神戸弘陵高生徒殺し 9300万円賠償を被告に命じる

神戸市内で2010年10月、高校2年の男子生徒が刺殺され、11年後に犯行当時少年だった泉龍都被告が逮捕・起訴されて1審では懲役18年(求刑では懲役20年)の判決を言い渡されています。目下、この判決を不服として控訴しているところです
その泉被告に対し、犯罪被害者による損害賠償命令制度を利用した裁判で、神戸地裁は約9300万円の賠償支払いを命じる判決を下しています


神戸市北区で2010年、高校2年の堤将太さん=当時(16)=が刺殺された事件で殺人罪に問われ、一審で懲役18年の判決を受けた当時17歳の男(30)に、神戸地裁が損害賠償命令制度に基づき、遺族への慰謝料など約9300万円の支払いを命じたことが6日、遺族側弁護士への取材で分かった。決定は10月24日付。
堤さんの両親が、刑事裁判手続きの中で損害賠償を求め、地裁に審理を申し立てた。命令の決定書によると、葬儀費用や慰謝料、逸失利益など約1億2700万円を請求していた。
一審判決などによると、男は10年10月4日夜、同市北区の路上で、堤さんを折り畳み式ナイフで突き刺すなどして殺害し、約11年後の21年8月に逮捕された。
今年6月にあった裁判員裁判の公判で、男は殺意を否認し、弁護側は判断能力などが低下した心神耗弱の状態だったと主張。判決後、控訴している。
同制度は、犯罪被害者支援の一つ。殺人や傷害などの刑事事件で有罪判決後、同じ裁判所で損害賠償請求の審理を行うことができる。被害者側が刑事裁判手続きの中で申し立てた場合、訴訟記録を証拠として調べ、原則4回以内の審理で決定する。費用負担が軽く、被害者側による事実の立証がしやすいとされる。
(神戸新聞の記事から引用)


被害者を殺害しておいて逃げ続け、何食わぬ顔をして社会で生活し続けていた行為は厳しく罰するべき、というのが刑事裁判の考えであり、懲役18年という判決にもそれが現れています。犯行当時、泉被告が自首していたなら未成年という事情もあり、単純な傷害致致死事件と扱われ懲役5年以上7年以下程度の刑罰で済んでいたかもしれません。損害賠償請求でも、6000万円程度の賠償を命じたくらい…とも考えられます
長年逃げ続け、それだけ被害者遺族に精神的な負担を与え続けたのですから、高額な賠償を命じられるのは当然です
泉被告は刑事裁判で「心神耗弱による減刑」を求めて控訴しています。民事上は、心神喪失者の行為によって損害が生じても賠償を求めることはできないと定められています。が、心神耗弱の場合は賠償の責任を負います(ある程度減額されますが)
また、泉被告は犯行時未成年ですから、親が適切に観護する義務を負っています。たとえ心神耗弱であったとしても、親が十分な観護責任を果たしていなかったのであれば、親に賠償する義務が生じます。泉被告は青森の高校で事件を起こして退学し、神戸市の祖母宅に預けられていました。ナイフを所持して夜ごと出歩く状態であり、十分な観護下にあったとは認められません
上記の記事は、泉被告の心神耗弱を神戸地裁は認めていませんので、泉被告本人に賠償を命じたという内容です。泉被告の親が事件についてどう対処する気なのかは判然としませんが、泉被告に代わって賠償金を払うのが筋でしょう

(関連記事)
神戸弘陵高生徒殺し 泉被告の両親に賠償求め提訴
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/503635777.html
神戸弘陵高生徒殺し 賠償支払い命令に異議
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/501392093.html
神戸弘陵高生徒殺し 判決不服で控訴
神戸弘陵高生徒殺し 懲役18年判決
神戸弘陵高生徒殺し 懲役20年の求刑
神戸弘陵高生徒殺し 被告の主張は矛盾だらけ
神戸弘陵高生徒殺し 鑑定医は精神障害を否定
神戸弘陵高生徒殺し 公判で殺意否認
神戸弘陵高生徒殺し 初公判を前に
神戸弘陵高生徒殺し 初公判は6月7日
神戸弘陵高生徒殺し 2度目の精神鑑定実施へ
神戸弘陵高生徒殺し 再度の精神鑑定要求
神戸弘陵高生徒殺し 少年扱いで匿名のまま公判か
神戸弘陵高生徒殺し 泉容疑者を起訴
神戸弘陵高生徒殺し 容疑者泉龍都は起訴されるのか?
神戸弘陵高生徒殺し 事件を小説に書いていた
神戸弘陵高生徒殺し 異様な素顔と書く「AERA」
神戸弘陵高生徒殺し 10年越しに犯人逮捕
岡山女児殺害事件を考える 14年間の捜査は?
岡山女児殺害事件を考える 未解決の女児殺害事件にも関与か
岡山女児殺害事件を考える 14年目で犯人特定
廿日市女子高生殺害事件 無期懲役判決
14年前の廿日市女子高生殺害事件で容疑者逮捕
今市女児殺害事件 勝又被告に無期懲役判決
今市女児殺害事件 犯行を示唆する手紙