神戸弘陵高生徒殺し 泉被告の両親に賠償求め提訴

当ブログで繰り返し取り上げてきた2010年の神戸弘陵高校の生徒刺殺事件ですが、まだ決着はついていません
1審で懲役18年の判決を受けた泉龍都被告はこれを不服として控訴しており、控訴審はまだ先です。1審の裁判に合わせ、堤将太さんの遺族側は刑事裁判と同時に裁判官の判断を得られる損害賠償命令制度を利用し、泉被告に対し1億2700万円の支払いを求めていました。神戸地裁は懲役18年を泉被告に言い渡すとともに、被害者遺族に9300万円を支払うよう命じています
ところが泉被告側はこの賠償命令にも異議を申し立て、とことん争う姿勢を示しています。異議に対しては別途、裁判が行われます
なので、堤さんの遺族側は泉被告の両親に対し、1億4900万円の賠償を求める民事訴訟を起こしたと報じられています。犯行当時、泉被告は未成年でしたから親に観護義務があり、十分に観護していなかったゆえ(両親が持て余し、祖母に許へ預けていた)殺人事件を起こしたのですから、両親は賠償に応じなければなりません。泉被告が先述のように賠償に応じようとしなかったので、あらためて両親を相手取り訴訟を起こしたわけです


14年前(2010年)神戸市の路上で、当時、高校2年生の男子生徒を刃物で刺して殺害したとして、元少年に1審で実刑判決が言い渡された事件で、遺族は元少年の両親が監督や指導を尽くしていれば事件は防げたなどと主張して、元少年とその両親に対し、合わせておよそ1億4900万円の賠償を求める訴えを起こしました。
事件当時17歳の元少年(31)は、2010年10月、神戸市北区の路上で高校2年生の堤将太さん(当時16)をナイフで刺して殺害したとして殺人の罪に問われ、去年(2023年)6月、1審の神戸地方裁判所は、懲役18年の判決を言い渡しました。
元少年は判決を不服として、大阪高等裁判所に控訴しています。
将太さんの遺族は、元少年とその両親に対し、損害賠償を求める訴えを神戸地方裁判所に起こしました。
訴状によりますと、元少年の子どものころからの問題行動や性格などを踏まえ、監督や指導を尽くしていれば事件は防げたなどと主張して、元少年とその両親に対し、合わせておよそ1億4900万円の賠償を求めています。
将太さんの父、堤敏さんは12日、会見を開き「被告は犯行については認めたが、責任については認めていないと私たちは解釈しています。事件に向き合い、償いを果たしてほしいです」と提訴に至った経緯を述べました。
第1回口頭弁論は、8月22日に神戸地方裁判所で開かれる予定です。
(NHKの記事から引用)


泉被告が堤将太さんを刺殺した点に誤りはなく、泉被告の責任です
しかし、泉被告は懲役18年の判決にも納得せず、賠償命令にも異議を唱え、刑罰を受け入れようとせず賠償する気もないという態度です
泉被告の言い分としては、事件当時、ヤンキーに絡まれたと思い、自衛のため所持していた刃渡り8センチの折りたたみナイフを振るったものであり、殺害の意図はなかった(あくまで自己防衛のため)、との主張です
ですから殺人事件ではなく傷害致死事件として扱われるべきで、なおかつ事件当時の記憶がほとんどないことから心神耗弱が認められ減刑されるべき、との言い分です
ただ、当ブログでも書いたように、刑事責任能力が認められない心神喪失状態で犯行に至った場合は賠償責任も免除されるのですが、心神耗弱で犯行に至った場合は免除されず、損害を賠償する義務が生じます。どの程度の責任能力があったかは裁判官が判断するのですが、その度合に応じて賠償しなければならず、1円も支払わないというのは通用しません
また、泉被告の両親もいまさら息子の刑事事件で賠償を命じられるのは不満で、支払いなどしたくないものと想像されますが、こちらも親の観護義務を果たしていなかった以上、支払う義務があります。支払いに応じるだけの資産がないと言いたいのかもしれませんが、刑事事件での損害については民法上、自己破産しても免責されず、支払いに応じる義務は残ります
息子も息子なら、親も親だと思うばかりです

(関連記事)
神戸弘陵高生徒殺し 賠償支払い命令に異議
神戸弘陵高生徒殺し 9300万円賠償を被告に命じる
神戸弘陵高生徒殺し 判決不服で控訴
神戸弘陵高生徒殺し 懲役18年判決
神戸弘陵高生徒殺し 懲役20年の求刑
神戸弘陵高生徒殺し 被告の主張は矛盾だらけ
神戸弘陵高生徒殺し 鑑定医は精神障害を否定
神戸弘陵高生徒殺し 公判で殺意否認
神戸弘陵高生徒殺し 初公判を前に
神戸弘陵高生徒殺し 初公判は6月7日
神戸弘陵高生徒殺し 2度目の精神鑑定実施へ
神戸弘陵高生徒殺し 再度の精神鑑定要求
神戸弘陵高生徒殺し 少年扱いで匿名のまま公判か
神戸弘陵高生徒殺し 泉容疑者を起訴
神戸弘陵高生徒殺し 容疑者泉龍都は起訴されるのか?
神戸弘陵高生徒殺し 事件を小説に書いていた
神戸弘陵高生徒殺し 異様な素顔と書く「AERA」
神戸弘陵高生徒殺し 10年越しに犯人逮捕