映画監督榊英雄 女優への性的暴行で再逮捕

映画監督の立場を利用して若い女優に性的暴行を繰り返していた榊英雄は、「冤罪だ。徹底的に闘う」と言っていたのだとか
いったい何と闘うつもりなのか、訊いてみたいものです。闘うべき相手は被害者や警察ではなく、性犯罪に手を染めながらそれを認めようとしない己自身なのでは?
3月11日、新たな性的暴行容疑で逮捕されたと報じられています


俳優志望の女性に性的暴行を加えた疑いで逮捕された映画監督の男について、警視庁は、別の俳優の女性にも性的暴行した疑いで11日再逮捕した。
映画監督の榊英雄容疑者(53)は2015年、東京・港区の事務所で、演技指導と称して20代(当時)の女性に性的暴行をした疑いが持たれている。
警視庁によると、榊容疑者は「映画の打ち合わせ」として出演が決まっていた俳優の女性を事務所に呼び出し、ほかのスタッフが帰った後、「初めての映画出演は不安だろうから演技の練習をしよう」と女性を引き留め、犯行に及んだという。
榊容疑者の自宅からは、犯行の様子を撮影した動画が押収されていた。
女性は、事件直後に被害を訴え出ることが出来なかった理由について、「抵抗するとダメな女性だと思われるから、拒絶出来なかった。女優をめざす自分が監督を訴えたら、映画の世界でどんな報復があるかわからず、女優として未来がなくなると思った」と話しているという。
榊容疑者は調べに対し、黙秘している。
榊容疑者は、俳優志望の別の女性にも性的暴行を加えた疑いで2月に逮捕されていて、警視庁はさらに余罪を調べている。
(FNNプライムオンラインの記事から引用)


前回、当ブログで取り上げた際には被害者である女優に示談を持ちかけたものの、「金じゃないんだよ」と拒絶されたと書きました
「冤罪だ」と言いながらも示談を持ちかけ、被害届を取り下げてもらおうというセコい手口です。これは榊容疑者自身、冤罪ではないと理解しているからでしょう。ただ、映画監督として稼いでいるとは思えない榊容疑者が、よくも示談金(数百万円)を出す気になったものだなと思います。それだけの預金があるとは考えられず、誰かから借りるつもりだったのか?
さて、現在の風潮からして、「同意があった」と主張したところで通用しません。「男女の仲だから」とか、「恋愛関係にあった」などの主張も無理があります
榊容疑者の部屋からは性交の様子を写した動画が50本以上発見されたと報じられていますので、被害者は2人や3人ではないのでしょう。今後も立件されるものと推測します
この榊監督が撮った映画「蜜月」が、主演女優への性的暴行が明るみに出て公開が見送られたのが2022年です。もっと早く強制捜査に着手できなかったのか、と思うばかりです
下に映画「蜜月」とともに公開中止となった榊英雄監督作品「ハザードランプ」の予告編を貼っておきます。出演者たちにギャラは支払われたのでしょうか?

映画『ハザードランプ』本編映像

(関連記事)
映画監督榊英雄 性暴行で示談交渉も拒否される
映画監督榊英雄逮捕 女優志願者に性的暴行
映画「蜜月」が女優へのセクハラで公開中止
木下ほうか 週刊誌を民事で提訴
映画「十二単を着た悪魔」公開
高畑裕太 不起訴も弁護士戦術は完敗
高畑裕太不起訴 弁護士は「そもそも事件性なかった」発言
俳優高畑裕太を強姦容疑で逮捕
俳優小出恵介 未成年者と淫行の波紋
「仮面ライダー」俳優青木玄徳 痴漢転落の末
「仮面ライダー」俳優青木玄徳 強制わいせつ逮捕
2世俳優橋爪遼覚醒剤で逮捕
映画「たたら侍」 橋爪遼逮捕で打ち切り、大コケ
東出昌大と唐田えりかの不倫騒
東出昌大 村上春樹作品映画を降板
男目線だけの夫婦映画「なん・なんだ」 主演女優が猛批判