神戸6歳児遺棄事件 体に複数の打撲痕

6歳の男児がスーツケースに詰め込まれた遺体として発見された事件で、警察は既に死体遺棄容疑で逮捕している穂坂大地容疑者ら4人を殺人容疑で再逮捕する方針だと報じられています
虐待が疑われたケースであるのに、有効な手立てを講じることもなく6歳児を見殺しにしてしまった痛ましい事件です


神戸市西区の草むらで、近くに住む穂坂修ちゃん(6)の遺体が見つかった事件で、兵庫県警捜査1課と神戸西署は、死体遺棄などの疑いで逮捕した母親の沙喜容疑者(34)や叔父の大地容疑者(32)らきょうだい4人を、修ちゃんに対する殺人容疑で23日に逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。
他の2人は、修ちゃんの叔母に当たる朝美容疑者(30)と朝華容疑者(30)。
捜査関係者によると、きょうだい4人は共謀して6月中旬、神戸市西区玉津町居住(いすみ)の自宅で、修ちゃんの背中を多数回にわたって殴打するなどして殺害した疑いが持たれている。
捜査関係者によると、遺体のあざの状態などから、修ちゃんは継続的な虐待を受けていた可能性がある。司法解剖の結果、修ちゃんは6月19日ごろに外傷性ショックで死亡したとされ、県警は、4人が激しい暴行を加えて殺害し、同日夕に遺体を遺棄したとみている。
県警の調べでは、修ちゃんの祖母で同居する由美子さん(57)も同日、4人から鉄パイプのようなもので殴られるなどしたとされる。捜査関係者によると、凶器の可能性がある複数の棒を自宅から押収しており、県警は修ちゃんへの暴行にも使われた疑いがあるとみている。
修ちゃんの遺体は6月22日夕、自宅近くの草むらで、銀色のスーツケースに入った状態で見つかった。県警は同日、由美子さんに対する監禁と傷害の容疑で4人を逮捕し、7月13日に死体遺棄容疑で再逮捕した。
(神戸新聞の記事から引用)


別の記事では、「司法解剖の結果、外傷性ショックで同19日頃に死亡したとみられる。遺体には10か所以上の打撲痕があり、皮下出血が背中全体に広がり、凶器で激しく殴られた可能性がある」と書かれています
このため傷害致死ではなく、殺意をもって暴行を加えた殺人にあたると警察は判断したのでしょう
暴行を主導したのは大地容疑者と推測されるのですが、おそらく「殺すつもりはなかった」と主張して殺意を否認するものと予想します
母親である沙喜容疑者とその妹朝美容疑者、朝華容疑者はともに知的障害があるとして療育手帳が交付されているとの情報もありますが、等級は不明です。大地容疑者も知的障害があるのでしょうか?
知的障害の程度によっては殺人罪で起訴されても、刑事責任能力が限定的だとして刑の軽減が図られるケースがあります
本件では4人とも起訴前に精神鑑定を実施することになるのでしょう

(関連記事)
神戸6歳児遺棄事件 親族4人を傷害致死で起訴
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/503007877.html
神戸6歳児遺棄事件 児童相談所の対応
児童相談所がAI活用 保護見送ったら死亡
林真須美死刑囚の孫虐待死 「サインを見逃すな」
林真須美死刑囚の孫虐待死 県が検証委員会設置
車に幼い姉弟放置 児童相談所の怠慢指摘
大和市男児殺害 児童相談所「予見は困難」
大和市男児殺害 綾乃容疑者の凄惨な少女時代
大和市男児殺害 母親は代理ミュンヒハウゼン症候群か
鈴香被告、上告取り下げ 無期懲役が確定
秋田連続児童殺害 畠山鈴香受刑者の話
3歳児に熱湯を浴びせて殺害 摂津児童虐待の報告書
3歳児に熱湯を浴びせ殺害 摂津市「適切な対応した」
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告に懲役16年の判決
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親