「日本漫画は衰退し、韓国ウェブトーンの時代」という記事

小川悠介なる共同通信の記者が、「日本のマンガは衰退しガラパゴス化する。これからは縦読みの韓国ウェブトーンの時代だ」と書いていますので取り上げます
この手の記事は毎度ながら、自分の主張に沿う都合の良い数字だけを挙げてるわけで信憑性に欠けます
まずはその主張を一部、引用します


韓国発の「ウェブトゥーン」が日本漫画を追い抜く?スマホ画面に最適化、市場規模は約4兆円予測
(前略)
最大の特徴は縦長のスマホ画面に合わせて、コマを縦一列に並べて配置している点になる。見開きの紙面を想定した日本の漫画はスマホで見づらいという声があるが、ウェブトゥーンは一つ一つのコマが画面いっぱいに表示されるおかげで絵が大きく、全面カラーなので迫力も満点だ。
セリフは少なめで画面を拡大することなく上下にスクロールするだけで軽快に読み進めることができる。動画アプリ「ユーチューブ」や「ティックトック」などとの余暇時間の奪い合いが激化する中、短時間で快適に楽しめるように設計されている。
それゆえに、内容の薄い「スナックカルチャー」と揶揄されることが多いが、デジタルネイティブのZ世代(1990年中盤~2000年代生まれの若い世代)から絶大な支持を集める。
1話数十円で読めるので、懐に余裕のない若者でも試しやすい。新型コロナウイルス禍の巣ごもり需要を追い風にして、直近の数年間で日本での読者数を大きく増やした。
ウェブトゥーン作品を数多くそろえる韓国系アプリの「LINEマンガ」と「ピッコマ」のシェアは、国内の漫画アプリ市場で半分近くに達し、日本勢を圧倒している。
日韓だけでなく、アジアや北米、欧州でも人気はとどまることを知らない。中国の調査会社は2023年に発表したレポートで、ウェブトゥーンの世界市場が2029年に22年比7倍の275億ドル規模に急成長すると予測した。
2023年末時点の為替レートで円換算すると、約3兆8000億円。国内の漫画市場(約6700億円)をはるかに上回る巨大ビジネスが誕生することを意味する。
日本の漫画のように右上から左下へと「逆Z字」の順でコマを読むといった独特の文法を必要としないため、幅広い国と地域で通用しやすいのだという。
(以下、略)


国内のマンガ市場が6700億円だという数字はどこから出したのでしょう?
統計を扱うメディア、市場調査会社によって数字が異なるのは毎度の話ですが、コミックやキャラクターアイテム、その他を含めると世界における日本マンガの売上は1兆6千億円と推計されています。日本マンガの国内市場が6700億円というのはコミックや電子本の売上に限定した数字なのでは?
ちなみに日本マンガ2030年の市場規模の予想は、6兆3千億円と推計されており、ウェブトーンより大きくなります。ウェブトーンの市場規模予想が2029年時点で3兆8千億円です
不都合な数字、市場予想を隠蔽して記事を書いているのではないか、と勘ぐりたくなります
なお、最新の予想ではウェブトーンの2029年売上が275億ドルから、2030年で204億ドルと大きく下方修正されています。右肩上がりで拡大し続ける…と予想するには無理があったのでしょう
ウェブトーン作品は色塗りされているものの、背景など極端に省略されており、絵としての情報量が極めて乏しいのが特徴です。にも関わらず、記事は日本マンガの特色であるコマ割りを「読みにくい」と切り捨て、ウェブトーンの方が優れていると強調しています。コマ割りによるダイナミックな表現技法というものを小川悠介は理解できないのでしょう
そして毎度ながら、ウェブトーンで爆発的に売れている作品の名前が1つも記事には登場しません。日本のマンガであれば、「鬼滅の刃」や「呪術廻戦」、「ベルサイユのばら」に「ガラスの仮面」など、売れている作品の名前がいくつも挙げられるのに、なぜ売れているはずのウェブトーンでは作品名が出てこないのか、謎です

(関連記事)
「薬屋のひとりごと」漫画家が巨額脱税
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/502860779.html
ウェブトーンが追いつけない日本の漫画
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/502829076.html
「韓国は世界4大コンテンツ強国」と韓国政府
日本アニメ売上2兆92百億円 韓国アニメは8百億円
韓国ドラマ市場 不人気で崩壊寸前
韓国産劇場向けアニメ ヒット作なく絶滅寸前
「クールジャパン戦略は大失敗」なのか?
「韓国コンテンツは日本を超えた」と報じる韓国
韓国 コンテンツ輸出好調と自画自賛
ホリエモン「日本の漫画は遅れてる」
漫画家浦沢直樹 「ウェブトーンは退化」と指摘
「マンガ」が「ウェブトゥーン」に敗れる日
「韓国ウェブトゥーン人気に日本漫画負ける」 韓国メディア
「ウェブ漫画の元祖は韓国」であり「文化強国」だと主張
「韓国デジタル・マンファが急成長」と報じるメディア
韓国メディア「これからは漫画ではなくK-Comicsの時代」