横浜ラーメン店殺人 逮捕された大橋容疑者とは

横浜市港南区のラーメン店で店主が殺害された事件では、店の従業員で店主の親族にあたる大橋昭仁容疑者が逮捕されています
大橋容疑者は小中学校時代に不登校となった経緯があり、その後は自分でラーメン店を出すものの潰れてしまったのだとか。そこで親族の経営するラーメン店で従業員として就労していたのですが、店主とトラブルになったのか殺害するに至っています
集英社オンラインが大橋容疑者について記事を書いていますので、一部を引用します


〈横浜ラーメン店店長・殺害〉容疑者は小中学校時代は引きこもり
横浜市港南区の京急・上大岡駅近くの「らーめん弘」で店長の大橋弘輝さん(33)が刃物で刺されて死亡した事件。神奈川県警が9月17日に殺人容疑で逮捕した親族で従業員の大橋昭仁容疑者(35)が、かつて自身で開業したラーメン店を軌道に乗せられず半年ももたずに廃業していたことがわかった。また、人気店の「らーめん弘」で昭仁容疑者が担当していた夜間の営業では、最近になってゆで加減や味がバラバラでクレームがつくこともあったという。被害者の祖父が製麺所を創業した「ラーメン一族」の間で起きた殺人事件の動機は、やはりラーメンに行き着くのか。
常連客が感じた違和感
昭仁容疑者は県警の調べに対し、現場に落ちていた包丁で弘輝さんの腹や背中を刺して失血死させたことを認め「恨みがあった」と供述しているが、詳細な動機についてはまだ語っていないとみられる。しかし、事件の起きた9月15日の数日前から、昭仁容疑者の異変に気づいていた常連客もいた。
現場に献花に訪れた30代の男性が最後に来店したのは、13日の夜だったという。♯2でも報じたように、同店では昼番を弘輝さんが務めて一旦閉めたのち、スープを仕込み直して夜番を昭仁容疑者がこなすスタイルで営業を続けてきた。
「自分は夜に行くことが多かったのですが、基本的に夜番の方がワンオペでやっていて、ふだんは『いらっしゃいませ』や『ありがとうございました』と接客用語もきちんと言うし、変だと感じるところは全然ないんです。ところが事件の前々日の夜遅くに行ったときは、いつもと様子が違って機嫌がすごく悪そうで、挨拶もろくにしてくれませんでした。ラーメンを提供する時に小声で『おまたせしました』ぐらいは言ってくれたかな。今思うと、あのときすでに何か思い詰めていたのかもしれません」
いつもは昼間にラーメンを食べにくるという常連客の男性も、昭仁容疑者のプロらしからぬ態度に辟易したという。
「2~3年前に初めて訪れた際に、店員がとても頑張っていて、自分も飲食店をしていたから応援する気持ちで通うようになりました。それが昼番の店長(弘輝さん)です。私が『硬めでも濃いめでもない普通のラーメンでスープ多め』と最初に伝えた好みをずっと覚えていて、毎回その通りに出してくれていました。多い時期は週4ペースで通っていたこともあります。長話をしたことはありませんが、毎回ブレずにラーメンを出してくれるので、いつも『ありがとう』と声をかけていました」
男性はいつも昼食時に訪れていたが、8月上旬、仕事の都合で初めて夕方に来店した。この時、店番をしていたのは見慣れた弘輝さんではなかった。
「ニュースで報道されていた坊主頭の容疑者でした。味の好みや麺の硬さについても聞いてこないので、私から『普通で』と伝えたのですが、出てきたラーメンはなぜか麺が固めでした。というより噛み切れないほど固かったので、『麺が固くて食べられないよ。別のどんぶりに釜湯をくれ』と催促すると『えっ』と言ったきり謝りもしませんでした。無愛想に釜湯を出すと、調理場に入る手前あたりのイスに座ってこちらを睨みつけてきました。
さらに数日後、また夜に店に行ったのですが、今度はありえないくらいスープが塩辛くて、思わず『スープがしょっぱすぎる。釜湯をくれ』と要求しました。ほぼ同じタイミングでラーメンを出された隣のお客さんも『うわっ』と腰を浮かせてウォーターサーバーの水をどんぶりに注いでいました。その人は『しょっぱくて食べられない』と途中で帰っていきました」
(以下、略)


大橋容疑者は元々ムラ気がある人物なのか、あるいは鬱屈が溜まって仕事を疎かにするようになったのか、上記の記事だけでは判りません
ただ、ラーメン店であればいつも同じ味の、同じ麺の硬さのラーメンを提供するのが基本です。それができない人間にラーメン店の従業員は勤まりません
が、大橋容疑者が過去、不登校だった時期があることを考慮するなら、何らかの発達障害を抱えており、当たり前のことを当たり前のようにやる能力が欠けていたのかもしれません。スープの味をいつも同じ状態に保つとか、麺の茹で加減の時間をきちんと把握するとか、そんな当たり前のことをできない人物だった可能性もあります
発達障害を抱えている人の場合、それが自分では理解できないので厄介ですし、他人から指摘されると腹を立てたり言い返したりと、対人トラブルになったりします。「自分はちゃんとやっている」と言い張り、自分の仕事の仕方に問題があるとは思いません
上記の記事では「プライドが高かった」と表現されています。が、「プライドが高い」のではなく、「自分の至らない点を認識できない」または「受け入れられない」のでしょう
小中学校時に不登校となった時点で発達障害というケースを考え、しかるべく療育を受ければ多かれ少なけれ改善できたところがあったかもしれません
しかし、そのまま大人になってしまうと周囲との関係をこじらせるだけで(本人に発達障害との自覚がないので)、対立を深めたり孤立してしまう結果につながります
大人になってからでも心療内科を受診したりカウンセリングを受けるなどして、本人が発達障害だとの自覚を持ち、なぜ周りと上手くいかないのかを考えられるようになれば、改善のきっかけになる場合もあります
何でもかんでも発達障害とくくってしまうのもアレですが、自分の非を素直に認めて謝罪するという当たり前のことができない人というのが世の中には一定数、存在しています。プライドが高いのではなく、非を非として認識し受け入れる能力を欠いているのであり、周囲の人からは嫌われる要因です。なおかつ、自分は悪くないと思うので余計に厄介です。こうした認知の歪みが「自分ばかり悪く言われる」とか、「差別される」といった被害感情に結びつき、ついには「(相手を)殺すしかない」と思い込むに至るのだと、事件報道に接して推察した次第です

(関連記事)
たこ焼き店に「汗かくな」とクレームつける人
ファミマ土下座事件の顛末
ファミマ店員を土下座させたDQN客 速攻で逮捕される
「しまむら」土下座女に罰金30万円
「しまむら」で土下座強要の女逮捕される
スシロー事件 迷惑少年は高校自主退学
スシロー事件 ペロペロ少年に6700万円請求訴訟
くら寿司で迷惑行為 吉野凌雅被告を追起訴
くら寿司での迷惑行為で男女3人を逮捕 名古屋
くら寿司アルバイト 動画で炎上騒動
終わらないバカッターの夏 炎上騒動の後