京都府警警部補 現金盗み初公判

先に引き続き警察官の犯罪です
京都府警の警部補林謙司被告(57)は防犯指導として訪問した民家で、住人の隙を見て現金300万円を盗んだなどの容疑で起訴され、初公判を迎えています。検察側の起訴状朗読によれば、警察官になった当初から盗みを繰り返してきたされ、驚き呆れるばかりです


捜査で訪れた民家から現金を盗んだとして、窃盗の罪に問われた京都府警捜査2課警部補の男(57)の初公判が12日、京都地裁(湯川亮裁判官)であった。警部補は「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は、警部補が警察官になった翌年ごろから同僚の金品を盗むなどしていたと指摘した。
起訴状によると、伏見署刑事課に勤務していた2019年7月、変死事案の捜査で訪れた京都市伏見区の民家から現金10万円と腕時計を盗み、20年10~11月、別の80代女性の自宅から現金約300万円を盗むなどしたとしている。
検察側は冒頭陳述で、警部補は19年7月29日、伏見区の民家で変死者の遺書を探す作業中に10万円と腕時計を見つけ、ズボンのポケットに入れて盗んだと指摘。20年10月14日~11月28日ごろには、金融機関からの通報を基に特殊詐欺被害を防ぐ名目で女性宅を訪れ、現金の保管先を案内させ、隙を見て衣装ケースから約300万円を自分のかばんに入れて盗んだと説明した。盗んだ金は勤務先の引き出しに隠し、祇園での飲食代やカードローンの返済、交際相手へのプレゼントなどに充てたという。
また検察側は、警部補が警察官になった翌年の1988年ごろから配属先の同僚の金品を盗み、捜査協力者から現金を受け取る見返りに捜査情報を教えたり、捜査費を目的以外に使用したりするなどの行為を繰り返していたと明らかにした。
(京都新聞の記事から引用)


Vシネマにでも出てくるような悪徳警官の所業です。捜査情報を漏らして現金を受領したりとか、同僚の警察官が聞いたらヤケ酒を飲みたくなる話でしょう。「やってらんねー」と言いながら
しかも愛人を抱え、そのための金の工面に四苦八苦し、多額のローン返済に追われるとか。よくもまあ、こんな人物を警部補にしたものだと思います
起訴された件以外にも盗みをしていたようで、余罪についても追起訴する方針だと別の報道には書かれていました(妻の財布からもちょくちょく現金を抜き取っていたとか)
盗癖がついてしまい、分別も何も失ってしまっていたのでしょうか?といっても心神喪失などではなく、明らかに犯罪であると承知の上で盗みを繰り返していたのでしょう
初公判で犯罪事実を認めていますので、京都府警はこれをもって懲戒免職処分にするはずです。なお、職務中に犯行であり、盗んだ金も弁済できていないのでしょうから実刑が科せられるものと予想します
ともかく、こんなドラマに登場するような悪徳警官が実際にいる事実にまずもって唖然とさせられました

(関連記事)
警察官が臨場先で現金600万円盗み逮捕
岡山県警 巡査長が証拠品盗み逮捕
広島県警8500万円盗難は警察官の仕業
広島県警 署内金庫から8千万円盗まれる失態
カニ缶盗の警視 停職1か月の大甘処分
19歳警察官が上司を射殺 求刑は懲役25年
19歳警察官が上司を射殺 書類の書き直しが不満
滋賀県警 セクハラ行為で大量処分
違法な取り調べで賠償 「泥棒に黙秘権があるか!」
岡崎警察署暴行死 留置係は戒具使用規定知らず
岡崎警察署留置場で暴行 被疑者死亡
富田林署逃走事件 留置係はスマホでAV鑑賞
埼玉県警警部補 留置場弁当盗み食い
警視庁巡査部長 女児強姦で懲役4年4月判決
警視正を性的暴行で3度目の逮捕
警視正を性的暴行で逮捕 余罪は多数か