県営住宅放火殺人6 2人殺害認定で無期懲役判決

ペルー国籍の無職、ラ・ロサ・ビテ・エドガルド・アントニー被告(37)は2015年12月、愛知県半田市にある県営住宅の1室でブラジル国籍の20代の姉妹の首を圧迫して殺害、ガソリンをまいて火をつけたとして殺人と放火などの罪に問われていました
名古屋地裁はラ・ロサ被告に対し、求刑通り無期懲役の判決を言い渡しています
本来、死刑が求刑されるべき事件だと思うのですが、検察は犯行に計画性はなかったとして無期懲役を求刑していました(放火のため事前にガソリンを用意した計画的犯行と思われるのですが)


愛知県半田市の県営住宅で2015年、ブラジル国籍の姉妹が殺害された事件で、殺人や現住建造物等放火などの罪に問われた妹の元内縁の夫でペルー国籍のラ・ロサ・ビテ・エドガルド・アントニー被告(37)の裁判員裁判で、名古屋地裁は27日、求刑通り無期懲役判決を言い渡した。吉田智宏裁判長は「結果は誠に重大。(火災の)発見が遅れれば他の住人にも被害が及びかねない危険性が高かった」と非難した。
被告は捜査段階からほぼ黙秘していた上、直接証拠が乏しい中、検察側は状況証拠を重ねて有罪を主張。一方、弁護側は刑事責任能力がなかったなどとして無罪を訴えた。
判決は、被告には元内妻との間に交際を巡るトラブルがあったとし、これが殺害の動機になり得たと認定。その上で、火災発生時刻ごろに被告が現場周辺にいた▽事件当夜、被告と一緒にいた娘2人が警察官の職務質問に対し、事件の概要を知っているとの趣旨の話をした――ことなども踏まえ、「被告が犯人だと推認できる」と結論づけた。
また、判決は、姉妹と居合わせた娘2人らを火災現場から退避させるなどした被告の行動について「合理的で、完全責任能力があった」と指摘。弁護側の訴えを退けた。
判決によると、被告は15年12月30日、元内妻のアマリリア・マルヤマ・キンベルリ・アケミさん(当時27)と姉ミシェリさん(同29)の自宅で、2人の首を圧迫して殺害。ガソリンをまいて火を放ち、遺体ごと部屋を焼損した。
(朝日新聞の記事から引用)


2015年の事件ですから、判決までに随分と時間がかかっています。殺人・放火の後、現場から車で逃走したラ・ロサ被告はアケミさんの娘2人を乗せたまま、名古屋市内を猛スピードで走り回り、無免許運転で逮捕されています
この時、覚醒剤を使用していたのではないかと疑われます。そもそも名古屋市内を走り回って、どこへ向かおうとしていたのかも不明で、薬物の影響によるある種の錯乱状態にあったのでは?強いて憶測するなら、「麻薬密売組織に追われている」との被害妄想があり、逃げようとしていたのかもしれません。警察から逃げるなら猛スピードで走ったりはせず、目立たないように振る舞うはずです
その後、アケミさん姉妹殺害の容疑で取り調べたものの立件は難しく、無免許運転その他の容疑(詳しい報道がないので、どのような容疑だったか不明です。未確認の情報によれば、薬物の密売や薬物使用だとされます)で起訴し、有罪が確定して刑務所に収監されました。刑務所から出たところを入国管理局が身柄を押さえ、警察が殺人事件と放火の件で取り調べを進め、状況証拠を積み重ねた上で起訴し有罪に持ち込んだというのが経緯です
ようやく1審判決が出たものの、おそらくラ・ロサ被告は判決を不服として控訴すると思われます。弁護人としては有罪判決をひっくり返すほどの材料があるわけでもなく、控訴してどうにかなるものではないと思うはずですが、被告の意向に従うのでしょう

(関連記事)
県営住宅放火殺人5 無期懲役を求刑
県営住宅放火殺人4 ペルー人被告初公判
県営住宅放火殺人3 ブラジル人姉妹殺人容疑で逮捕
県営住宅放火殺人2 ペルー人を放火容疑で逮捕
県営住宅放火殺人1 ペルー人を無免許運転で逮捕
熊谷6人殺害事件を考える6 死刑判決を破棄して無期懲役に
熊谷6人殺害事件を考える5 「精神鑑定は必要ない」
熊谷6人殺害事件を考える4 犯行を否認
熊谷6人殺害事件を考える3 「ペルー人」報道は人権侵害か?
熊谷6人殺害事件を考える2 任意同行も見失う
熊谷6人殺害事件を考える1 容疑者の兄も大量殺人犯
広島女児殺害事件を高裁に差し戻し 最高裁判決
江田島で中国人研修生が8人殺傷
8人を殺傷した中国人実習生 その後
江田島9人殺傷事件 中国人に無期懲役判決
蟹江町3人殺傷事件 死刑判決に不服、控訴
愛知蟹江町3人殺傷事件 死刑求刑
愛知蟹江町3人殺傷事件 中国人被告の裁判開始
2009年愛知の強盗殺人事件、中国人の関与が浮上