流山市小学校教諭 女児強姦で懲役5年6月判決

千葉県流山市の公立小学校に勤務していた水沼宏嘉被告(31)は、13歳未満の女児に対する不同意性交罪で起訴され、懲役6年を休憩されていました。千葉地裁松戸支部は水沼被告に対し、懲役5年6月の実刑判決を言い渡しています
被害者について詮索する気はないのですが、おそらく水沼被告の教え子なのでしょう。自分に懐いているのをよいことに自宅に呼びつけ、性行為をしたものと推測されます。水沼被告は既婚者であり、妻の不在に犯行に及んだのでしょう
なので、教員としては懲戒免職となり、妻からも離婚を突きつけられたものと推測します。人生を棒に振るような真似をして、どのような心境なのか訊いてみたいものです


13歳未満の女児にわいせつな行為をしたとして、強制性交罪などに問われた元小学校教諭、水沼宏嘉被告(31)=松戸市、懲戒免職=の判決公判が地裁松戸支部であった。本間敏広裁判長は「悪質で被害結果は深刻」として、懲役5年6月(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。
本間裁判長は量刑理由で「当時小学校教諭という立場にありながら犯行に及び、自らの性的欲求を優先した」と非難。「被害女児が被った肉体的、精神的苦痛は大きく、現在も精神的に不安定な状態が続いている。将来の健全な育成への悪影響も軽視できない」と述べた。
判決によると、昨年11月19日と今年1月16日、県内で13歳未満の女児にわいせつな行為をしたほか、当時の自宅で児童ポルノが記録された携帯電話を所持した。
県教委は3月、被告を懲戒免職処分としていた。被告が勤務していた小学校を管轄する教育委員会は「このようなことが起きてしまったことを重く受け止め、再発防止に全力で取り組んでいる」とコメントした。
(千葉日報の記事から引用)


千葉県教育委員会の「再発防止に全力で取り組んでいる」とのコメントが虚しく聞こえます。性犯罪で千葉県内の教員が逮捕されるのは今年だけで何度目になるのか?
再発防止になっていません
もちろん多くの教員が真面目に勤務しており、一部のけしからん教員の所業なのは分かりますが
刑事事件としてはひとまず決着です。水沼被告が控訴したところで無罪判決が出たりはしません
しかし、被害者側が千葉県を相手取り損害賠償請求を起こすものと予想され、数百万円の賠償支払いになるはずです。賠償は千葉県の予算で賄われますので、賠償金支払いを組み込んだ補正予算を県議会に提出する必要があります
さて、教師が問題を起こしたりすると「生徒の心のケアに努める」と言い、スクールカウンセラーを派遣したりするわけですが、生徒が性犯罪の被害に遭った場合はどうなのでしょう?
被害者は現在、中学生と思われ義務教育の対象です。加害者は教師ですから、県教育委員会は被害者に対して何らかのケアをする責任があると考えられます。しかし、教育委員会が派遣するスクールカウンセラーを被害者側が受け入れるとは限りません。むしろ、外部の心療内科を受診するのでは?
この場合の治療費も、千葉県側が損害賠償の一部として支払う必要が生じます
水沼被告は拘置所の中でああでもない、こうでもないと愚痴をこぼしているだけなのでしょうが、事後処理を担う側は大変ですし、被害者側の負担もすぐに解消したりはしません

(関連記事)
流山市小学校教諭 女児強姦で懲役6年求刑
流山市小学校教諭 初公判で強姦を認める
流山市小学校教諭 強制性交容疑で逮捕
7人の女児にわいせつ 元教師八木航の手口
7人の女児にわいせつ 元教師八木航に懲役14年判決
7人の女児にわいせつ 元教師八木航に懲役15年求刑
わいせつ教師八木航 異常な性癖
小学3年生徒にわいせつ 千葉の教師八木航
鹿児島の元中学校長 わいせつ行為も退職金返還応じず
大阪小学校講師 児童12人にわいせつ行為で懲役5年6月
わいせつ教師 「くすぐっただけ」と主張も懲役4年
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
高校教師懲戒免職に不服 「教え子と淫らな交際」
女性教諭が男子生徒にセクハラ 懲戒免職
小学校教頭が女子中学生を誘拐未遂・逮捕
中学講師が小学生を強姦未遂・逮捕
小学校教師が4年間も盗撮続け、逮捕
性犯罪辞職の教師を雇用 札幌児相で再びわいせつ事件
生徒にわいせつメールで停職も処分取消し判決
小6男児にわいせつ 小学校教諭逮捕