神戸弘陵高生徒殺し 判決不服で控訴

神戸市北区の路上で男子高校生を殺害し、10年も逃げていた男が逮捕され懲役18年に判決が神戸地裁で言い渡されました。当ブログで事件を追いかけるのも1審有罪判決で終わるところです
判決の中で、「殺意はなかった」とする泉龍都被告の主張は退けられ、裁判官は「相当強い殺意があったと判断できる」と述べ、なおかつ弁護人が主張していた「犯行時は精神耗弱状態であって、善悪を判断する能力が低下していた」との言い分もあっさり否定しています
それでもなお控訴し、減刑を求める執念にはうんざりさせられます。罪を認め刑に服す気がないのでしょう
判決の背景などをレポートしているライターの記事がありましたので、取り上げます
まず、精神鑑定が2回行われ、そのうち1回目の精神鑑定では被告が犯行当時精神状態が不安定だったとの主張が否定され、詐病だったと指摘されています。これを踏まえて弁護側は2回目の精神鑑定を要求したところまで、当ブログでは触れたのですが、その結果がどうであったのかは報道が見当たりませんでした。なので、2回目は異なる鑑定結果が出て、何らかの精神障害を認めたものと解釈したのですが違っていました
ライターの神宮寺慎之介は以下のように書いています(赤字で表示します)

ただ被告側弁護士は、起訴前から被告が事件当時に心神耗弱だったという戦略をとった。
まず拘留中に、被告の精神鑑定を求める策に出た。裁判所はこれを許可をしたが、鑑定医は詐病であると断定。それでも弁護側は鑑定結果がおかしいとして再度精神鑑定を求めた。この2度目の鑑定も1度目と同じ鑑定書が出された。
それでも弁護側は戦略を変えなかった。なんと裁判でも証人として鑑定医を呼んで証人尋問を行ったのだ。
出廷した鑑定医は、パワーポイントを使いつつ、改めて「被告が心神耗弱状態でもなく、詐病をしているだけだ」とした。この理路整然とした説明に、裁判員や傍聴人は大きく頷いていた。ここが裁判の大きなポイントになったように思う。

精神科医2人が詐病だと鑑定しているのですから、これを否定するのは困難でしょう。控訴前に弁護人は3回目の精神鑑定を要求するのでしょうか?
心神耗弱による減刑を狙い、なおかつ「殺意はなかった」との主張で殺人ではなく傷害致死罪であると主張し、懲役8年が相当とした弁護側の思惑は崩れたのですが、控訴審でも同じ主張を展開するのでしょうか?

罪を犯していながら10年も逃げ回っていた被告は法廷で堤さんに申し訳ないことをしたと謝罪したが、敏さんは「中身のない形だけの謝罪で、心の底からの謝罪ではない」と怒りをヒートアップさせていた。
また、少年法による裁判だというのに、被告の父親からは未だ謝罪もない。父親は、自分の息子が犯人だったとは思ってもいなかったと法廷で証言しているのだが、状況的に考えて、この父親の証言は疑わしさがぬぐえない。少年法による裁判なので保護者の責任も問われることになるのだが、その意味で父親の証言からは責任を果たしていないような印象を受けた。

当時、泉被告は父親の実家である神戸市に住んでいました(犯行現場のすぐ近くです)。そして事件後、すぐに千葉県にいた実父の許へと引っ越しています。この急な転居に関して、父親は息子がなにかしでかしたのではないかと思わなかったのでしょうか?
神戸では高校卒業資格の検定を受けるため予備校に通っており、そこも急遽やめることになったわけで
よほど察しの悪い父親なのかもしれません。あるいは息子が事件を起こしたとの懸念を懐きながら、それを確かめようとしなかったのか
そして被害者遺族への謝罪もなく、賠償の話もないというのはおそらく弁護士が、「判決はまだ確定していない。判決が確定してから賠償の話をした方がよい」と制しているからではないかと想像します
殺人での賠償額と、傷害致死での賠償額とでは自ずと違いが出ますので、判決が確定するまで賠償の話はするな、というスタンスなのでしょう
その他、引用元記事にはメディアが報じていない細かな情報も含まれていますので、関心のある方は一読ください

神戸高校生刺殺事件、被告の「元少年」が法廷で遺族に見せた空疎な「謝罪」

(関連記事)
神戸弘陵高生徒殺し 泉被告の両親に賠償求め提訴
神戸弘陵高生徒殺し 9300万円賠償を被告に命じる
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/501371195.html
神戸弘陵高生徒殺し 懲役18年判決
神戸弘陵高生徒殺し 懲役20年の求刑
神戸弘陵高生徒殺し 被告の主張は矛盾だらけ
神戸弘陵高生徒殺し 鑑定医は精神障害を否定
神戸弘陵高生徒殺し 公判で殺意否認
神戸弘陵高生徒殺し 初公判を前に
神戸弘陵高生徒殺し 初公判は6月7日
神戸弘陵高生徒殺し 2度目の精神鑑定実施へ
神戸弘陵高生徒殺し 再度の精神鑑定要求
神戸弘陵高生徒殺し 少年扱いで匿名のまま公判か
神戸弘陵高生徒殺し 泉容疑者を起訴
神戸弘陵高生徒殺し 容疑者泉龍都は起訴されるのか?
神戸弘陵高生徒殺し 事件を小説に書いていた
神戸弘陵高生徒殺し 異様な素顔と書く「AERA」
神戸弘陵高生徒殺し 10年越しに犯人逮捕
岡山女児殺害事件を考える 14年間の捜査は?
岡山女児殺害事件を考える 未解決の女児殺害事件にも関与か
岡山女児殺害事件を考える 14年目で犯人特定
廿日市女子高生殺害事件 無期懲役判決
14年前の廿日市女子高生殺害事件で容疑者逮捕
今市女児殺害事件 勝又被告に無期懲役判決
今市女児殺害事件 犯行を示唆する手紙