札幌コンビニ殺人 「男性店員に不満」

先月25日、札幌市北区のコンビニエンスストア「セイコーマート」で男性従業員らを刃物で刺し、1人を殺害し2人を負傷させた宮西浩隆容疑者についての続報です
北海道警は宮西容疑者を再逮捕して取り調べを進めていますが、「どのコンビニでも男性店員に対応されるのが不満だった」と供述しているそうです


札幌市北区のコンビニ「セイコーマート北31条店」で2月、店員3人が殺傷された事件で、北海道警は17日、運営会社の男性社員(40)を殺害し、女性パート従業員(58)を殺害しようとしたとして、殺人と殺人未遂の疑いで、同市北区、無職、宮西浩隆容疑者(43)=殺人未遂容疑で逮捕=を再逮捕した。
逮捕容疑は2月25日午前6時45~50分ごろ、店内にいた女性を刃物で刺して殺害しようとした後、社員、大橋恵介さんを刃物で刺すなどして死亡させたとしている。大橋さんは出血性ショックで死亡。女性は頭や腕に重傷を負った。
捜査関係者によると、宮西容疑者は「どのコンビニでも男性店員に対応されるのが不満だった」という趣旨の供述をしている。宮西容疑者は事件当日、函館市から夜行バスで自宅に帰る途中、店に寄って買い物をしていた。レジの対応は男性の店員だったという。
その後約1キロ離れた自宅まで刃物を取りに行き、歩いて再び来店したとみられる。同日、パート従業員の男性(60)に対する殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。
(産経新聞の記事から引用)


新聞報道だでけ断定的なことを言うのは本来避けるべきではあるものの、ここは自分の仮説として書きます
過去に自分が遭遇した男性恐怖、女性恐怖のケースです。1つは深夜のスーパーでのレジトラブルで、女性客が女性店員にあれこれ不満をぶつけていたものです。女性客は真夏に夜なのに長袖を上着を着ており手袋までしています。大きなツバの帽子を被り、マスクまでするという完全防備体制でした。コロナウィルス流行前ですから、異様な装いに映ります。女性客の言い分は、女性店員が商品に手を触れるとその商品は買えなくなる…というもので、店員は商品のバーコードをスキャンできず困っていました
これは女性恐怖=不潔恐怖であるとともに、女性店員が手にしたものを自分が受け取る=同性愛的な誘惑を受けるという無意識の反応による同性愛嫌悪の症状だと解釈されます
同じように、男性が手にしている電車の吊り革につかまることができない=男性恐怖=不潔恐怖であるとともに、男性からの同性愛的な誘惑を受けるという無意識の反応による同性愛嫌悪だと解釈できます
なので、宮西容疑者の心の内には、男性店員の存在が自分を同性愛的な誘惑に引き込もうとする悪意、と感じられたのかもしれません。そこには「自分はもしかして同性愛者であり、男性に惹かれるかもしれない」という困惑と恐怖が同居しているものと想像できます
最初に挙げた女性客の場合、自分を同性愛的な誘惑から防御するため長袖の服を着て手袋をし、マスクもして身を守っていたのでしょう。問題はそうした自身の症状がどのような意識・無意識の働きによって引き起こされているのか、自覚できていないところにあります。意識化できていない心理的葛藤は言語化できないため、供述には現れません
二番目の男性の例だと、電車の吊り革とかドアのノブは男性性器を象徴しているよう無意識下ではとらえており、それに触れるのは同性愛的誘惑を受け入れる結果になるため、断固として触れられない・触れたくないわけです
他人からすれば奇妙な理屈であり、変なこだわりに映るのでしょうが、当人にとっては深刻な問題だったりします
宮西容疑者としては、コンビニエンスストアの男性店員は自分を誘惑しようとする「けしからん奴」であり、これを殺さなければ自分が同性愛に取り込まれてしまう恐怖、が犯行の背景にあったのではないか、と精神分析の側では考えます

(関連記事)
札幌コンビニ殺人 宮西浩隆容疑者とは
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/502877336.html
札幌コンビニ殺人 1人死亡2人が負傷
変装したコンビニ強盗 警察官が見当たりで即逮捕
福島祖母殺害 19歳孫に無期懲役判決
福島祖母殺害 初公判で殺意否認する19歳
大阪ベトナム女性強盗殺人 無期懲役判決
大阪ベトナム女性強盗殺人 2万6千円奪うため殺害
ルフィ強盗団の広島事件 懲役14年判決
ルフィ強盗団 伊藤一輝被告に懲役12年判決
ルフィ強盗団 50人逮捕で捜査終結へ
ルフィ強盗団 実報酬ゼロも懲役10年判決
銀座時計店強盗 18歳被告に懲役4年6月判決
銀座時計店強盗 18歳少年に懲役7年求刑
青梅強盗殺人 懲役24年と20年の判決
青梅強盗殺人 アタッシュケースに多額の現金
アポ電強盗殺人 懲役28年から27年の刑