元五輪代表柔道 丸山顕志が詐欺で逮捕

スポーツ一筋に励み、オリンピック代表に選ばれればその世界では一目置かれる存在です
ただ、それだけで食べていけるわけでもなく、現役を終えた後にどうやって稼ぐかは個人の才覚次第なのでしょう
バルセロナ・オリンピックで柔道の日本代表選手として出場した丸山顕志が詐欺容疑で逮捕された、と報じられています


1992年のバルセロナ五輪・柔道元日本代表で、現在は指導者の丸山顕志容疑者(58)が、2月29日、千葉県警に詐欺の疑いで逮捕された。
捜査関係者によれば、丸山容疑者は6年前、千葉県の高齢女性に、現在は取引されていない「One Coin」という暗号資産を薦め価値があがるなどとうたい、現金およそ4000万円をだまし取った疑いが持たれている。
「丸山容疑者はかつて自身がオリンピックに出場した経歴などで女性を信用させたとみられ、女性からあわせて4億円ほどを預かっていたといいます。騙し取った金は国外でギャンブルなどに使われたとみられていますが、所属選手だったころから彼のギャンブル好きは有名で、そのころから海外カジノなどにハマっていたそうです」(事件記者)
丸山容疑者の柔道家としての実績をスポーツ紙記者が語る。
「丸山容疑者は5歳で柔道を始め、国士舘高校から国士舘大学に進学。1988年に大学を卒業してダイコロ所属となると、実業個人で優勝を飾ったほか、1992年にはフランス国際、ブルガリア国際、講道館杯と立て続けに優勝。日本代表として出場したバルセロナ五輪の柔道男子65キロ級で7位に入賞しています。彼の得意技で『丸山スペシャル』と呼ばれた変形の袖釣込腰は、当時の柔道選手が、こぞって真似したほどです。
また丸山容疑者は中学と高校の教員免許も持っており、1999年には福岡県に『泰山学舎』という柔道場を開設。引退後は、化粧品会社を経営しながら、次世代の五輪選手の育成を掲げて、泰山学舎で後進の指導を続けていました」(スポーツ紙記者)
そんな丸山容疑者の2人の息子は、ともに柔道の有力選手としてファンには知られた存在だった。
(以下、略。FLASHの記事から引用)


別の報道によれば、「現役時代からお金に関することで評判は良くなかった。引退した後はマルチ商法の会社の社長になって成功したんだけど、最終的にはうまくいかず、逃げ回っていた。取引を持ち掛けた相手には自身の試合ビデオを見せるなどして、信用を得ていた」のだとか
国士舘大学は柔道の強豪校として有名で、柔道部のOBも山ほどいます。その中から国士舘大学柔道部の監督やコーチに就任できるのは、オリンピックで金メダルを獲るくらいの実績が必要です。バルセロナ五輪で7位入賞という実績では、とても国士舘大柔道部のコーチにはなれません
教員免許を所持して」いたのですから、どこかの私立高校柔道部の部長兼教師で就職できたのではないかと思うのですが、教員の給料くらいでは満足できなかったのでしょう
そこで化粧品を使ったマルチ商法に手を出したと思われます。おそらく丸山容疑者の知名度を利用して儲けようと、マルチ商法のやり方を伝授した指南役なり、指示役がバックについていたのでは?
いずれにせよ、仮想通貨取引で騙し取った金は韓国のカジノで使い切ってしまったのでしょうから、返済の目処は立たないと思われます。犯罪にかかる損害賠償義務は、例え自己破産の手続きをしても減免されたりはせず、そのまま残ります。ただ、弁済に充てるだけの資産・収入がないのであれば損害賠償の支払いはできないのであり、被害者は賠償金を手にできません
丸山容疑者の道場をたたんで売却しても、大して金にならないのでは?あるいは既に金融機関から差し押さえられているのでしょう
単純な詐欺罪だと懲役5年以下の実刑ですから、刑罰としてはいかにもヌルい気がします。被害金額の大きな詐欺事件の場合、懲役10年以上の厳罰を科すように法律を改正するべきなのでは?

(関連記事)
ロマンス詐欺増える 1億円を超える被害も
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/502863831.html
柔道金メダリスト内柴被告に懲役5年の判決
柔道メダリスト内柴正人の強姦事件裁判
メダリスト内柴正人準強姦事件公判で無罪を主張
準強姦で逮捕の金メダリスト内柴容疑者を擁護するブログ
強姦容疑を否定し続ける内柴正人容疑者
柔道金メダリスト内柴正人 セクハラで大学を懲戒解雇
谷亮子参議院議員 「自分が出ていたら」発言
参議院出馬の谷亮子 父親に逮捕歴あり
スノーボーダー国母和宏 大麻で懲役3年求刑
金メダリスト孫楊 ドーピング問題で8年間資格停止