決が言い渡されました。争点となっていた「犯行の計画性」について、どのような判断が下されたのか?
沼津市の無職で32歳の被告の男は、2023年2月、交際関係にあった知人の女性を、鉄製のハンマーで殴った後、スマートフォンの充電ケーブルで首を絞めて殺害。糸のこぎりなどを使って遺体を切断し、自宅のバルコニーと車に遺棄した罪に問われています。
被害女性が住んでいたのは被告の男が住んでいた沼津市から直線距離で約100キロ離れた磐田市でした。2人は青年会議所の活動で出会い、2022年、県内の青年会議所でつくる「静岡ブロック協議会」で同じ委員会に所属。被告の男は妻と2人の子どもがいたにもかかわらず、被害女性と交際関係に発展しましたが、その後、金銭トラブルになったことがわかっています。
最大の争点となったのが「犯行の計画性」です。先週の被告人質問。事件当日の2023年2月21日、交際関係を解消するため静岡市内で被害女性と会ったという被告。弁護人から犯行に及んだ理由を問われると…。
(被告)「女性から金を払っても家族の安全に保障はないと言われ衝動的にハンマーを取り出し殴りました」
これに対し、検察官は、被告が「女性を脅すために自宅からハンマーを持ち出した」と主張していることについて問いただしました。
(検察官)『ハンマーを取り出してから殴るまでの時間は?』
(被告)『すぐだと思います』
(検察官)『被害者にハンマーを見せましたか?』
(被告)『見せていません』
(検察官)『実際にハンマーを見せて脅さなかったのですか?』
(土屋被告)『していません』
6月10日の裁判で、検察側は「強い殺意があり一定の計画性があった。尊厳を踏みにじる残忍で悪質な行為」として懲役18年を求刑。弁護側は「追い詰められた末の突発的な犯行だった」として懲役13年以下の判決を求めました。この日、意見陳述した伊藤さんの母親は土屋被告の犯行を強く非難し厳罰を求めました。
(静岡第一テレビの記事から引用)


前回も書いたように、妻子ある男性だと理解した上で交際していた被害者側の責任を考慮し、検察は懲役18年を求刑したものと推測されます。本来なら殺人に遺体損壊ですから、懲役20年でもおかしくはない罪状です
ただ、シングルマザーの被害者を「都合の良い女」として弄んでいたのは土屋被告ですから、不倫関係がもつれて殺害に至った経緯を考えれば、懲役18年の判決に遺族は納得できるものではないと思われます
公判で土屋被告は「被害者も悪い」と言い放ち、自分だけが悪者にされるのは不満だとの心情を明かしています。おそらくはそれが本音なのでしょうが、裁判官も裁判員も検事も、苦い顔をして聞いていたのではないでしょうか?
不倫でしくじった男が不倫相手を殺しておいて、なおも不倫相手に責任の一端をなすりつけようという醜態です
別の報道によれば、土屋被告は不倫関係が妻にばれ咎められたこともあったとか。それでも「別れるから」と妻に嘘をついて関係を続けていたのでしょう。妻は自分の夫がこれほどまでに愚かな男だったのかと、呆れたに違いありません
土屋被告が判決を受け入れるのか、あるいは不服として控訴をするのかは不明ですが、控訴したところで減刑される可能性は皆無です

(関連記事)
沼津殺人バラバラ事件 「女にも問題があった」発言
沼津殺人バラバラ事件 土屋被告の初公判
沼津殺人バラバラ事件 不倫男とシングルマザー
沼津殺人バラバラ事件 殺害認める供述
沼津殺人バラバラ事件 土屋容疑者逮捕
帯広女性教諭殺害事件 不倫関係の有無
帯広女性教諭殺害事件 元同僚の教師逮捕
長野県議会議員 妻殺害後も飲み歩き
長野県議会議員 不倫を繰り返した丸山容疑者
長野県議会議員 妻殺害で逮捕
千葉妻殺し裁判 夫に懲役21年判決
千葉妻殺し裁判 親権争いが殺人に
千葉妻殺し裁判 夫に懲役25年求刑
千葉妻殺し裁判 警官の夫は殺意否認
メタノールで妻殺害 製薬会社勤務の夫を逮捕
愛西市殺人放火事件 妻殺害の夫を逮捕
不倫の果て 菅井優子被告に無期懲役判決
不倫の果て 殺人に放火保険金詐欺で懲役30年
京都女学生タリウム殺人 イベント会社社長逮捕