教師が下着泥棒 「被害届出すな」と校長

学校長や教育委員会は校内で教員による犯罪が行われていると知っても、それを警察に届け出ようとはしないのがしばしばです。その結果、生徒間のいじめが有耶無耶にされたり、教員によるわいせつ行為が隠蔽されるケースが散見されます
先日、当ブログで取り上げた土佐清水市立小学校教頭が、既婚者である女性臨時講師にしつこく不倫を迫った事案も、土佐清水市教育長がこの教頭を叱りつけて幕引きを図ったものの、教頭はなおも女性講師に言い寄ったため、ストレスを感じた女性講師は退職を余儀なくされました
これで教育長らが何の責任も問われないのであれば、改善など期待できません。市議会で責任を追及すべきでしょう
さて、本日は滋賀県守山市の小学校の事件を取り上げます。こちらも更衣室に侵入した男性教諭が女性教諭の下着を盗んでおり、犯罪です
にも関わらず、学校長と市教育委員会が被害を受けた女性教諭に「警察には被害届を出すな」と申し向け、隠蔽を図ろうとしています
教育委員会には教員への人事権はありますが、犯罪を捜査したり捜査を見送ったりする権限はありません。原則として公務員は犯罪があったと知った場合はこれを警察に届け出る義務を負っており、届け出ないと判断するのは大間違いです


滋賀県守山市の守山小学校で30代男性教諭=懲戒免職=が同僚女性の下着を盗んだとされる問題で、被害者の女性が事件発生後、当時の校長と市教育委員会から警察に被害届を出さないよう求められていたことが12日、分かった。市教委は「不適切だった」として女性に謝罪した。
市教委などによると、盗難は昨年6月16日に発生し、8日後に男性教諭が盗んだことが判明した。女性は被害届を出そうとしたが、校長から「児童や同僚への影響を考えて」と暗に警察へ届けないよう求められた。学校現場に警察が入ることなどによる混乱を懸念し、市教委との協議の上で校長が伝えたという。女性は納得できず、約7カ月後に被害届を提出し、男性教諭は窃盗容疑で書類送検されている。
今回の問題で市教委は滋賀県教委への報告を約7カ月間も怠ったとして県教委から口頭指導を受けた。公表時に報告遅れの理由を「被害者が被害届を出すか迷っていた」としたため女性が抗議。市教委が改めて聞き取り調査したという。
女性は京都新聞社の取材に「学校や市教委の中で何とかしようとする対応に間違いがあったと思う。被害届の提出は被害者が決めるもの。黙っておくことは子どものためにもならない」と話した。市教委の飯島秀子教育部長は「苦しい思いに寄り添えていなかった。申し訳ない」としている。
(京都新聞の記事から引用)


短い記事なので、これ以外にも何かあったのではないかという気がします。しかし、公表された部分のみで判断しても、守山市教育委員会の判断(誰がこんな間違った判断を下したのかが問題で、その責任を問う必要があります)は解せないものです
ヤフーニュースのコメント欄には元教員の書き込みがあり、「教育委員会が警察の介入を敬遠する姿勢は異常なほど」と表現しています
以前も書きましたが、昔は「教育現場は神聖な場であり、警察官と言えども学校内に立ち入ることはできない」との考えがあり、学内での犯罪があっても学校側が対処するのは当然であり、警察の介入は許すべきではないとする主張が公然と行われていたものです
しかし、校内暴力の激化によって教員だけでは対処できず、警察の介入を要請するケースが増えたこともあり、こうした考えを口にする教員は激減したと思います。ただ、一部にはまだ「学校内のことは学校が対処する」との古い考えを持つ校長、教育委員会幹部が残っているのでしょう
繰り返しになりますが、上記の件は教員による窃盗事件であり犯罪です。警察に被害届を出すのは当然であり、「被害届を出すな」と要請するのは間違いです。なおかつ、滋賀県教育委員会に対しても「本人が被害届を出すかどうか迷っていたため、報告が遅れた」と虚偽の説明をしていたのであり、この担当者の責任を厳しく問う必要があります
教育委員会にあって犯罪を隠蔽するような真似をしている職員は、犯罪者の片棒を担いでいるのですから、教育委員会から外して他の部署に配置換えするのが相当でしょう
守山市教育委員会職員が誰も責任を負わないようであれば、改善など期待できません
個人的には教育委員会制度はそろそろ廃止した方がよいのではないか、と思っています。役に立ちませんし、弊害が目につきます

(関連記事)
教師同士不倫 調査に応じない条件で和解・退職
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/502058008.html
高知県小学校教頭 既婚講師に交際迫り懲戒免職
高知県小学校教頭 既婚女性教師に不倫迫る
熊本小学生自殺 懲戒免職教師が不服申し立て
熊本小学生自殺 体罰繰り返した教諭を懲戒免職
「トラブルから逃げる中学校」厳しく糾弾する意見
茨城大付属小学校 いじめで紛糾で校長は逃げる
岩手不来方高バレー部員自殺 教育委員会職員を懲戒
岩手県立高体罰事件を考える 生徒の自殺
女子生徒数名にわいせつも担任を続けさせる 東京都
男子高校生を買春 神奈川県教育委員会主事を逮捕
児童ポルノで停職男を小学校講師に採用