横浜女子大生殺害 伊藤被告初公判

同じような事件を繰り返し取り上げています
女子大生にフラレたのにそれを受け入れられず、マンションに押しかけ殺害した伊藤龍稀被告の初公判が横浜地裁で開かれた、と報じられています
静岡の女子大生殺害や大阪・堺の女子大生殺害、大阪・枚方の女子大生殺害と、別れ話に激昂して交際相手を殺してしまう短絡さに呆れ、首を傾げるばかりです。別れるのも男の側に主たる原因があるわけですが、それをすんなり受け入れられないのはなぜなのか?
刃物を突きつけて脅せば別れずに済む、と考える頭の悪さもどうにかならないものか、と思います


去年6月、横浜市鶴見区のマンションの敷地内で、18歳の女子大学生を刃物で殺害した罪などに問われている元交際相手の初公判が開かれ、起訴された内容を認めました。
検察は「被告は自身の暴力が原因で交際関係が解消されたあとも復縁を繰り返し求め、断られたため殺害に及んだ」と主張しました。
横浜市鶴見区の配送業、伊藤龍稀被告(23)は、2023年6月、区内にあるマンションの敷地内で、元交際相手で住人の大学1年生、冨永紗菜さん(18)を包丁で刺して殺害したとして殺人などの罪に問われています。
10日、横浜地方裁判所で開かれた初公判で、被告は、起訴された内容に間違っているところがあるかどうか問われ、声を震わせながら「ないです」と述べて認めました。
検察は冒頭陳述で、「被告の暴力が原因で交際関係が解消されたあとも、繰り返し復縁を求めていた。包丁で脅せば考え直すと思い、合鍵で被害者の家に侵入したが復縁を断られたため殺害に及んだ」と主張しました。
一方弁護側は「被告は被害者と仲直りしたいと思ったができず人生のすべてを失ったような感情になり刺してしまった。犯行後はすぐに自首し、真摯に反省している」などと述べました。
(NHKの記事から引用)


別の報道によれば、事件当日、伊藤被告の運転していた車のドライブレコーダーに「必ず刺さないと。未遂で終わったら被害者がハッピーなだけ」と語る内容が記録されていた、と検察の起訴状朗読で明らかにされています
弁護側は「計画的な犯行ではなく、殺すつもりはなかった。刃物で脅せば復縁できると考えた」などと弁論していますが、およそ犯行の実態とは食い違っており、信用できません
ドライブレコーダーの記録音声のように、「必ず殺す」との決意の上で犯行に踏み切ったと考えるのが妥当であり、伊藤被告の側に汲むべき事情など皆無でしょう
定職にもつかず、プラプラしているだけの男が冨永さんと交際してどうするつもりだったのか?ヒモ生活をするだけです
こうした暴力男は、「他の男とはしゃべるな。オレの電話には3コール以内で出ろ」などと命令し、「大学には通うな。大学で勉強したってムダだからやめろ。オレの傍にいろ」などと、次々と身勝手な要求をかまします
相手を拘束し、縛り付けることが愛情だと勘違いしており、反論を決して許さず、自分の考え以外は認めない了見の狭さが特徴です
毎日何を食べたらそんな人間が出来上がるのか、伊藤被告に質問したいところです
言語表現の貧しさ・乏しさ
伊藤被告の不幸な生い立ちは当ブログで以前、触れたところです。ただ、生い立ちが不幸だからといって同情が得られたりはしません
少年鑑別所や少年院で勤務していると、少年たちの話すことばは語彙が乏しく、表現も偏り、自分の気持ちを表現し伝える器用さを欠いているのが判ります。一時期は「ムカつく」ばかりで、何を訊いても「ムカついたから」、「あいつがムカつくから」と聞かされたものです
最近では「ヤバい」でしょうか。何を尋ねても「ヤバい」しか返ってこないように思います
これが30歳代、40歳代と歳を重ねると、多少なりとも自分なりの言語表現を獲得するようになります。人生経験がそうさせるのでしょう(例外もあります)
おそらく伊藤被告も自身の心情を言語で表現するのは得意ではなく、そこは弁護人が代弁しているものと思います。ただ、それでは伊藤被告が何を思い、考え、感じたのか、十分には伝わりません。弁護人の作文が公判で朗読されるだけでしょう。もちろん、法廷戦術としてはあり、ですが
もし、本当に伊藤被告が真摯に反省していると言うなら、その反省の弁を自ら語ってもらいたいものです

(関連記事)
横浜女子大生殺害 伊藤龍稀を起訴
横浜女子大生殺害 元カレはパチンカス
横浜女子大生殺害 元カレを逮捕
静岡女子大生殺害 懲役20年の判決は妥当か?
静岡女子大生殺害 無期懲役求刑
静岡女子大生殺害 ストーカーの言い分
静岡女子大生殺害 初公判で容疑を認める
静岡女子大生殺害 7月5日に初公判
静岡女子大生殺害 初公判はいつ?
静岡女子大生殺害 同じ学部の学生が犯人
大阪枚方女子大生殺害 元交際相手は借金まみれ
堺市女子大生殺害 求刑通り懲役20年判決
死刑執行 三島女子大生殺人の服部死刑囚
福岡女子予備校生殺害 甲斐被告に懲役20年の判決
福岡女子予備生殺害 懲役22年求刑
福岡女子予備校生殺害 鑑定留置後、起訴へ
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える1 幼なじみ
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える2 どこまでが発達傷害なのか
甲府放火殺人 交際拒否で逆恨み
甲府放火殺人 19歳少年を逮捕