「紀州のドン・ファン」 元妻の無罪主張に被害者反論

「紀州のドン・ファン」と呼ばれた野崎幸助さんの妻となり、その殺害に関与したと疑われている須藤早貴被告ですが、そちらの事件の裁判はまだ目処が立っていません。本件は須藤被告が札幌のキャバクラ勤務時代、男性から学費や生活費の援助と称して2980万円を騙し取った詐欺事件です
野崎氏殺害事件の突破口を切り開くためにも、検察としては須藤被告を有罪に持ち込み、知らぬ存ぜぬを貫く須藤被告の思惑を砕きたいところでしょう


「紀州のドン・ファン」と呼ばれた和歌山県田辺市の資産家、野崎幸助さん=当時(77)=に対する殺人罪などで起訴された元妻の須藤早貴被告(28)について、事件前に別の男性=当時(61)=から現金計約2980万円をだまし取ったとする詐欺罪の第2回公判が17日、和歌山地裁(福島恵子裁判長)で開かれた。この被害男性の証人尋問が行われ、「(被害男性は)噓と分かっていた」などと起訴内容を否認した被告の主張を真っ向から否定した。
10日の初公判で被告は「お金を受け取ったことは事実で噓をつきましたが、(被害男性は)それを分かったうえで、私の体をもてあそぶためにお金を払った」と述べ、詐欺罪の成立を争う姿勢を示していた。
これに対し、男性は「噓だと分かっていたら金を払わなかった」と強調。被告の罪状認否での主張が事実かどうか問われると「違う」と否定し、「(被告に対し)性的な行為を要求したことはない」と述べた。
男性の説明によると、平成26年秋、客として訪れた札幌市内のキャバクラで被告と知り合った。被告から「美容師になりたい。学費の支払いのためにキャバクラで働いている。親は学費を出してくれない」と言われたため、「美容師になる夢を応援してあげたい」との思いで金を振り込むようになったという。
起訴状によると、平成27年3月~28年1月、3回にわたって札幌市の男性から海外留学の準備金名目などで約2980万円を詐取したとされる。
被告は、30年5月24日に殺意を持って致死量の覚醒剤を野崎さんに摂取させて殺害したとする殺人罪などでも起訴されている。被告と野崎さんは同年2月に結婚したばかりだった。
(産経新聞の記事から引用)


検察の冒頭陳述では、須藤被告はこの札幌の男性から受け取った金2980万円を2年間で、フランスやモルディブ、シンガポールなど7カ国への海外旅行と買い物で遣い、銀行口座の残高は約6万円しかなかった、と指摘しています
須藤被告のすさまじい浪費振りが判ります
この事件について須藤被告は、「自分が嘘をついたとのは事実だが、男の側は私の体を目当てに金を振り込んでいたのであり、(公序良俗に反する約束であるから)詐欺罪には当たらない」と無罪を主張しています。なので、例え1審で有罪判決を受けても控訴し、争い続ける気なのでしょう
前回も書いたように、一般の人であれば逮捕され、勾留され、起訴され、裁判の場に引き出されれば緊張し、怖気づくものです。しかし、須藤被告はそのような気配もないのでしょう。どの報道を見ても、須藤被告が緊張したり怯えた様子が見られた、とは書かれていません
さて、このように水商売の女性が男性に貢がせた金について、返済する義務はあるのでしょうか。あるいは、男性の求めに応じてセックスしなければ詐欺罪に問われるのでしょうか?
一般人の意見(インターネットのQ&A)を見ると、「貢いだ金を返済してくれと要求することは可能だが、相手方には返済に応じる義務も法的な根拠もない」と否定的な答えがほとんどです
しかし、弁護士事務所のQ&Aを見ると、「贈与として金を渡したのであれば相手方に返済する義務はないが、貸与として金を渡したのであれば返済を求めることは可能で、相手方にも返済に応じる義務がある」との答えです
本件の場合は民事上の訴訟ではなく、刑事事件です。検察は須藤被告が最初から男性を騙して金を取ろうという犯意があったものと判断し、起訴に踏み切っており、有罪に持ち込む自信があると推測されます
刑事事件で須藤被告の詐欺罪が認められたなら、次は民事訴訟を起こして須藤被告に2980万円の返済を求める手続きに入れます(今の須藤被告に返済の応じるだけの資産があるかどうか、という問題はありますが)。被害者男性は刑事告発せず、最初から民事訴訟で須藤被告を相手取り返済を求める手段も講じられたわけですが、嘘をついて騙した須藤被告を罰したいとの思いがあり、刑事告発を優先したのでしょう

(関連記事)
「紀州のドン・ファン」 詐欺ではなく愛人関係と主張
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/503464122.html
「紀州のドン・ファン」 元妻が公判で詐欺否認
「紀州のドン・ファン」 元妻の公判は5月に
「紀州のドン・ファン」 元妻須藤早貴被告は今
放火殺人 岩崎恭子に無期懲役判決
放火殺人 岩崎恭子の闇
京都連続不審死事件 最高裁で筧被告に死刑判決
京都連続不審死事件 筧被告に死刑判決
京都連続不審死事件 アルツハイマー型認知症
京都連続不審死事件 筧被告が公判で犯行を自供
京都連続不審死事件 他に6人を殺害
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その1
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その2
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その3
結婚詐欺師木嶋佳苗の死刑判決を考える
結婚詐欺連続殺人 木嶋佳苗被告の裁判始まる