大阪府警女性巡査 国際ロマンス詐欺で逮捕

警察官の不祥事が続いています。「警察官のくせに」と世間の風当たりが強いのは仕方のないところで、それだけ国民が警察官に寄せる信頼・期待が大きい証拠でもあります
さて、大阪府警西成署で薬物犯罪を担当する女性の巡査が、国際ロマンス詐欺に関与した容疑で佐賀県警に逮捕されたと報じられています


共犯者らとSNSで嘘のメッセージを送り、女性2人から現金をだまし取ったとして、大阪府警西成署の警察官で巡査の大谷優璃菜容疑者(25)が詐欺の疑いで逮捕された。大谷容疑者は「詐欺に加担したのは事実です」と容疑を認めているという。いわゆる“ロマンス詐欺”に加担したとみられ、警察は大谷容疑者が詐欺グループの受け子だったとみて、余罪も含めて詳しい経緯を調べている。
「仲間と共謀し、SNSでカナダ人の男性医師になりすまし、今年7月から8月にかけて、佐賀県小城市の50代女性に対して、『イエメンの病院で患者の世話をしているが、母が入院した』といった嘘のメッセージを送り、現金をだまし取った疑いが持たれています。
また、日本人の男性モデルになりすまして、同様の手口で埼玉県川越市の60代女性からも現金をだまし取った疑いもあります。2人の女性の被害総額はおよそ1334万円にのぼり、うち90万円を大谷容疑者の口座に振り込ませたようです」(全国紙記者)
大谷容疑者は、警察官として期待をかけられる存在だったという。彼女を知る人物が明かす。
「子どもの頃から柔道に打ち込み、得意技は大外刈り。スポーツで有名な高校に進みました。インターハイ出場経験もあり、重量級で戦っていたので、高身長で体格もよかった。柔道の腕前でも、警察官として期待されていたと思います。今年3月からは刑事課で薬物事件の捜査を担当していると聞いていました」(大谷容疑者の知人)
大谷容疑者は明るい性格で、愛されキャラだったという。
「男友達も多く、いわゆるクラスでは“陽キャ”でした。警察学校に進むことが決まったときは、周囲に“ミニスカポリスやん”とイジられていました。“逮捕しちゃうぞ”とか“檻の中や”といった冗談をよく言い合っていましたが、まさか本当に逮捕されるとは……。社交的なぶん、ちょっとヤンチャっぽい雰囲気の人とも物怖じせずにやり取りしているのが印象的でした」(前出・大谷容疑者の知人)
11月28日、西成署に問い合わせたところ、担当者が「本部主導で捜査しておりまして、情報が全く降りてきていない。私どもも報道で初めて知って驚いております。ニュースなどで発表されている内容がすべてです」と答え、混乱する様子がうかがえた。
なお、大谷容疑者が所属していた西成署刑事課の薬物対策係では、今年8月にも、捜査中の事件の関係者だった知人女性に捜査情報を漏らしたとして、男性巡査部長が地方公務員法違反の疑いで逮捕されている。その際、大阪府警は、「警察に対する信頼を損なう事案であり、府民の皆様に深くお詫びいたします」と謝罪していた。
(NEWSポストセブンの記事から引用)


大谷容疑者は大阪の私立常翔学園卒で、柔道部で活躍していたようです。ただ、高卒で巡査採用され、現在は25歳で巡査のままですから、出世コースに乗っているとは言い難いところです。高校時代は柔道選手だったとしても、大阪府警に入れば大卒で全国大会の常連といった女性警察官がいるので、そこに活躍の場はありません。他方で、巡査部長への昇任試験にも合格できないままだったのではないか、と思われます
国際ロマンス詐欺は複数人の犯人グループが背後にいて、大谷容疑者は末端の受け子にすぎなかったと考えられるのですが、犯罪であるとの自覚は本人にあったはずです。なぜ、そのような犯罪グループに関わってしまったのか?
オレオレ詐欺とか類似した犯罪はありますが、国際ロマンス詐欺は恋愛感情が先立ち、被害者本人に騙されているとの意識が乏しいまま幾度も金を騙し取られてから「おかしい」と気づくため、被害額が膨らんでしまいます
記事を読む限り大谷容疑者は観念しているようですが、背後の犯行グループ摘発まで漕ぎ着けるかどうかが重要です。末端の受け子が逮捕されても犯行グループはまた別の人間を使い、犯行を繰り返すでしょう

(関連記事)
警視正を性的暴行で逮捕 余罪は多数か
警視正を性的暴行容疑で逮捕
千葉県警巡査クレジットカード窃盗で逮捕
新潟県警本部の警部 不同意性交で逮捕
千葉県警警部 強姦や盗撮で懲役13年判決
千葉県警警部 6人強姦で懲役17年求刑
警視庁巡査部長 女児強姦で懲役4年4月判決
神奈川県警警部補 女子中学生にわいせつで逮捕
愛知県警本部捜査四課長 盗撮で停職処分・退職
愛知県警本部捜査四課長 女子高生盗撮で逮捕
奈良署刑事1課長 捜査費着服して失踪
露出わいせつ警察官の転落 性依存症を自覚
露出わいせつ犯は現役警官 父親は警察署長
警察官が支援担当の少女にわいせつ 実刑判決
福島県警パワハラで警察官2人が自殺
19歳警察官が上司を射殺 求刑は懲役25年
岩手県警巡査部長 留置場のわいせつ行為で懲役3年