岸田首相襲撃 木村隆二被告はどうなった

今年の4月、和歌山県の漁港へ衆議院和歌山1区補欠選挙の応援のため立ち寄った岸田首相に爆発物を投擲し、殺害しようとして逮捕された木村隆二被告の、その後について取り上げます
9月の時点で和歌山地検から起訴されていますが、まだ裁判は始まっていません


ことし4月、和歌山市で選挙の応援に訪れていた岸田総理大臣の近くに爆発物が投げ込まれた事件で、逮捕された24歳の無職の容疑者について、和歌山地方検察庁は岸田総理大臣などに対する殺人未遂や爆発物取締罰則違反など5つの罪で起訴しました。
起訴されたのは、兵庫県川西市の無職、木村隆二被告(24)です。
検察などによりますと、ことし4月15日の午前11時半ごろ、和歌山市雑賀崎の漁港で、衆議院の補欠選挙の応援に訪れていた岸田総理大臣や聴衆などに対して手製の爆発物を投げ込んで爆発させ、2人にけがをさせたうえ街頭演説を妨害したとして、総理大臣などに対する殺人未遂と爆発物取締罰則違反、それに公職選挙法違反など5つの罪に問われています。
和歌山地検は刑事責任を問えるかを調べるため、およそ3か月にわたって専門家による精神鑑定を行った結果、責任能力があると判断し、勾留期限の6日、木村被告を起訴しました。
検察は認否を明らかにしていませんが、警察の調べに対して黙秘していたということです。
今後、裁判員裁判で審理されるとみられ、事件の経緯や動機がどこまで明らかになるかが焦点となります。
起訴の5つの罪 詳細は
検察によりますと、木村被告は、現職の総理大臣などに対する殺人未遂の罪など、5つの罪で起訴されました。
【1 総理大臣への殺人未遂など】
ことし4月15日の午前11時半ごろ、和歌山市雑賀崎の漁港で、衆議院の補欠選挙の応援に訪れていた岸田総理大臣や聴衆などに対して殺意を持って手製の爆発物を投げ込んで爆発させ、聴衆1人と警察官1人にけがをさせたうえ街頭演説を妨害したとして
▽総理大臣などに対する殺人未遂や
▽爆発物取締罰則違反の爆発物の使用、
それに
▽公職選挙法違反の罪に問われています。
【2 手製の爆弾所持、火薬の所持、刃物の所持】
また、警察官らに現場で取り押さえられた際、
▽黒色火薬が入った別の手製のパイプ爆弾1つを手に持っていたとして爆発物取締罰則違反の爆発物所持の罪、
▽小瓶に入った黒色火薬およそ4グラムを持っていたとして火薬類取締法違反の罪、それに
▽刃渡りおよそ13センチの包丁をリュックサックに入れて所持していたとして、銃刀法違反の罪に問われています。
【3 爆発物の製造など】
このほか、去年11月ごろから事件当日までの間に、被告の自宅やその周辺で黒色火薬およそ560グラムを製造し、事件で使われたパイプ爆弾など2つの爆発物を製造したとして火薬類取締法違反と爆発物取締罰則違反の爆発物の製造の罪に問われています。
(NHKの記事から引用)


木村被告がどのような生い立ちなのか、各週刊誌が記事にしているのですが中学時代から孤立し、友人知人もいない暮らしをしていたため、取り上げるべきエピソードがほとんどなく、彼の人となりを表現した記事が見当たりません
中学時代にいじめを受けていたわけでもなく、他人の輪の中に入れなかった内気なこどもとの感じがします。中学2年からは学校のカウンセリングルームに顔を出し、教室での授業は受けていなかったとか。他方で父親はトラック運転手で、オラオラ系の人物だったようです(父親については前に取り上げていますので、重複は避けます)
さて、9月に木村被告を起訴していますので、逮捕後は精神鑑定を実施したのでしょう。特段、精神障害があるようには思えませんし、妄想に支配された風にも見えません。安倍元首相を殺害した山上被告の行動に触発された感が強いと映ります。が、木村被告自身がそうと認めるかどうかは不明です。安易に「模倣犯」扱いはされたくないのかも
取り調べに対し黙秘したまま、との報道がありました。その後はどうなったのか?
黙秘を貫いたところで立件し、公判に持ち込めば有罪判決になるはずです。さすがに冤罪という線はないのですから。殺人未遂ではありますが、上記のように爆発物を使用した政治テロ色の強い犯行ですから、裁判官が量刑をどう判断するか注目されます
検察としては懲役15年くらいの、殺人犯と同等くらいの求刑をするものと予想されます

(関連記事)
岸田首相襲撃 木村容疑者の卒業文集
岸田首相襲撃 漁師のおっちゃんが取り押さえ
岸田首相襲撃 木村容疑者の父親
安倍元首相襲撃 山上被告を批判する細野豪志
安倍元首相銃撃 容疑者の鑑定留置延長
安倍元首相殺害 山上容疑者の精神鑑定
自民福田総務会長「統一教会の何が問題?」発言
安倍氏国葬の政府 統一教会は野放しのまま
「安倍晋三は韓国系」と書く韓国メディア
安倍元首相撃たれる 奈良県警のグダグダ
安倍元首相撃たれる 警備の失態