京都アニメーション放火事件 中間論告

長い裁判は稀にあるものの、中間で論告をするというケースに自分は初めて遭遇しました
いつも書いているように、青葉真司被告側が裁判前の争点整理段階で検察側の提出する証拠や調書に同意していれば、これほどまでに多数回の公判を開かずに済んだわけです。争点整理で不同意を表明した結果、あらためて公判の場で調書を読み上げたり、証人に証言を求める結果となりました。143日間にも及ぶ裁判ですから、裁判員を務める人たちは大変です
弁護側は青葉被告の心神喪失または心神耗弱を主張し、刑事責任能力の減衰を理由に減刑を得ようとしています。それも弁護士の仕事なのでとやかく言うつもりはありませんが、もっとうまいやり方はなかったのかと思うばかりです。かつての連続強盗殺人犯永山則夫のケースでは、永山被告に世間の同情を集める方法で「死刑反対」の世論を動員していました。しかし、青葉被告に同情が集まっているとは言い難く、弁護側に何か戦術があったようにも思えません


青葉被告「投稿小説、5人でも読み手いたら事件は…」 きょう責任能力の中間論告・弁論
令和元年7月の京都アニメーション放火殺人事件で殺人罪などに問われた青葉真司被告(45)の裁判員裁判は、起訴前後に精神鑑定を行った2人の医師への証人尋問が終わった。6日午前10時半から京都地裁で開かれる第16回公判では、被告の刑事責任能力に関して検察、弁護側がそれぞれ意見を述べる中間論告・弁論を行う。被告の他責的なパーソナリティーが事件を起こしたと主張する検察側に対し、弁護側は精神障害の影響を訴えるとみられる。
分かれた鑑定結果
10月30日の前回公判では、焦点である被告の妄想を巡り、2人の医師への尋問が実施された。2人は、検察側の依頼で精神鑑定した大阪赤十字病院の和田央(ひさし)医師と、弁護側の求めで裁判所が依頼した東京医科歯科大大学院の岡田幸之(たかゆき)教授(司法精神医学)。証言台の前に並んで座り、尋問に答えた。
和田氏は被告について、人格の著しい偏りとされる「妄想性パーソナリティー障害」と鑑定。一方で、岡田氏は精神疾患である「重度の妄想性障害」との鑑定結果を示している。
「意外と信頼された」
和田氏は妄想性パーソナリティー障害について「パーソナリティーの著しい偏りをきっかけに妄想を抱く」と説明。一方で妄想性障害は「病的なメカニズムがあって妄想が生じる」との考えを示し、被告の妄想は「正常の心理で起こり、思い込みに近い」とした。
これに対し、岡田氏は妄想性障害と妄想性パーソナリティー障害の違いは「妄想がしっかりあるかどうか」と指摘。妄想性パーソナリティー障害の特徴の一つは、猜疑性(疑い深さ)の有無だとした。被告と10回以上の面接を重ねた中で「意外と信頼してくれていた」ことや、言葉尻から悪意を受け取ることがなかったことを例に、妄想性パーソナリティーの診断を避けたと述べた。
妄想、犯行に「影響なし」
ならば妄想が動機形成に関わっているのか。両者の意見は真っ向から対立する一方、犯行そのものへの妄想の影響はいずれも否定している。動機形成に妄想が影響したと鑑定した岡田氏だが、放火の方法や計画については「妄想は関係なかったと思う」と明言している。
次にある裁判員が問うた。人生の「つっかえ棒」(被告)だった小説について、「青葉さんが小説を書き続けていたら、事件を起こすことはなかったですか」と。これに対し和田氏は被告との面会時の会話を引用し「『小説投稿サイトで5人でも読み手がいたら、こんなことにならなかった』と話していたのが印象的だった。小説を書き続けられたかが大きな事情だ」。岡田氏も「もし書き続けていたら事件を起きにくくする方向に傾いたと思う」と述べた。
(産経新聞の記事から引用)


ヤフーニュースのコメント欄には、青葉被告が小説を公開し多くの人に読んでもらえるようにすれば、同好の士とも交流できて社会的な孤立は防げたのではないか」という趣旨が書き込まれていました。そうしなかった青葉容疑者はインターネットの使い方に疎かったのではないか、との指摘も書き添えられています
しかし、青葉被告は京都アニメーションの新人賞に応募した小説をインターネットの投稿サイトで公開しており、過去の報道でも触れられています。どの程度の期間、公開していたかまでは不明ですが、誰も読んではくれなかったそうです
ヤフーニュースのコメント欄に書き込んだ人物は、青葉被告の小説が投稿サイトにアップされていたとの報道を見ていないのでしょう。公判に関する報道を逐一押さえておくのは難しいのですが、それでもやはり情報をアップデートし、できるだけ収集しておく必要はあります。そうでないと、とんでもないコメントを発して恥を晒す結果になります
現実問題として青葉被告の小説は投稿サイトにアップされたものの、誰の目にも触れず、感想も批評も寄せられないままでした
公開したからといって好意的な感想が寄せられるとは限りません。むしろ、批判や揶揄、罵倒の方が多く寄せられた可能性もあります
自分の小説を批判されたなら青葉被告はブチ切れ、批判者を捜し出して殺害しようとしたかもしれません。つまり京都アニメーション放火事件とは別の事件を起こしていたのでは?
なので、和田医師に語った「投稿した小説に5人でも読み手がいればこんな事件は起こさなかった」という青葉被告の所感は、場違いに感じます

(関連記事)
京都アニメーション放火事件 青葉被告に死刑判決
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/502169307.html
京都アニメーション放火事件 死刑を問題視
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/501936243.html
京都アニメーション放火事件 死刑求刑
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/501683341.html
京都アニメーション放火事件 「死刑は正当化されるのか」
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/501581195.html
京都アニメーション放火事件 精神鑑定での法廷論争(4)
京都アニメーション放火事件 精神鑑定での法廷議論(3)
京都アニメーション放火事件 精神鑑定での法廷議論(2)
京都アニメーション放火事件 精神鑑定での法廷議論(1)
京都アニメーション放火事件 被告供述を専門家が読解
京都アニメーション放火事件 妄想を弄ぶ青葉被告
京都アニメーション放火事件 公判で小説パクられたと訴え
京都アニメーション放火事件 青葉被告の初公判
京都アニメーション放火事件を考える 「ツルネは盗用」
京都アニメーション放火事件を考える 小説盗まれたと執着
京都アニメーション放火事件を考える 容疑者の小説公開は可能か?
京都アニメーション放火事件を考える 青葉容疑者の動機は?
京アニを「麻薬の売人以下」と書いた純丘曜彰教授の見苦しい弁解
京アニを「麻薬の売人以下」と中傷し炎上 大阪芸大教授純丘曜彰 その1
京アニを「麻薬の売人以下」と中傷し炎上 大阪芸大教授純丘曜彰 その2
京都アニメーション放火事件を考える 青葉容疑者の小説が実在
京都アニメーション放火事件を考える 青葉容疑者の小説とは
京都アニメーション放火事件を考える 33名が死亡
京都アニメーション放火事件を考える 犯人は41歳の男
パチンコ店放火殺人で死刑判決
16人殺害の個室ビデオ放火事件 二審も死刑判決
劇場版「涼宮ハルヒの消失」を見て
「涼宮ハルヒ」の独我論を読んで
涼宮ハルヒの非日常、あるいは日常への回帰