「エルメス安く買える」 徳川家子孫を自称の詐欺師

世の中には美味しい話を持ちかけ、金を騙し取る詐欺師がいます
立派な経歴を詐称し、高級な飲食店に出入りし、身なりもよく、高級な外車に乗っていたりします。が、それはすべて人を欺くための仕掛けです
詐欺師の菊池慎介容疑者は徳川家の末裔を自称し、エルメスのオーナーとは知り合いだと言ってエルメスバッグの代金を騙し取っていたとして逮捕されています


自称コンサルタント業の男は、こう説明し女性から高額のバッグ代を騙し取ったという。
警視庁愛宕署は2月9日までに、代金を搾取した疑いで菊池次郎こと菊池慎介容疑者(52)を逮捕した。30代の女性Aさんから、エルメスの高級ブランドバッグ『バーキン』などを安価で購入できるとウソをつき、約180万円を騙し取ったとされる。調べに対し菊池容疑者は「代金を預かっただけ」と犯行を否認しているという。
「逮捕容疑の事件は’21年ごろ起きました。菊池容疑者とAさんは東京都港区内の飲食店で知り合ったとか。菊池容疑者は実際に複数の『バーキン』のバッグを見せAさんを信用させ、『私におカネを渡してくれれば安く購入できる』と虚偽の話を持ちかけたそうです。
Aさんは手付金名目で現金180万円ほどを菊池容疑者に渡しました。菊池容疑者は、こうも語っていたといわれます。『私は財閥ファミリーの末裔です。だからエルメスのオーナーとも面識があり、安く手に入れることができるんです』と」(全国紙社会部記者)
Aさんは全部で6点のバッグ代を菊池容疑者に渡しており、総額はおよそ760万円にのぼるという。菊池容疑者が「ブランド詐欺」でトラブルを起こすのは、今回が初めてではない。過去に何度も事件の当事者になっているのだ。
「本名を出さず、複数の名前を使い分けていたようです。被害者には、こうウソのプロフィールを伝え信用させていたとか。『私は徳川家の末裔なんです』『宮内庁に勤めている職員です』と。警察は菊池容疑者に余罪が多数あるとみて、捜査を進めています」(同前)
最近、詐欺の手口が多様化している。「おいしい話」を持ちかけられたら、相手がどんなに立派な肩書きでも本当かどうか疑うべきだろう。警察は、裏づけのない勧誘に対し多額の現金を渡すなどの行為を控えるよう注意喚起している。
(FRIDAYの記事から引用)


いまどき、まだこんな手口で騙される人がいるのだなと思うばかりです。相手の身許など、調べようとすればある程度までは分かるはずですが、美味しい話に目がくらんでしまったのでしょう
よく分からない人物に大金を預けるのはさすがにどうか、と言いたくなります。もちろん、騙された被害者が悪いのではなく、騙した方が悪いのです
菊池容疑者が偽名を使っていたのは詐欺事件で逮捕された前科があり、本名で検索すると過去の犯行がバレてしまうからです。詐欺罪は実刑となっても刑期が比較的短いため、出所後はまた詐欺を繰り返す者が少なからず存在します
服役中も新たな詐欺の手口を考え、出所はそれを実行せずにはいられないのでしょう。人を騙すことで優越感や快感を覚え、「オレはこんなに上手くやっている」という成功体験が忘れられず、その達成感を味わいたくて詐欺を繰り返すのではないかと思われます
被害者の方々をあげつらう気はありませんが、やはりブランドの名前だけを追いかけるのではなく、エルメスのオーナー?とされる人物がどのような人間なのか、会社の営業施策がどのようなものか一度は調べておくべきでしょう。エルメスは「安売りをしない」方針を貫いており、会社の経営トップといえど自社製品を第三者に安く譲ったりはしないと判ります

(関連記事)
綾瀬はるか巻き込む詐欺事件 主犯格に実刑判決
綾瀬はるかを広告塔に 40億円投資詐欺事件
いまだに続くM資金詐欺
元横綱朝青龍 M資金詐欺で1億円被害
実在しない100万ドル札で詐欺 過去にも発生
有栖川宮を名乗った詐欺師
「三井財閥の子孫」と騙した女詐欺師逮捕
安田財閥子孫を自称 サッカー界のスポンサー
「韓国の野球選手、安田財閥令嬢と婚約」と報じた韓国メディア
楽天巨額詐欺事件 運送会社代表懲役6年判決
楽天から300億円騙し取る ブランド狂いの妻も逮捕
楽天から300億円騙し取る ヴィトンにフェラーリ爆買い