美容外科医2人が女子高生に淫行し逮捕

医師になるには医学部に進学しなければならず、相応の学力が求められます。ただ、学力が高いとしても人格、資質とも優れているとは限りません。先に取り上げた滋賀医科大学の学生のように、ナンパして女性をモノにすることしか考えていないクズもいます
東京では花火大会から帰宅する途中の女子高生2人をナンパし、カラオケ店へ連れ込んでわいせつ行為をした容疑で、美容外科医の医師2人が逮捕されています


8月15日、警視庁葛飾署が不同意わいせつなどの疑いで再逮捕したのは元東京中央美容外科の医師・加納直樹容疑者(38)と湘南美容クリニックの同・小山忠宣容疑者(27)だ。2人は女子高生2人をカラオケ店に連れ込んだとして、7月27日にも未成年誘拐の疑いで逮捕されている。
「両容疑者は少女たちをカラオケ店に連れ込むと、ゲームと称し酒を飲ませて酔わせ、下半身を触ったりキスするなどのわいせつ行為に及んだようです。さらに加納容疑者は女子高生の1人をトイレに2回連れ出し、性的暴行を加えたとか。加納容疑者は黙秘し、小山容疑者は『酒を飲んでいたので記憶がありません』と犯行を否認しています」(全国紙社会部記者)
『FRIDAYデジタル』は8月1日配信の記事で、2人の医師が起こしたとされるわいせつ事件について詳しく報じている。再録して、卑劣な犯行の一部始終を振り返りたい(内容は一部修正しています)ーー。
◆1人は急性アルコール中毒に
「いくつ? 一緒に飲まない?」
男たちは少女の進路を遮り執拗に誘ったという。
誘ったのは、逮捕された加納容疑者と小山容疑者だ。2人は7月25日の夜10時半過ぎ、東京都葛飾区内で行われていた花火大会の会場から駅へ向かい帰宅途中だった女子高生2人に声をかけ、近くのカラオケ店に連れ込んだとみられている。
「女子高生たちは『10代の高校生ですから』と、誘いを断ったそうですが医師たちは彼女たちが帰ろうとするのを妨害。路上で酒を飲ませたうえ、強引にカラオケ店へ連れて行ったようです。カラオケ店でも何杯も酒を飲まされた女子高生たちは、身の危険を感じ約1時間後店から逃げ出します。しかし加納容疑者らは、再び少女たちを連れ戻し酒を飲ませたとか。
スキをみてトイレに入った女子高生の1人が、泣きながら母親へLINEや電話で助けを求めます。母親が警察へ110番通報したことで事件が発覚。1人の少女は酔い潰れ、急性アルコール中毒の疑いで病院に搬送されました。調べに対し医師たちは『ナンパが趣味だった』『お持ち帰りしたかった』と供述。『未成年とは知らなかった』と容疑の一部を否認しているそうです」(別の社会部記者)
(以下、略。FRIDAYの記事から引用)


記事には警察の取り調べに1人は黙秘し、1人は「酒を飲んでいて記憶がない」とすっとぼけているとあり、素直に犯行を認め反省する気はないのが分かります。おそらく弁護士を使って示談を持ちかけ、金を払って被害届を取り下げさせなかったことにする気なのでしょう
さて、逮捕された2人は新潟大学医学部の出身だそうです
経歴を転記しておくと、加納直樹は新潟大学医学部を卒業後、一宮市民病院小児科を経て津島市民病院救急科に勤務した後、東京中央美容外科に移っています。小山忠宣は新潟大学医学部卒業後、(公)豊島病院(泌尿器科、形成外科)勤務を経て湘南美容クリニックに移っています
公立病院で若手医師が過労死するまで働かされるというのは珍しくなく、そこから抜け出すために美容外科へ移る医師も少なくないのだとか
定時に帰宅できて当直もなく、給料も恵まれているとか、理由はあるのでしょう
医師の場合、有罪判決を受けると厚生労働省の医道審議会に付され、医業停止とか医師免許取消の処分を受けることになります。が、審議会は形骸化しているとの批判もあり、医師免許取消処分は滅多にありません。せいぜい医業停止1年とか、ぬるい処分を受けるだけです
診療報酬の不正請求に関わる犯罪の場合、保険医(医療保険による治療を行える資格)を取り消されるのですが、美容外科は元々保険適用外なので影響しません
なので、2人の医師はたとえ有罪判決を受けようとも、今後は医師としての仕事を続けられる(医業停止期間はあれど)のであり、どこかの美容外科へ移るだけです。痛くも痒くもないのでしょう。あとは被害者に100万円か200万円握らせ、黙らせて不起訴を狙うものと思われます
追記:2人の容疑者のうち1人は不起訴処分となっています。金を払って被害届を取り下げさせたのでしょう

(関連記事)
滋賀医科大学強姦事件 長田被告に懲役5年6月判決
滋賀医科大学強姦事件 懲役8年求刑
滋賀医科大学強姦事件 退学処分決定
信州大医学部生を強制性交容疑で逮捕
千葉大医学部集団強姦事件を考える 吉元被告に懲役6年求刑
千葉大医学部集団強姦事件を考える 山田被告に懲役3年実刑
千葉大医学部集団強姦事件を考える 増田・藤坂被告に有罪判決
千葉大医学部集団強姦事件を考える 逮捕者は名門家系の息子