小学校の児童支援員 女児盗撮で逮捕

鳥取県湯梨浜町で小学校の児童支援員を務めていた山崎哲平容疑者(40歳)が、小学校で更衣室として使われている空き教室にペン型のカメラを仕掛け盗撮をしたとして逮捕されています
今回が初犯ではなく、以前から繰り返していたのではないか、との疑いもあります。地域によって違いはありますが、児童支援員は非常勤で時給1200円から1300円であり、勤務時間を考えると専業で生活するに足りるだけの収入には届かない気がします。本業(家が商売をしていたり、農家をしている場合など)があればやれるのでしょうが
なので、40歳の山崎容疑者が児童支援員をやっていたのは「女児の盗撮ができるから」という理由だったのではないか、との推測も生じます


湯梨浜町教育委員会山田直樹教育長:「町民の皆さまに多大なるご心配とご不安を与えておりますことを大変申し訳なく思っております。誠に申し訳ございませんでした」
4月3日、倉吉市役所で行われた記者会見。会見の中で、湯梨浜町教育委員会は、小学校の元児童支援員の男が未成年の少女を盗撮したとして児童ポルノ禁止法違反などの容疑で逮捕されたと明らかにしました。
逮捕されたのは、湯梨浜町の元児童支援員の男(40)です。
教育委員会と倉吉警察署によりますと、男は2023年4月から2024年3月にかけて鳥取県中部の教育施設で、同じく県中部在住の未成年の少女4人に対し、未成年だと知りながら裸の姿をひそかに撮影し、児童ポルノを製造した疑いが持たれています。男は2019年から2024年3月まで湯梨浜町内の小学校に勤務しており、3月、その小学校で更衣室として利用していた教室でペン型のカメラが見つかる事件が発生。
この事件に男が関与したとみて警察が捜査を進める中で、今回の事件が発覚したということです。
容疑者の男は「盗撮したことは間違いないが、性的な部分を盗撮したとは断言できない」などと話し、容疑を一部否認しているということです。
児童には校長から事件について説明し、湯梨浜町教育委員会は3月14日から被害があった小学校にスクールカウンセラーを派遣しています。また、盗撮された部屋は不特定多数が出入りできる環境で、更衣室として使用するときも施錠はしていなかったということです。
今後は、場所の変更や施錠の取り扱いなど、対策を検討し新学期に備えたいとしました。
湯梨浜町教育委員会山田直樹教育長:「二度と繰り返さないためにも法令順守であったり、服務の確保について全力を尽くしてまい りたいと考えています」
教育委員会は4月3日と4日に保護者に説明を行うということです。
(日本海テレビの記事から引用)


警察は山崎容疑者の自宅も調べ、他に盗撮した動画がないか、徹底して調べるはずです
それにしても逮捕されてなお、「性的部位を撮影したとは断言できない」と言い張っているのには失笑するしかないでしょう。盗撮しておいてこの言い草です。「性的部位が写ってないからセーフ」と言おうが通用しません
性的姿態等撮影罪に問われた場合、3年以下の拘禁刑(禁固刑と懲役刑を拘禁刑と呼ぶよう法改正されました)または300万円以下の罰金が科されます。児童ポルノ法違反(児童ポルノ作成)に問われた場合も3年以下の拘禁刑または300万円以下の罰金で、どちらも同じです
田舎の小学校だと教員の数も少なく、目が届きにくい事情があるのかもしれません。が、性犯罪者を跋扈させていたからには、「盗撮など起こらない」との油断もあったと考えなければなりません
4月の第1週だけで、盗撮で教員が逮捕というニュース(本件を含む)を3本見ています。昨年、盗撮で懲戒を受けた教員は全国で100人を超えており、これでは学校が性犯罪者の盗撮会場みたいなものです。どこの学校でも起こり得る犯罪だと認識する必要があります。そして、犯人は教員なのですから、教育委員会の訓令やらで事態が解決などしないと理解するべきなのでは?

(関連記事)
岡山の中学教師 盗撮バレて免職に罰金刑
広島の小学校教諭起訴 「盗撮は20年前から…」
教え子強姦教師河嶌健 公判で盗撮データ放棄を拒絶
広島の小学校教師 盗撮で逮捕も「指導のため」と開き直る
明光義塾盗撮事件 懲役3年執行猶予4年判決
学習塾「栄光ゼミナール」で盗撮 元社員逮捕
四谷大塚盗撮事件 森被告の言い分の奇妙さ(2)
四谷大塚盗撮事件 森被告の言い分の奇妙さ(1)
四谷大塚盗撮事件 森被告に執行猶予付き判決
絵画教室で盗撮 磯貝被告の初公判