自衛隊候補生 上官3人に発砲し2人死亡

陸上自衛隊守山駐屯地所属の自衛隊候補生(4月に入隊し、基本訓練を受けていた段階)が、岐阜市内の射撃訓練場で指導にあたっていた陸曹に向け小銃を撃ち、2人が死亡し1人が重傷を負う事件がありました
発泡した自衛隊候補生はその場で逮捕されています。18歳と報じられていますので、高校を卒業して陸上自衛隊入隊を志願したものと推測されます


14日、岐阜市にある陸上自衛隊の射撃場で実弾射撃訓練中に隊員が小銃で銃撃され3人が死傷した事件で、逮捕された自衛官候補生は、合わせて4発の弾を発射していたことが関係者への取材で分かりました。弾は連射ではなく、1発ずつ発射したということで、陸上自衛隊と警察が当時の状況をさらに詳しく調べています。
14日午前、岐阜市にある陸上自衛隊の日野基本射撃場で、実弾射撃訓練中に18歳の自衛官候補生が指導にあたっていた隊員3人に小銃を発砲し、2人が死亡、1人がけがをしました。
陸上自衛隊によりますと、3人の階級はいずれも陸曹で、52歳の隊員が胸を、25歳の隊員が脇腹を撃たれて死亡し、けがをした別の25歳の隊員は左足の太ももを撃たれたということです。
殺人未遂の疑いで逮捕された自衛官候補生は、射撃の順番を待っている際に合わせて4発の弾を発射していたことが関係者への取材で分かりました。最初に、25歳の隊員に1発撃ったあと、52歳の隊員に向けて2発発射し、最後に別の25歳の隊員に1発発射したということです。このうち最初と2番目に撃たれた隊員が死亡したということです。弾は連射ではなく、1発ずつ発射したということで、陸上自衛隊と警察が当時の状況をさらに詳しく調べています。
逮捕の候補生「52歳の教官が狙いだった」
警察の調べに対し候補生は「52歳の教官が狙いだった」と供述しているということです。
候補生は死亡した25歳の隊員への殺人未遂の疑いで逮捕されていますが、この隊員を銃で撃ったことは認める一方で、「殺害するつもりはなかった」という趣旨の供述をして殺意を否認していることが、捜査関係者への取材でわかりました。25歳の隊員について「自分と教官の間にいて妨げになっていたので撃った」と説明しているということです。
警察は15日に、容疑を殺人に切り替えて候補生の身柄を検察庁に送ることにしています。この候補生はことし4月に名古屋市の守山駐屯地に所属する第35普通科連隊に入隊していて、警察と自衛隊は事件に至るまでの教官との関係など動機について詳しく調べています。
自衛官らは防弾チョッキ着用せず
陸上自衛隊によりますと、今回の射撃訓練には自衛官候補生およそ70人のほか教官など指導にあたる自衛官およそ50人が参加していました。いずれも鉄製のヘルメットはつけていたものの、防弾チョッキは着用していなかったということです。陸上自衛隊は規則上、問題はなかったとしています。
(NHKの記事から引用)


自衛隊候補生として選抜するための試験はあるのでしょうが、人格や資質まで詳細に把握した上で採用するわけでもなく、候補生として訓練を受けされた上でふるい落とす方式なのではないかと想像します
そのため、いわゆる箸にも棒にもかからないような人物が含まれるケースが少なくないのでしょう
直近では長野県で高齢女性2人を刺殺した容疑者も大学中退後に自衛隊候補生でした。富山県で交番を襲って拳銃を奪い、これを乱射して警備員の男性を射殺した男も元自衛隊員でした
自衛隊の小銃は元より国防の任務のためであり、私怨で誰かを殺害するための道具ではありません
逮捕された18歳の候補生がどのような人物であったか、年齢からして報道は抑制され、個人情報が出てこない可能性があります。起訴されれば特定少年として氏名が公表されるのでしょうが
さて、過去に19歳の滋賀県警巡査が交番での勤務中に、上司を拳銃で射殺する事件がありました。求刑は懲役25年で判決は懲役22年でした。警察官が貸与されていた拳銃を使用して勤務時間中に上司を射殺したのですから、懲役25年の求刑は妥当でしょう。そこから3年割り引いた判決になったのは、上司の叱責にも原因があったと考慮されたのかもしれません
本件の場合、52歳の陸曹を殺害しようと決意するに至る原因、理由がどうであったのか?
ただし、事件はあくまでも候補生と指導を担当した陸曹との関係に起因するのであり、これを「Z世代は扱いが難しい」などと訳の分からない世代論に置き換え、論じる愚かな真似は止めてもらいたいところです

(関連記事)
自衛官候補生射殺事件 実名報道
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/500375567.html
自衛隊候補生発砲事件 荒んだ家庭で育つ
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/499729859.html
19歳警察官が上司を射殺 求刑は懲役25年
19歳警察官が上司を射殺 書類の書き直しが不満
19歳警察官が上司を射殺 不適格者を採用するなと社説
19歳警察官が上司を射殺 パワハラか?
富山交番襲撃犯 控訴審で差し戻し判決
富山交番襲撃犯 無期懲役判決
富山交番襲撃犯 2人を殺害し逮捕
大阪交番襲撃 控訴審で心神喪失認め無罪判決
大阪交番襲撃 異常な言動
大阪交番襲撃 容疑者確保し拳銃発見
大阪交番襲撃 拳銃強奪狙い
福島県警パワハラで警察官2人が自殺
中国人容疑者を射殺した警官に正当防衛判決
石灯籠で襲ってきた中国人を撃った警官に無罪判決