松本人志騒動をエンタメ化するテレビ

芸人松本人志の性加害問題が連日、メディアで取り上げられています
何本ものレギュラー番組を抱えた売れっ子が突然活動停止したのですから、テレビ関係者が慌てるのは理解できるにせよ、「松本人志がいなくなったらテレビのバラエティ番組が成り立たない」と騒ぐのはどうかと思ってしまいます。代役の芸人などいくらでもいるわけで、松本人志の抜けた穴はすぐに埋まるでしょう。もちろん、視聴率が取れるかどうかは別ですが
同じ現象は島田紳助事件の時にも経験済みなのでは?
島田紳助が暴力団との交際を理由にテレビ番組を降板した後も、繰り返し「島田紳助待望論」が叫ばれ、「復帰説」が流れたりもしました。そもそも吉本興業の役員自身が「島田紳助のカムバック」を望む発言をしていたほどです
ただ、こうした「松本人志待望論」を冷ややかに見る向きもあります


元放送作家の長谷川良品さんが17日、自身のX(旧ツイッター)を更新。この日、読売テレビ(大阪市)の大橋善光社長が新春会見で週刊文春による一連の報道の影響で活動休止しているダウンタウン松本人志を巡る発言を報じた記事に「これがテレビの現実。眩暈(めまい)がする」などとあきれた。
長谷川さんが添付した記事によると、大橋社長は同局が制作している「ダウンタウンDX」については25日分の放送分まで収録済みだが、今後については対応を検討中と説明。さらに松本が所属している吉本興業については「個人的には、会見などの形である程度明らかにしていただくのが好ましい」と語った。
そして、週刊文春と松本の主張にある程度の決着があった場合、今後の出演に関する判断についての質問には、視聴者が望んでいないものをする必要はないと前置きした上で「例えば松本さんと女性側が番組内で直接対話するということがあるならば、こちらとしてもぜひ放送したい」と私見を述べたという。これに長谷川さんは反応し「これ、読売テレビ社長の発言です。これがテレビの現実。眩暈がする」と苦言を呈した。
フォロワーからは「裁判沙汰の案件を、エンタメレベルと勘違いしている異常感覚」「これはセカンドレイ○そのものですね」「被害を訴えている女性が、加害者と疑われる男性と公正ではない場で話し合いしている場面を視聴者が観たいとは思わない」「企業のトップがこんな考えとは、テレビ局ってやはりかなりズレてますね」「文春は部数さえ売れれば何でもありか! とか叩いてる人多いですが、テレビ局も視聴率さえ取れれば何でもアリですもんね」などの声が飛びかった。
(中日スポーツの記事から引用)


読売テレビの社長がどのような意図で、「松本人志と被害を訴えた女性の直接対話を読売テレビで放送したい」と言い出したのか、背景がいまいち判らないのですが(社長は報道番組として制作すると語ったようですが)、指摘の通り「視聴率が取れるイベント」と解釈しているのは確かでしょう
ジャニーズ事務所により性加害問題の説明記者会見を民放各局が生中継したように、読売テレビが松本人志と被害者との直接対話を独占できれば「大当たり間違いなし」との勘定が働いたと思われます
「人の不幸もメシの種」とは言いますがあまりに下卑た発想でしょうし、それを下卑た発想だと自覚できないのがテレビ業界です
これなら、「松本人志が文春相手に裁判をするなら生中継させろ」と言い出しかねません
文春に被害を訴えた女性にもマイクを突きつけカメラの前でコメントを取ろうとするのでしょう
カメラの前で何かを語ったとしても、それが真実であるとは限らないのであり、そこに費やす時間や費用、エネルギーを無駄だなと思ってしまいます。粛々と裁判の成り行きを見守ればよいのであり、テレビのスタジオで模擬裁判まがいに弁護士やコメンテーターを交えてガヤガヤやる必要があるのか、と言いたくなります

(関連記事)
松本人志裁判の行方
松本人志「R100」が大コケ
吉本興業社長会見が火に油 コンプライアンス不在の無法
引退後も蒸し返される島田紳助待望論の怪
島田紳助が講談社を名誉毀損で訴える
島田紳助 芸能界復帰特番撮影との噂
吉本社長「紳助君の復帰、信じてる」発言で大炎上
アンジャッシュ渡部不倫 自己愛パーソナリティ障害
アンジャッシュ渡部不倫 メディアから袋叩き
東出昌大と唐田えりかの不倫騒動
東出昌大 村上春樹作品映画を降板
「笑っていいとも!」終了に見るテレビ文化終了
タレント若新雄純 三股交際報道