実写「聖闘士星矢」爆死 東映は大打撃

相変わらず人気漫画、人気アニメを実写化して大コケをかます愚行を繰り返している映画会社です。なぜ同じ失敗を繰り返すのか、失敗してもまた同じことをするのか、映画会社の重役たちに訊きたいところです
ハリウッドで制作された実写映画「聖闘士星矢 The Beginning」が不人気だったと、当ブログでは5月に取り上げたところです
しかし、単なる不人気では済まず、東映の業績に大穴を開ける事態になったと「FLASH」が記事にしていますので取り上げます


2023年4月に公開された、映画『聖闘士星矢The Beginning』。主演は新田真剣佑、日本の人気漫画をハリウッドが実写化した期待作だった。新田の本格ハリウッドデビュー作であり、今後の海外進出における重要な鍵になると見ていた映画ファンも多かったが……。
「映画興業において最も重要とされる公開初週で、『聖闘士星矢』は国内観客動員数ランキング8位という結果でした。さらに2週めのランキングから圏外に……。日本発信の作品にもかかわらず、話題にのぼることはほとんどなく、各社で “爆死” と報じられています」(映画関係者)
同時期に公開された『スーパーマリオ』は世界的にヒットし、全世界の興行収入でアニメ映画の歴代2位に上りつめた。新田真剣佑としては相手が悪かったというほかないが、『聖闘士星矢』の日本での興行収入は、世界累計でも10億円に届かなかったといわれている。
こうした状況で大打撃を喰らったのが、出資元である「東映アニメーション」だ。というのも、今作は制作こそハリウッドだが、出資は100%東映アニメーションで、その額は6000万ドル(80億円超)と報じられている。
そんな大きな期待を背負った大作の “爆死” の悲痛が、2024年3月期第1四半期の決算短信に報告されている。
「同決算は、売上高こそ前年比1割程度の増益となっていますが、逆に営業利益は、20億9500万円(49%減)と半減しているんです。その要因は『聖闘士星矢The Beginning』の棚卸資産の評価損と明記されています」(同)
営業利益半減と書かれたこの短信を、濱崎税理士事務所代表の濱崎幸将氏が解説する。
「要するに『この作品で製作費の回収はできないと判断し、損失として処理した』ということです。
ここでいう “棚卸資産” というのは、『聖闘士星矢』の製作費を指すと思われます。通常はこの棚卸資産は、興行収入をはじめとする実際の売上に合わせて、『売上原価(売れた商品の仕入れや製造にかかった費用)』として計上されるものです。
ところが、今回は売上原価に計上せずに『評価損』、つまり製作費の回収が見込めないものとして損失があった、とされています。このことから、今後の売上を見込めないと東映アニメーションが判断したことがわかります」
濱崎税理士は、前年比で半減した営業収益の原因は、間違いなく『聖闘士星矢』の失敗にあると語る。
「同社は『ONE PIECE』『ドラゴンボール』『スラムダンク』『プリキュア』シリーズといった有力な作品群を抱えています。そこからの安定的な収益の確保・拡大を図った結果、第1四半期における売上高は、前年同期比10.1%増という結果を出しています。そちらは決して “失敗” していないのです。
にもかかわらず、『聖闘士星矢』の失敗で、営業利益が前年比49.0%減になったほか、親会社に帰属する純利益は31億2000万円で前年比22.4%減となっています。今回の決算短信を読む限り、他の作品の貢献をかなり打ち消していると感じました。
(FLASHの記事から引用)


東映の誰が「聖闘士星矢を実写化すれば大ヒット間違いなし。新田真剣佑主演で行きましょう」と言い出したのか?
犯人探しなどやっても仕方がないのですが。実写ではなく完全新作劇場版アニメーションでやったなら、そこそこのヒット作になったのでは、という気がします
映画会社(東映アニメーションではなく、親会社の東映)には、いまだに「アニメなんかじゃダメだ。実写こそ映画だ」との思い込みがあるのでしょう。そして新田真剣佑をハリウッドデビューさせ、スターに押し上げたいとの思惑も。本作が「聖闘士星矢The Beginning」のタイトルでしたので、続編も視野に入れた企画だったのでしょう
そもそも実写をハリウッドに丸投げする形にして、脚本すら検討・吟味していなかったのでは?
あまりに陳腐なストーリー(漫画・アニメとは別の設定)であり、原作ファンは楽しめたものではありません
こうやって原作を踏みにじっておきながら、「ほら、こっちの方が面白いだろ」とやるのがハリウッド流です。あのドラゴンボールの実写版にしても、原作者である鳥山明の意見はことごとく無視し、とんでもない駄作に仕立てたのがハリウッドです
なので日本のアニメーションファンは、「ハリウッドで実写化」と聞けば「爆死確定」と受け止めます

映画『聖闘士星矢 The Beginning』

(関連記事)
ハリウッド版「聖闘士星矢」大コケ
フランス人の好きな日本アニメ1位「聖闘士星矢」
「聖闘士星矢」劇場版が中国で大人気
山田涼介主演 実写版「鋼の錬金術師」大爆死
実写版「鋼の錬金術師」再び 前回はコケたのに
実写版「鋼の錬金術師」大コケ
映画「大怪獣のあとしまつ」は悪評だらけ
実写版「BLEACH」大コケ
実写版「ジョジョの奇妙な冒険」大コケ
実写化「岸辺露伴は動かない」成功した理由
漫画実写化は是か非か、を巡る議論
井筒監督「漫画を安易に映画化しすぎる」と批判
キムタク主演映画「無限の住人」大コケ
西内まりや主演映画「キューティーハニー」大コケ
ハリウッドの大コケ映画「スーパーマリオ・ブラザーズ」
映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」大コケで1億ドル損失?
ハリウッド版忠臣蔵「47 Ronin」が大コケ 175億円の損失
東映アニメーションがウェブトーン「高手」をアニメ化
日本アニメや良作を好む中国観客
「マッハGoGoGo」実写化で大コケのドタバタ