両親による4歳児殺害 精神鑑定に不満表明

浅草でホテルを経営する夫婦が4歳の娘を虐待し死亡させた事件で、細谷健一容疑者と妻の志保容疑者の鑑定留置(精神鑑定を実施するための身柄勾留)が決定したのですが、健一容疑者と弁護人がこれに不満を述べたと報じられています
鑑定留置を実施するのも、身柄の勾留を行うにも準司法手続という、裁判に準じた形で弁護人、検察官、裁判官が出廷し審議が行われています。公開の法廷で実施されるのも裁判と同じです。が、こうした準司法手続がニュースになるのは極めてまれであり、それだけニュースとして報じる価値があると判断されたのでしょう


東京・浅草のホテル経営者夫妻が次女や夫の姉に不凍液を飲ませて毒殺したとして警視庁に逮捕された事件で、夫の細谷健一容疑者(43)の鑑定留置理由開示手続きが4月9日、東京地裁であった。健一容疑者や代理人の柿原幹子弁護士は「医師の簡易鑑定もなく、いきなり起訴前鑑定の留置を決定したことは不当」などと訴えた。
丸坊主頭に銀縁眼鏡、黒のロングTシャツにグレーのスウェット姿
健一容疑者と妻の志保容疑者(37)は共謀して昨年3月中旬、次女の美輝ちゃん(当時4歳)に自宅で向精神薬オランザピンと不凍液に含まれるエチレングリコールを摂取させて殺害した疑いで、警視庁捜査1課浅草署捜査本部が今年2月に逮捕。
さらに捜査本部は3月6日、両容疑者が共謀して2018年4月ごろ、健一容疑者の姉の細谷美奈子さん(当時41歳)にエチレングリコールを摂取させ、同29日ごろに殺害した疑いで再逮捕した。
東京地検はこれを受け、両容疑者に刑事責任能力があるかどうかを判断するとして、精神疾患の有無を調べるための鑑定留置を請求、東京地裁が6月18日までの3ヶ月間の鑑定留置を決定していた。
東京地裁で9日午後に行われた鑑定留置理由開示公判では、健一容疑者は警察官2人に連れられて入廷。刈り上げたばかりと思しき丸坊主頭に銀縁眼鏡にマスクを着用していた。服装は、黒のロングTシャツにグレーのスウェット姿、茶色の簡素なサンダルを履いていた。
健一容疑者は傍聴席に座る記者らに視線を走らせ、弁護人側の席についた。
20人ほどの記者が傍聴席に陣取る中、健一容疑者の人定質問が始まった。女性判事の前に移動した健一容疑者はか細い声で氏名を名乗り、続いて問われた住所、職業に答えると再度、弁護人側の席に戻った。
裁判官が事件概要と鑑定留置にいたった根拠を述べ、娘である美輝ちゃん、姉の美奈子さんにエチレングリコールを摂取させ死に至らしめたという部分に話が及んだ際も、健一容疑者は特段表情を変えることはなかった。
裁判官は鑑定留置を認めた要因として、これまでの証拠や関係者からの聞き取りなどから健一容疑者に精神障害の可能性があり、事件事実にどのような影響を及ぼしたかを知るうえで、責任能力の有無や程度を確認する必要があると述べた。
これに対し、弁護側はまず健一容疑者が意見陳述に立った。不安げに「立ってですか座ってですか……」と小声で問う健一容疑者に、女性判事が「座ってでいいです」と促すと、座って口ごもりながら語り始めた。
「私は今まで精神科への通院歴や入院歴、精神薬などを受けた経験はありません。精神科で精神病と診断されたこともありません。2016年に一度だけ保健士から言われ妻と一緒に受診したことがありますが、妻は適応障害、不安障害と診断され、障がい者手帳を渡されましたが、私は特に診断も受けず薬を受けていません。
そのような中で簡易鑑定もなく、鑑定留置が決まりました。鑑定留置が決まってから3週間ですが、精神鑑定医の先生に診られたのは3月22日の一度で、その中でも先生から精神的に健康だと思われると言われています。3か月間という期間も疑問が残ります。鑑定留置によって会社の関係者の方々に迷惑をかけてしまったことを申し訳なく思っています」
(以下、略。集英社オンラインの記事から引用)


長々と引用しました。妻の志保容疑者については精神的になかり不安定な人物(記事では適応障害、不安障害と書かれています)のようですから、鑑定留置の必要性は理解できます。が、なぜ健一容疑者まで鑑定留置にしたのか、検察側の意図が謎です
強いて考えるなら、志保容疑者と健一容疑者の関係がどのようなものであったのか、確認するためなのでしょう。相互に依存し合う関係だったのか、志保容疑者が健一容疑者を支配し服従させる関係だったのか、あるいは健一容疑者が志保容疑者に命じる立場だったのか、検察側が事件の構図を描くため確認しようと企図したものと考えられます
引用から省略した部分では、柿原幹子弁護士のコメントが書かれています。柿原弁護士は児童相談所に美輝ちゃんが虐待の疑いで一時保護された際、児童相談所にかけあって美輝ちゃんを両親の許へ返すようねじ込んだ弁護士です。つまり美輝ちゃんの虐待死に関与した人物ですし、健一容疑者が保有する浅草のホテルの経営にも関わっていると報道されています(こう書いてしまうと柿原弁護士から名誉毀損だと訴えられそうですが)
総じて言えるのは、健一容疑者は美輝ちゃんの虐待死や姉の死亡に関して無罪を主張するつもり、ということです。おそらく志保容疑者も同じでしょう
容疑者2人が否認を続ける一方、検察側は証拠を積み重ね、美輝ちゃん殺害と姉の細谷美奈子さん殺害で起訴するはずです

(関連記事)
両親による4歳児殺害 細谷志保容疑者とは?
両親による4歳児殺害 娘をネグレクト
八戸5歳児虐待死 なぜ面会しないのか?
八戸5歳児虐待死 児童相談所の対応が疑問だらけ
八戸5歳児虐待死 冷水を浴びせ続ける
本庄5歳児暴行死 石井陽子被告に懲役13年判決
本庄5歳時暴行死 石井陽子被告とは
岡山女児虐待死を考える 船橋被告に懲役14年判決
岡山女児虐待死を考える 船橋被告に懲役18年求刑
幼児をエアガンで虐待・死亡させた父親に懲役16年判決
3歳児に熱湯浴びせ殺害 松原被告に懲役10年判決
3歳時に熱湯浴びせ殺害 松原被告に懲役18年求刑
西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
福岡5歳児餓死事件 赤堀被告に懲役15年判決
福岡5歳児餓死事件 赤堀被告と夫の無罪主張