ススキノ首なし遺体 事件から2週間も逮捕できず

7月2日に起きた札幌の首なし遺体事件から2週間になります。犯人は未だ特定されず、逮捕もされていません。犯人は自首する気もなく、逃げているのか、あるいはどこかで既に自殺している可能性も考えられます
まったく面識のない相手とホテルに行ったとは考えられませんので、過去に交流のあった人物が犯人だと思われます
警察は被害者の携帯電話の番号を手がかりに、通話相手を1つ1つ当たっているのでしょう。被害者が家族に内緒でもう1台、別の携帯電話を使っていたとも考えられます。女装趣味の仲間との連絡用に
が、ススキノでそれと知られた女装おじさんですから、電話番号やLINEのアドレスを交換していた人物から犯人に辿り着くのは時間の問題と思いたいところです


7月2日、札幌市中央区の繁華街であるススキノのホテルの室内で、首を切断された男性の遺体が見つかった事件。男性の頭部や所持品、衣服などはすべて犯人が現場から持ち去り、謎が多い猟奇的事件として多くの注目を集めている。が、発生から1週間以上がたった今も、犯人の特定や逮捕には至っていない。
「北海道警は札幌中央署に捜査本部を設置して、240人態勢で捜査を続けています。7月8日の深夜にも『どんなに小さなことでも知っていることはありますか』と、事件が起きたホテルの周りで通行人に聞き込みをしていましたが、捜査は難航しているようです。
犯人は被害者男性の携帯電話も持ち去っていましたが、ホテルを出るほぼ同時刻に電源が切られていたことがわかった。計画性の高い犯行で、犯人の性別すら特定に至っていない。警察は長期戦も覚悟して捜査を続けています」(社会部記者)
被害者は恵庭市の会社員・浦仁志さん(62)。事件当日、家族には行き先を告げないまま札幌市内で行なわれたディスコイベントに参加したことがわかっている。浦さんを知る当日のイベント参加者は言う。
「浦さんは受付を済ませ、会場ではレディー・ガガのような服だと思うんですけど、光沢のある衣装を着て目立っていた」
一方、地元の恵庭市に住む近隣の住民は、浦さんの印象について「真面目でおとなしい人だった」と口を揃える。同じ会社に勤めていた男性が語る。
「人に迷惑かけたり、恨まれようなこともないし、事件に巻き込まれるような人じゃなかった。室内の建材を製造する仕事で、勤務態度も問題なく真面目だった。お父さんも同じ会社に勤めていたから、親子二代で同じ会社。会社の行事の花見とかで飲んだこともあるけど、特に目立つようなことはなかったよ」
浦さんは5年前に、地元町内会の区長を務めていたことがわかっている。同じ町内会の女性が語る。
「役員は真面目に務めていらっしゃいましたが、前に出て発言したり積極的に活動に参加するというタイプではありませんでした。町内のお祭りで焼き鳥を焼く人が急遽必要になったときに、主人が浦さんに手伝ってもらったそうですが、仕事の話もほとんどしなかったと言っていました」
(中略)
そんななか、地元メディアの間では、事件の10日ほど前に札幌市内で起きた別の事件との関連性が話題になっている。地元紙社会部記者は言う。
「6月20日の夜、札幌市東区の住宅に、猫の死骸の頭部だけが放置されていた事件があった。猫の首が何者に切断されたかなど定かではありませんが、警察は動物愛護法違反の疑いで捜査していました。頭部切断という猟奇的な事件が続けて起こるなんてめったにないことなのですが……」
(NEWSポストセブンの記事から引用)


犯人は携帯電話を持ち去っています。携帯電話から自身の身元がバレるのを怖れたとも考えられますし、携帯電話の中に2人で撮った写真が保存されていたとも考えられます
後は自分の想像ですが、家族にも知られないよう女装趣味を続けてきたとすれば、衣装や化粧道具を保管するためどこかのアパートを借りていたとか、同じ趣味の人物の家を拠点にしていたのでは?
そこに女装愛好家が集まり、犯人もそこに出入りしていたとか。警察は犯人を女性と睨んでいるようですが、オカマにくっつくオナベという、女装趣味の男性を好む女性もいたりします
殺害するに至った原因は見当もつきません。それこそ推理小説作家でもないと、1つのまとまったストーリーとしてまとめるのは難しいのでしょう
記事の文末にあるネコの頭部切断ですが、本件と結びついていると断定するのは困難です。残念ながらネコの虐待、殺害は全国各地で起きており、そのすべてが猟奇殺人に結びついているわけではありません
本件がこのまま犯人検挙に至らず、迷宮入りとならないよう捜査員の奮闘を期待しましょう

(関連記事)
ススキノ首なし遺体 瑠奈容疑者を起訴の見込み
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/502450738.html
ススキノ首なし遺体 エディプスコンプレックス
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/500938576.html
ススキノ首なし遺体 親子3人を精神鑑定に
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/500494161.html
ススキノ首なし遺体 壊れた家庭が増えている?
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/500236317.html
ススキノ首なし遺体 家に押しかけた被害者
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/500176887.html
ススキノ首なし遺体 瑠奈容疑者の報復か?
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/500158051.html
ススキノ首なし遺体 容疑者親子逮捕
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/500139746.html
ススキノ首なし遺体 被害者の素顔
座間9人殺害事件を考える 死刑判決
座間9人殺害事件を考える 類似性ない特異なケース
座間9人殺害事件を考える 犯罪心理学者の見解
渋谷短大生バラバラ殺人(平成18年) 発達障害をどう裁くか
西成准看護師殺人事件を考える 無期懲役判決
西成准看護師殺害事件を考える 解離性同一性障害
大阪多重人格殺人で懲役16年の判決1 6つの人格
大阪多重人格殺人で懲役16年の判決2 人格障害認めるも有罪
高校に侵入しセーラー服姿に 服装倒錯という症状
相模原母親殺害 犯人は女装癖の息子
44歳教師 下着なしミニスカート姿で逮捕
女装して女湯に入り逮捕される事件を考える
殺人道化師ジョン・ゲーシーの数奇な人生