鹿児島県警捜査資料漏洩 警官不祥事を暴くため漏洩

鹿児島県警での捜査資料漏洩事件をたびたび取り上げています
県警本部の生活安全部長で警視正の階級にあった本田尚志容疑者が情報漏洩を行った容疑で逮捕されています。ノンキャリアの警察官としては最高の階級にまで昇り詰めた本田容疑者が、何を目的に捜査情報を外部の漏らしたのが、前回のブログの記事では不明のままでした
このたび逮捕された本田容疑者の勾留請求があり、そこでの勾留理由開示手続き(公開の法廷で裁判官の前で行われます)の中で、本田容疑者は鹿児島県警本部長による警官不祥事隠蔽体質を告発する目的で捜査資料を漏らした、と明かしています
鹿児島県警本部長の野川明耀は東大法学部卒で警察庁に入り、警備畑を歩んできた典型的な警察官僚です。鹿児島県警の警察官が不祥事を起こし逮捕、という事態になれば本部長の評価が下がりますので、この先さらに出世する気のある野川本部長にすれば隠蔽したかったのかもしれません


鹿児島県警本部の生活安全部長だった本田尚志容疑者(60)が警察の内部資料漏えいの疑いで5月31日に逮捕されました。この事件をめぐり5日、弁護士が勾留理由の開示を求める手続きが鹿児島簡易裁判所で開かれ、本田容疑者は「県警職員が行った犯罪行為を県警本部長が隠ぺいしようとしたことが許せなかった」と語りました。本田容疑者の意見陳述(弁護士提供)は以下の通りです。
今回、職務上知り得た情報が書かれた書面を、とある記者の方にお送りしたことは間違いありません。
私がこのような行動をしたのは、鹿児島県警職員が行った犯罪行為を、野川明輝(のがわあきてる)本部長が隠蔽しようとしたことがあり、そのことが、いち警察官としてどうしても許せなかったからです。
野川本部長は、令和4年に赴任されました。
野川本部長は、独断ですべてを決められる方で、我々の考えを本部長に提案しても、本部長の一存で否定されることが多く、多くの職員が疲弊し、考えても無駄だという雰囲気が広がっていきました。
そんな中、令和5年12月中旬、枕崎のトイレでの盗撮事件が発生しました。
この事件で、容疑者は、枕崎署の捜査車両を使っており、枕崎署の署員が容疑者であると聞きました。
この事件は、現職の警察官の犯行ということで、野川本部長指揮の事件となりました。
生活安全部長として、この事件の報告を受けた私は、現職の警察官がこのような犯罪を行ったということに強い衝撃を受けました。
当時、既に複数の警察官による不祥事が発覚しておりましたので、県警の現状に危機感を抱くとともに、県民の皆様に早急に事実を明らかにして、信頼回復に努めなければならないと思いました。
我々としては、当然、早期に捜査に着手し、事案の解明をしようと思いました。
そして、私は、捜査指揮簿に迷いなく押印をし、それを、野川本部長に指揮伺いをしました。
しかし、野川本部長は、「最後のチャンスをやろう。」「泳がせよう。」と言って、本部長指揮の印鑑を押しませんでした。
この時期は、警察の不祥事が相次いでいた時期だったため、本部長としては、新たな不祥事が出ることを恐れたのだと思います。
私は、本部長が警察官による不祥事を隠蔽しようとする姿にがく然とし、また、失望しました。
県民の皆様に申し訳が立たないと思いました。
私は、いち警察官として、目の前に犯罪があり、容疑者も分かっているのに、その事実を黙殺しようとする姿勢が理解できず、心底腹が立ちました。
県民の皆様の安全より、自己保身を図る組織に絶望しました。
(中略)
私は、退職後、この不祥事をまとめた文書を、とある記者に送ることにしました。
記者であれば、個人情報なども適切に扱ってくれると思っていました。
マスコミが記事にしてくれることで、明るみに出なかった不祥事を、明らかにしてもらえると思っていました。
私が退職した後も、この組織に残る後輩がいます。
不祥事を明らかにしてもらうことで、あとに残る後輩にとって、良い組織になってもらいたいという気持ちでした。
実際、私が送った文書がきっかけになったと思いますが、枕崎署の署員の事件は、今年の5月になって、署員が逮捕されることとなりました。
今回、私が行った行為により、多くの方々にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ないと思っています。
ですが、私としては、警察官として、信じる道を突き通したかったのです。
決して自分の利益のために行ったことではありません。
(鹿児島テレビの記事から引用)


県警本部長はいわゆるキャリア組で、警察庁から送り込まれてきます。他方で、県警本部の部長・課長らは地元採用のノンキャリア組で、叩き上げの集団です。両者の関係がうまくいかない例はしばしば見られます
事件処理を巡って県警のノンキャリア組の意向と本部長の思惑が食い違い、結果として県警本部長が異動(更迭)に至った例が佐賀県警と滋賀県警で、どちらも女性の県警本部長でした
滋賀県警の滝沢依子本部長は、看護助手の西山被告が殺人罪で逮捕され有罪判決を受けた西山事件が再審で無罪となった件で、県警の人間が「それでも西山が犯人で間違いない」と主張したため、責任を負う形で警察庁官房審議官へ異動させられています。その後、新潟県警本部長へ異動
佐賀県警の杉内由美子本部長は、主婦暴行死事件で家族から被害届が出されていたものの県警がこれを受理せず、被害者を見殺しにしてしまったと批判を浴びた太宰府事件で、県警側は「対応に問題はなかった」と突っぱねる一方、杉内本部長は県議会で警察の対応を陳謝し、両者の対立が表明化しました。これを受けて異動となり(表向きは病気療養のため)、現在は警察大学校交通教養部長を務めています
県警に限らず警察は男性社会ですから、女性が本部長として組織を仕切るのはかなり難しいのでしょう
さらに警察の捜査に誤りはない(誤りがあっても絶対に認めない)という頑迷な信条がありますので、上記のような冤罪事件や初動対応のミスを突かれると、躍起になって否定しこじらせる場合がしばしばです
さて、本件では鹿児島県警の野上本部長の独断が原因と露呈しましたので、近く更迭されるのは確実でしょう
情報露営は3つのルートがあったとされ、身内の警察官2人逮捕で2つの漏洩ルートは明らかになったのですが、残る1つはまだ特定に至っていないようです

(関連記事)
鹿児島県警捜査資料漏洩 県警の異常な捜査
鹿児島県警捜査資料漏洩 県警生活安全部長も逮捕
鹿児島県警捜査資料漏洩 謝罪できない鹿児島県警
鹿児島県警捜査資料漏洩 巡査長を逮捕
鹿児島県警捜査資料漏洩 3つのルートで流出
鹿児島県警捜査資料漏洩 300人分も
神奈川県警 警官が逮捕される件相次ぐ
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/503716794.html
兵庫県警警部の書類紛失 関係者400人に謝罪へ
兵庫県警警部が捜査資料紛失 泥酔の挙げ句
神戸市教員 児童の個人情報230人分を紛失
個人情報流出 年金機構の釈明がウソだらけ
年金機構にウィルス 個人情報流出
ベネッセ情報流出問題 200億円の補償を検討
ベネッセ情報流出問題 「金券配布はしない」と明言
ベネッセから顧客情報2070万件流出か