鹿児島県警捜査資料漏洩 巡査長を逮捕

3月に当ブログで取り上げた鹿児島県警の捜査資料漏洩事件で、鹿児島県警曽於署勤務の巡査長(49)が逮捕されています
この巡査長は2022年3月から県警本部に勤務しており、県警のネットワークから捜査資料を閲覧できる立場にあったとされます。アクセス・ログを解析すれば誰がいつ、捜査資料を閲覧していたのか個人のIDを確認できる仕組みになっていたのでしょう
現時点で捜査思慮を外部に流出させた狙い、意図は不明とされます


鹿児島県警は8日、捜査情報など職務上知り得た秘密を漏らしたとして、地方公務員法違反の疑いで、曽於署の巡査長の男(49)=鹿屋市札元1丁目=を逮捕した。男は「県民と警察組織に迷惑をかけて申し訳ない」と容疑を認めている。
逮捕容疑は2023年6月12日、県内またはその周辺で、自身のスマートフォンのメッセージアプリを使って、個人1人分の犯罪経歴情報を第三者に送信。24年3月11日には告訴、告発事件の処理経過を管理する文書「告訴・告発事件処理簿一覧表」を印刷した紙数十枚を同じ第三者に郵送し、職務上知り得た秘密を漏らした疑い。
一部ウェブメディアが23年10月と24年3月に、マスキング加工した一覧表をインターネット上に掲載した。監察課によると、これを受けて始めた捜査で発覚し、ウェブメディアの内容と今回の件が一致するか、関連を調べる。漏えい先の第三者は「同一」と説明するにとどめ、男との関係性は捜査中とした。
男は22年3月から県警本部公安課に勤務し、一連の情報は業務上の必要性に応じ照会できる立場だった。勤務態度に問題はなかった。現時点では第三者との間での金銭授受は確認されていない。24年3月25日に曽於署に異動した。
牛垣誠首席監察官は「部内で適切に管理すべき情報が流出し、関係者や県民に迷惑と心配をかけた。職員逮捕は誠に遺憾で、改めて深くおわび申し上げる」と謝罪した。
捜査資料とみられる文書が流出した問題を巡っては県警が3月18日、「事件100件超、法人や個人など約300人の個人情報が流出した可能性が高い」と発表。刑事、警務部を中心とするチーム(西畑知明警務部長)で捜査、調査を進めている。
(南日本新聞の記事から引用)


もう1つ問題なのが、鹿児島県医師会の元職員による女性看護師への強姦事件です。流出した捜査資料の中の1つに、女性が鹿児島中央署に被害相談したものの、適切に扱われず事件受理されなかったケースが含まれており、鹿児島県警が捜査関係書類を改ざんしていたのではないかとの疑惑があります
加害者とされる医師会元職員の父親が鹿児島県警に勤務していたため、忖度して事件を握りつぶしたのではないか、との疑いです
報道によれば、元職員の側は強姦ではないと否認しており同意の上だった、との言い分のようです


■検審申し立て「内容に誤認」不起訴の男性側
鹿児島県医師会元職員の男性が女性看護師への強制性交容疑で書類送検され不起訴となった事件で、男性側が「女性側の検察審査会への申し立て内容に事実誤認がある」と主張していることが29日、分かった。
女性側は1月31日、不起訴を不服として「事件を取り扱った署に当時、男性の父親が現職の警察官として勤務しており、適切な捜査が行われたと信頼できない」などと検察審査会に申立書を提出した。
男性によると、男性の父親は2021年3月に65歳で警察官の再任用期間を満了。告訴状が提出された22年には在籍していない。男性は「客観的証拠を出してきたにもかかわらず、事実でないことで責められてきた。反論する機会もなく、生き続けるのが苦しい時期もあった。公平に見てほしい」と話した。
(南日本新聞の記事から引用)


再任用されて65歳まで勤務していたからには、鹿児島県警本部から相当信頼され厚遇されていた人物なのでは?鹿児島中央署の警察官が忖度せざる得ないような立場の人物(署長かそれと同等の幹部クラス)、であった可能性が拭えません
検察審査会がどのような判断を下すのかは不明ながら、刑事告発してダメなら民事訴訟で損害賠償を請求する手もあります。情報漏洩だけでなく、鹿児島県警が縁故者の犯行を握りつぶそうとしたのかどうか、はっきりさせてもらいたいところです
地元のインターネットメディア、ハンターは県警と鹿児島県医師会が結託し、事件を握りつぶそうとしたのではないかとの記事を書いています
ハンターの記事には医師会元職員が被害女性に宛てて書いた詫び状が添付されており、これを読む限り元職員が同意なしに性行為をした事実を認め謝罪する内容となっています

強制性交事件「もみ消し」の代償(2)|疑われる鹿児島県警と県医師会の「共謀」

(関連記事)
鹿児島県警捜査資料漏洩 謝罪できない鹿児島県警
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/503355328.html
鹿児島県警捜査資料漏洩 3つのルートで流出
鹿児島県警捜査資料漏洩 300人分も
兵庫県警警部の書類紛失 関係者400人に謝罪へ
兵庫県警警部が捜査資料紛失 泥酔の挙げ句
神戸市教員 児童の個人情報230人分を紛失
個人情報流出 年金機構の釈明がウソだらけ
年金機構にウィルス 個人情報流出
ベネッセ情報流出問題 200億円の補償を検討
ベネッセ情報流出問題 「金券配布はしない」と明言
ベネッセから顧客情報2070万件流出か