韓国映画惨敗で日本アニメは人気の理由 韓国コラム

韓国のコラムニストがハンギョレ新聞に寄稿した記事の中で、韓国映画の現状の問題を率直に指摘しています。これは韓国映画だけでなくドラマやアニメーション、ウェブトーンといったコンテンツ全体の問題でしょう。長文のコラムなので一部のみ引用させてもらいます。ハンギョレ新聞日本語版は過去記事のストックも豊富であり、すぐに記事を削除して読めなくしてしまう日本の新聞社とは段違いです


韓国映画は惨敗したのに日本アニメはなぜ大成功したのか
(前略)
■停滞する韓国映画のいま
2023年の韓国映画の興行収入の半期の結果をめぐり、韓国映画の危機説が再点火している。ほんの数年前まで、韓国映画の地位はワールドクラスを論じる段階だった。映画『パラサイト』のアカデミー賞受賞や、ネットフリックスのオリジナルシリーズ『イカゲーム』の世界的なヒットなど、映画界には意気揚々としていた。そのように勢いに乗っていた韓国映画は、2023年に入ってから苦戦を免れなくなっている。2023年上半期の韓国映画のシェアは34.9%で、前年同期比で14.9ポイント減少した。これは、5月末に公開された映画『犯罪都市3』が2023年に初めて観客1000万人を動員したことによってなんとか挽回した数値だ。5月まで30%を下回るシェアを示していたが、これはコロナ禍の期間を除くと2004年以来の最低記録だ。
韓国映画危機論の最大の原因として、オンライン動画サービス(OTT)の浮上に伴う映画鑑賞文化の変化や、映画チケットの値上げが挙げられている。じつは韓国映画危機論は、一部の大作映画が興行で惨敗を喫するたびに取りあげられる映画界の常連メニューだ。今回も同じ流れではないかと考えられるが、業界の人々が感じる今回の危機は尋常ではないようだ。
最大の要因は映画館を訪れる観客にみられる。映画経験がまったく違う世代が主な消費世代として浮上したのだ。それによって、劇場映画に対して優先される消費価値が、コンテンツの内容よりも映画館で得られる空間的な経験の価値に左右される傾向を示すようになった。上半期の韓国の興行収入を強打した日本アニメの成功も、そうした新しい観客心理に触発されて生じたことがきっかけだった。
(中略:「すずめの戸締まり」や「SLAM DUNK」といった劇場版アニメのヒットに言及)
このように観客は変化しているにもかかわらず、2023年に公開された韓国映画は、相変わらず過去の方式を踏襲している。年間で「テントポール作品」(スタジオの利益を支える大作映画)が最も多い今年の夏シーズンだけをみてもそうだ。人気俳優らが顔を並べるマルチキャスティング映画や、メロドラマ的な要素満載の感動大作映画やパニック映画。こうしてみると、毎年繰り返されてきた夏の映画市場の二番煎じだと言っても過言ではない。最終結果を論じるにはまだ早いが、いくつかの作品は損益分岐点を越えられないとみられており、一定の興行成績を上げた作品も、以前に比べれば中程度の水準にすぎない。
韓国映画の危機の主な原因の一つは、まさにマンネリズムに陥ったプロダクション運用方式だ。相変わらず、1つヒットすれば亜流作品が大量にあふれるコピー市場に、観客が魅力を感じるわけがない。テレビの映画紹介番組やユーチューブのレビューをみるだけで映画1本をまるごとみたように感じるのに、わざわざ映画館に行く必要はないということだ。
(中略)
おいしいものでも食べすぎると飽きてしまうということだ。韓国映画も、時代の流れに合わせて変化しなければならない。新しいアイデアを発掘し、新人登用にも積極的になる必要がある。投資会社や配給会社も、恐れることなく自主制作作品などに目を向け、新しい俳優や監督などの人材を育成する必要がある。ある程度の冒険を受け入れた投資がなされるのであれば、新しいジャンルが発掘され続け、その過程でヒットが出てこれまでの損益を一挙に挽回することもありうる。現在のウェブトゥーンやウェブ小説ように、絶えずコピーばかりが制作され続けるのであれば、結局は人々から見放されるだろう。現在のようなエンターテインメント要素があふれる世の中では、映画市場が萎びるのは一瞬だ。
(以下、略)


本当は韓国のウェブトーンについて書くつもりだったのですが(日経エンターティメントなど業界紙は、韓国のウェブトーンが凄い、売れてる、新しい、日本の漫画を越えた、映画やドラマなどさまざまなコンテンツに取り込まれている…というヨイショ記事で溢れていますが、実際は頭打ちであり売れ行きは芳しくありません)、このコラムが実に真っ当な内容でしたので、取り上げました
韓国のウェブトーンであれウェブ小説であれ、コピしたかのごとき類似した作品を量産しているだけで、飽きられるのは時間の問題だと指摘しています。何か1つの作品が売れると、次々と模倣した作品や模倣した設定が登場するのが韓国流です
ウェブトーン作品を配信している韓国企業は軒並み決算報告で業績悪化を伝えています。本当に売れているなら増収増益にならなければおかしいのですが
映画であれ、ドラマであれ1~2年前までは「日本とは比べ物にならないくらい韓国の作品は優れている」と優位性を誇っていました。が、ドラマも売れなくなっているのでしょう。実は上記のコラムにある指摘は今に始まったわけではなく、10年以上も前から言われてました。《貧乏な青年と財閥令嬢との恋》とか《貧乏な女性と財閥御曹司との恋》といった、似たりよったりの韓国ドラマがこれでもかと作られていたのですから、指摘されるのは当然です。それでもなお、同じ設定のドラマを作り続けてきたのが不思議です
先に書いたように、日本の業界紙は「ウェブトーンが韓国では大人気で、その作品が次々と映画になったりドラマになったりと、収益を生み出すサイクルが完成している」などと絶賛していたわけですが、現状を踏まえて訂正するのでしょうか。記事を書いてヨイショしまくっていた人たちは訂正などせず、知らん顔を決め込むはずです。そして次また別のコンテンツを新しい、素晴らしい、売れていると持ち上げるのでしょう
結局、業界人などはコンテンツの質などまったく吟味もせず、関心もなく、単に売れているものに飛びついているだけです

(関連記事)
ウェブトーンが追いつけない日本の漫画
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/502829076.html
「韓国は世界4大コンテンツ強国」と韓国政府
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/502273759.html
「日本の文化が米国を征服」と書く韓国メディア
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/502012996.html
日本アニメ売上2兆92百億円 韓国アニメは8百億円
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/501836243.html
韓国ドラマ市場 不人気で崩壊寸前
韓国産劇場向けアニメ ヒット作なく絶滅寸前
「クールジャパン戦略は大失敗」なのか?
「韓国コンテンツは日本を超えた」と報じる韓国
漫画家浦沢直樹 「ウェブトーンは退化」と指摘
「マンガ」が「ウェブトゥーン」に敗れる日
「韓国ウェブトゥーン人気に日本漫画負ける」 韓国メディア
ウェブトーン? 日本の漫画バカ売れ
中国メディア「日本のアニメはなぜ特別なのか」
中国ではなぜ「SLAM DUNKが作れないのか」という記事
「中国アニメは天才に頼らず日本を超える」との記事
「中国アニメが日本を追い越す日」という記事
韓国アニメ「BASTIONS」 まったく話題にならず
韓国アニメ「BASTIONS」はBTSとコラボレーション
韓国 コンテンツ輸出好調と自画自賛
中国を席巻する日本の劇場版アニメ
劇場版「スラムダンク」に熱狂する韓国