浄霊協会裁判 メシア代行が少女への淫行認める

自らメシア代行と称し、一般社団法人「浄霊ヒーリング協会」の代表理事を務めていた関伸太郎被告の初公判があり、女子中学生への淫行を認めたと報じられています


女子中学生にわいせつ行為をしたとして、不同意性交の罪に問われた大阪市北区の会社役員の男(49)の初公判が12日、横浜地裁(渡辺史朗裁判長)であった。起訴内容に間違いがないかを裁判長に問われた被告は「そのままです」と認めた。当時、被告は「一般社団法人浄霊ヒーリング協会」=清算手続き中=の代表理事を務め、女子生徒は会員だったという。
検察側は冒頭陳述で、被告は2020年3月に同協会を設立し、手かざしによるヒーリングを行い、太陽の力で魂の曇りを燃やしていくなどと称して効力を吹聴し、全国で最大2千人規模に会員が増加したと指摘。セミナーやイベントを開催し、会員が昇格する際、各地位に対応するペンダントの購入を必要とした、などと説明した。
また、女子生徒とその母親が会員で、被告はイベントを通じて生徒と知り合い、22年10月ごろに生徒が単身で宿泊を伴うイベントに参加した際に体をさわるなどし、同12月以降に複数回性交したとした。さらに、被告は避妊具を使っていなかったとも指摘。母親が「性犯罪110番」に相談して発覚したと説明した。
(神奈川新聞の記事から引用)


神奈川新聞は容疑者や被告の実名を出さないのが社の方針です
典型的な新興宗教形の詐欺商法です。会員にさまざまな位階を設け、1階級上がるごとに金をむしり取る手口も多く見られるパターンです
セミナー(参加費が必要)への出席を呼びかけ、そこで健康食品や健康器具の購入を勧め、購入者には1階級ランクアップさせてペンダントを売りつけるという、どこまでも金、金、金の仕組みとなっています
さて、関伸太郎被告は被害者である女子中学生と複数回性交し、避妊もしなかったというのですからひどい話です。これを「恋愛だった」と称しているのですからさらに醜悪です。「女子中学生とセックスしないと死ぬ病気なのか」と言いたくなります
世の中の男性の中に、こうした「幼い少女とセックスしたら勝ち」という歪んだ価値観が蔓延しており、その結果中学生による美人局にひっかかる大人が絶えない…のでしょう
執行猶予など付けず実刑を科さないと、歪んだ価値観はどうにもならないと思われます(かえって「オレは中学生とやったんだ」と誤った武勇伝にしかねません)

(関連記事)
浄霊協会 わいせつ行為とデタラメな主張
浄霊と称し少女にわいせつ 浄霊協会代表逮捕
統一教会「先祖七代の祟り」と称し献金迫る手口
韓国人エロ牧師 セクハラで賠償命令
日本を侵食しようとする朝鮮カルト宗教
インド系宗教詐欺師サイ・ババが危篤状態
インチキ霊能団体「ロマゾフィー協会」
前橋祈祷師による暴行死事件を考える 懲役9年の実刑判決
前橋祈祷師による暴行死事件を考える 6年越し立件
宗教法人「紀元会」リンチ殺人事件で3700万円の賠償命令
死刑執行 霊能者を自称した江藤幸子死刑囚
手かざし治療で強要 母と息子を逮捕