宇佐市強盗殺人 初公判で犯行否認

2020年2月、大分県宇佐市の民家で母と長男の2人を殺害し、金を奪った強盗殺人事件で逮捕・起訴された佐藤翔一被告の公判が始まりました。事件から4年を経過しています。佐藤被告が一貫して犯行を否認し、公判前の争点整理手続きが長引いた結果です
初公判でも佐藤被告は犯行を否認し、プロレスのマスクを被った強盗集団に依頼され、車を運転する役を引き受けただけで殺害には加わっていないと主張しました


強盗殺人などの罪に問われているのは、大分市緑が丘の佐藤翔一被告(39)です。佐藤被告は2020年2月2日、宇佐市安心院町の住宅で山名高子さん(当時79)と長男の博之さん(当時51)を包丁などで殺害し、現金およそ8万8000円を奪った強盗殺人などの罪に問われています。
裁判員裁判の初公判で佐藤被告は「僕は全てやっていません。犯人ではありません」と起訴内容を全面的に否認し、無罪を主張しました。
■検察「アリバイ工作をして犯行」
検察側は冒頭陳述で、犯行に至る経緯について、被告は消費者金融2社からの借り入れがあり、160万円を超えた。その返済資金に充てる金銭を得るために、山あいの一軒家に窃盗に入ろうと考え、遅くとも事件2日前の1月31日ごろ、被害者方に狙いを定めたとしています。
犯行当日は、「温泉に行く」などと家族にうそを言い、1人で車に乗って自宅を出発。その途中、ロケーション履歴を利用したアリバイ工作のために、スマートフォンを宇佐市安心院町にある史跡「佐田京石」の駐車場に放置した。
そして、被害者方付近の道路脇に車を駐車し、2日前に購入した運動靴、ゴム手袋、ジャンパーを身に着けるなどして家に侵入。2人と出くわしたことから殺害。その後、ダイニングの床の上に掃除機をかけ、そのヘッド部分を持ち去り、複数人の犯行に見せかけるため、被害者方にあった4種類の履物による足跡を残した。
犯行後、被告は放置していたスマートフォンを回収。由布市内のコインランドリーでジャンパーや持ち去ってきた履物を洗濯し、ゴミ集積場に投棄。翌日には借金の返済として現金1万4000円を入金した。犯行3日後、被告は警察に電話をかけ、「1月31日や2月2日にプロレスマスクをした男に自動車を貸して現金を受け取った」などと説明したということです。
(大分放送の記事から引用)


佐藤被告の自作自演なのだろう、というのが自分の第一感です。いかに己の罪を逃れるか考えた末、プロレスのマスクを被った強盗団という架空の存在を持ち出し、自分はその下っ端として車の運転をやらされただけ、と主張しているのでしょう
まず本職の強盗団であれば金のある家に押し入ります。金のない家に押し入っても得るものがないからです。仮に4人組の強盗団だとして、盗んだ金が8万円程度では内輪もめが起きるでしょう
被害者宅に大金があったとの情報が事前に出回っていたとは考えられませんので、これは素人の犯行だろうと推測できます
周囲に民家のない被害者宅なら、目撃される可能性も低いと佐藤被告は考え、侵入盗を計画したのでしょう。被害者宅の前の道路は佐藤被告が勤務先であるダイハツの九州工場へ通う通勤ルートで、通勤しながら泥棒に入れそうな家を物色していたものと想像します
記事によればあらかじめ4人分の靴を用意して現場に足跡を残す…といった工作をしており、なかなか考えた犯行です。しかし、現場を見た警察官は犯人は単独犯で、複数犯に見せかける工作をした、と見抜いてしまいました
あるいは、佐藤被告が4人の犯行(強盗団による)と見せかける工作をしたからには、最初から家の住人を殺害する腹づもりだったのか?
靴を履き替えて家へ出入りしていれば、寝ている住人に気づかれるのですから
強盗殺人に問われるからには、無期懲役か死刑しかありません
弁護人も被告の依頼に応じるのが商売ですから、佐藤被告の考えた無理筋としか思えないストーリーで弁護活動をするしかないのでしょう
少なくとも佐藤被告側は覆面強盗団の存在を何らかの形で立証しないと、佐藤被告の話だけでは説得力を欠きます

(関連記事)
宇佐市強盗殺人 プロレスマスク集団が犯人?
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/503638220.html
宇佐市強盗殺人 佐藤被告の公判は5月頃
いわき強盗殺人 逮捕した容疑者は服役中受刑者
いわき市で連続殺人 高齢者2人殺害される
福島祖母殺害 19歳孫に無期懲役判決
福島祖母殺害 初公判で殺意否認する19歳
大阪ベトナム女性強盗殺人 無期懲役判決
大阪ベトナム女性強盗殺人 2万6千円奪うため殺害
ルフィ強盗団 50人逮捕で捜査終結へ
青梅強盗殺人 懲役24年と20年の判決
青梅強盗殺人 アタッシュケースに多額の現金
日進強盗殺人事件を考える5 懲役8年以上13年以下
日進強盗殺人事件を考える1 強盗目的を否認
蟹江町3人殺傷事件 死刑判決に不服、控訴
愛知蟹江町3人殺傷事件 死刑求刑
愛知蟹江町3人殺傷事件 中国人被告の裁判開始