甲府放火殺人 死刑を求刑

犯行時19歳だった遠藤裕喜被告に対し、検察側は死刑を求刑しています
過去にはあの光市母子殺人の福田孝行死刑囚(犯行時18歳1月)に対しても、「年齢は死刑を求刑しない理由にはならない」と、検察は死刑を求刑していますので、驚くような事態ではありません
遠藤被告の内心は分かりません。「どんな判決でもよい」と投げやりな気持ちなのか、あるいは死刑になるため法廷で黙秘するなど不敵な態度を貫いたのか?


おととし甲府市で夫婦が殺害され住宅が放火された事件の裁判で検察は当時19歳の被告に死刑を求刑しました。
裁判の最後に被告は「控訴はしません。それだけです」と述べました。
甲府市の遠藤裕喜被告は19歳だったおととし10月、甲府市の住宅に侵入して夫婦を刃物で刺して殺害し次女も殺害しようとしたほか住宅を全焼させたなどとして殺人や放火などの罪に問われています。
裁判は被告の責任能力の程度が最大の争点で、きょうの裁判で検察側は計画性や目的に沿った行動から完全責任能力があったと主張しました。
そのうえで「残虐な犯行で反省はなく改善更生の余地はない」として死刑を求刑しました。
改正少年法で18歳と19歳は「特定少年」と位置付けられ、特定少年に死刑が求刑されたのは全国で初めてとみられます。
一方、弁護側は犯行当時被告は心神耗弱だったと訴え、そうでなかったとしても謝罪と懺悔の気持ちを一生背負わせるべきなどとして、死刑にすべきではないと訴えました。
裁判の最後に裁判長に発言を促されると被告は「控訴はしません。それだけです」と述べました。
裁判はきょう結審し、来年1月18日に判決が言い渡されます。
(テレビ山梨の記事から引用)


遠藤被告は数を重ねた公判の前半では黙秘し、検事や弁護人の質問にも答えませんでした。公判になってようやく質問に応じるようになりましたが、被害者への謝罪らしい謝罪もないままです
弁護人としては公判前にどのような弁護を展開するか、被告と打ち合わせをしているはずです。が、遠藤被告に「死刑にはなりたくない」とか、「長期刑は嫌だ」といった意欲も願望もなく、ただ弁護人に任せただけなのかもしれません
遠藤被告の「控訴はしません。それだけです」との発言には、諦観の現れなのでしょう。が、被害者にすれば勝手な犯行で家族をめちゃくちゃにしておいてこの態度ですから、怒りしかないと思います
弁護人の「謝罪と懺悔の気持ちを一生背負わせるべき」との言い分は実にその通りです。しかし、被告が後悔も謝罪もなく、「どうでもいい」と投げやりな気持ちでいるのを誰かがどうこうできるものではありません。弁護人の奮闘も、遠藤被告の胸には響かなかったわけです
なので高名な宗教家が遠藤被告に説教したところで、聞き入れたりはしないでしょう
死刑判決を下し、執行の日まで遠藤被告が何を思うか、考えるか、強制できるものではありません

(関連記事)
甲府放火殺人 遠藤被告に死刑判決
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/502099722.html
甲府放火殺人 「被告の犯行理由に納得できない」
甲府放火殺人 「長女を拷問するつもりだった」
甲府放火殺人 「責任能力に問題なし」
甲府放火殺人 黙秘の理由語る
甲府放火殺人 謝罪の手紙朗読
甲府放火殺人 公判で明かされた犯行実態
甲府放火殺人 公判で耳を塞ぎ黙秘貫く
甲府放火殺人 初公判で黙秘
甲府放火殺人 公判では責任能力を争うか
甲府放火殺人 10月に初公判
甲府放火殺人 「家族全員殺すつもり」
甲府放火殺人 精神鑑定実施へ
甲府放火殺人 少年A(19歳)の生き様
甲府放火殺人 犯人は19歳の生徒会長
甲府放火殺人 交際拒否で逆恨み
甲府放火殺人 19歳少年を逮捕
ストーカー問題 自我・他我はどう形成されるのか2
ストーカー問題 自我・他我はどう形成されるのか1
少年死刑囚の話 小松川事件(昭和33年)
高槻市マンション殺人事件 男子高校生死亡
高槻市マンション殺人事件 犯人は男子高校生
白金高輪駅硫酸男 花森被告に懲役3年6月判決
白金高輪駅硫酸男 ストーカー行為と大失恋
白金高輪駅硫酸男 妄想性人格障害か?
八戸高専事件 ストーカーの濡れ衣を着せられ