49人殺害の受刑者 刑務所で殺害される

カナダのバンクーバー郊外で養豚場を経営していたロバート・ピクトンは、「パーティがあるから」などと称して女性を自分の家へ誘い込み、殺害してはこれを解体、豚の餌にするという残虐が犯行を繰り返し、49人も殺害したとして終身刑を受け、服役していました。そのピクトン受刑者が刑務所内で他の受刑者から暴行を受け、その後死亡したと報じられています
最後はケベック州内の病院で息を引き取ったと伝えられていますので、ケベック州のカナダ連邦刑務所に収監されていたのでしょう


2007年に6人の女性を殺害したとして終身刑を言い渡され服役していたカナダの連続殺人犯、ロバート・ピクトン(Robert Pickton)受刑者(74)が5月31日、2週間前に他の受刑者に襲われた際の傷が原因で死亡した。
カナダ西部ブリティッシュコロンビア(British Columbia)州ポートコキットラム(Port Coquitlam)で養豚業を営んでいたピクトン受刑者は、カナダ史上最悪の連続殺人犯の一人とされる。
6人の殺害で終身刑を言い渡されたが、実際に殺害した女性の数ははるかに多いとみられている。受刑者の養豚場からは、計33人の女性の遺体やDNAが見つかった。また、受刑者はおとり捜査官に対し、計49人の女性を殺害したと自慢げに語ったとされる。
カナダ連邦矯正局(Correctional Service Canada)によれば、ピクトン受刑者は今月14日、他の受刑者1人が関与した暴行により負傷。その傷が原因で同31日、ケベック(Quebec)州の病院で死亡した。
女性たちは1997~2001年に殺害された。バンクーバー(Vancouver)警察は当時、被害者の多くが売春婦や薬物依存症患者、先住民だったことから失踪を事件としてまともに扱わなかったと批判された。
受刑者は2002年に逮捕された。1年半に及ぶ公判では、崩れかけた養豚場でバケツに入れられていた女性の頭や手、豚小屋の下の骨、受刑者の自宅で見つかった6人の女性の私物やDNAなど、陰惨な証拠について審理された。
(AFPの記事から引用)


ロバート・ピクトン受刑者は終身刑判決が確定し、その判決には「25年間は仮釈放なし」との条件が付されていました。しかし、現地メディアによれば今年、ピクトン受刑者の仮釈放が決まり、間もなく出所する予定だったそうです。2007年に判決が確定していますので、終身刑であるにも関わらず実質17年ほどの服役で仮釈放になるという、ちょっと理解しがたい展開です
ピクトン受刑者はその悪行から刑務所内でも有名人だったはずで、彼が仮釈放になるとの情報が他の受刑者を刺激し、暴行に結びついたのではないか、と推測されます
「日本も死刑を廃止して終身刑を導入すべきだ」と日本弁護士会などは主張しているわけですが、このケースを見ると終身刑でも早々と仮釈放してしまう扱いになっており、何とも不可解です。「25年間は仮釈放なし」と判決に条件付けられているのですから、少なくとも25年は服役させる必要があったのでは?
カナダの仮釈放制度がどうなっているのか、自分は知識がないので何とも言い難いのですが
ピクトン受刑者が連続殺人鬼になったのはその特異な生育環境も影響していると思われますが、被害者たちにとっては関係ありません。被害者の中には先住民族の女性も少なくないのであり、彼女らが行方不明になっていたのに、まともな捜索もしなかったブリティッシュ・コロンビア州の警察は大いに批判されました。カナダ国内でもいまだに先住民への差別が根強く残っている証拠です

(関連記事)
アメリカの連続殺人 捜査・介入が後手回ると
性犯罪で服役の英ロック歌手 刺され重体
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/500287411.html
英刑務所 小児性愛者が受刑者に刺殺される
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/201910article_24.html
実在した殺人鬼を描く映画「チャイルド44 森に消えた子供たち」
ロサンゼルスの殺人鬼「グリムスリーパー」に死刑判決
ロサンゼルスの殺人鬼「グリムスリーパー」事件続報
自分を捨てた父親を探したら殺人鬼だった 「ゾディアック事件」
連続強姦殺人鬼に終身刑 カリフォルニア
米カリフォルニア 12人殺害50人暴行の元警官逮捕
英国切り裂きジャック殺人 グリフィス被告のその後
現代の切り裂きジャック事件に終身刑の判決 英国
「切り裂きジャック」事件 125年目の真相
イギリスの殺人鬼「ヨークシャー・リッパー」 コロナで死亡