神戸弘陵高生徒殺し 鑑定医は精神障害を否定

神戸市内で男子高校生を刺殺した泉龍都被告の裁判が続いています
精神鑑定を担当した医師が出廷し、「事件当時、睡眠や食欲が通常通りで、精神状態に問題はなく、精神障害ではなかった」と説明し、裁判で被告が主張する幻聴や妄想については「精神障害や統合失調症を患っていたと偽っている可能性が極めて高く、刑の減免などを目的としている可能性がある」と述べました
ただ、泉被告の精神鑑定は2度行われており、上記の証言は最初に鑑定を担当した医師の言い分と思われます。もう1つの精神鑑定は泉被告が犯行当時、精神状態が悪化し心神耗弱の状態にあったとの見解を示しており、弁護側はこの鑑定書を根拠に減刑を求める構えです


13年前、神戸市で男子高校生を殺害した罪に問われている元少年の裁判で、精神鑑定を行った医師が「当時の被告は精神障害ではない」との結果を述べました。
元少年の30歳の被告は2010年、神戸市北区で高校2年の堤将太さん(当時16)を殺害した罪に問われ、裁判では、当時の精神状態が影響する刑事責任能力の程度が争点の1つとなっています。
3日目のこの日は、元少年に精神鑑定を行った医師が結果を報告し、「(元少年は)事件翌日には塾に通い、睡眠や食欲も通常通りで日常生活への影響はなかった。当時の被告人(元少年)は精神障害ではない」と結論付けました。
そのうえで、元少年が主張する幻聴や妄想については、「現実逃避や刑の減免が目的で、精神障害があるかのように装う"詐病"である可能性が非常に高い」と述べました。
裁判に参加した将太さんの父・敏さん(64)は…。
息子の将太さんを亡くした堤敏さん「(元少年は)ウソの上にウソを重ねて…というような。(元少年が)今まで言ってきたことは全部ウソやったなと。それが暴露されたと僕は思っています」
来週月曜日(12日)には敏さんら遺族5人の意見陳述などが予定されています。
(読売テレビの記事から引用)


何度も書いていますが、本件前に泉被告は青森県の高校に在学しており、女子生徒に刃物を突きつける事件を起こして退学になっています。これは精神異常による振る舞いではなく、女子生徒が他の男(ヤンキーだったようです)に好意を抱いていると知り、激高した上での行動だったと推測されます
当時、泉被告を診察した医師は「適応障害」との診断を下していますが、統合失調症の可能性なども検討した上で診断がつかず(断定するだけの材料が見られなかったのでしょう)、学校に適応できていない状態であるとして「適応障害」の名をつけたものと考えられます
なので、退学前から泉被告は相当に荒れた状態にあったと考えられ、神戸に移り住んだ後もヤンキー憎しの思いから折りたたみナイフを購入し、持ち歩いていたと推測されます
先述したように、弁護側の主張に沿う2度目の精神鑑定を巡って公判でやり取りがあるはずで、どのような展開になるか注目されます
堤将太さんの父親が言うように、泉被告は精神障害を装うことで己の罪から逃げている、と思わざるを得ません

(関連記事)
神戸弘陵高生徒殺し 泉被告の両親に賠償求め提訴
神戸弘陵高生徒殺し 賠償支払い命令に異議
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/501392093.html
神戸弘陵高生殺徒し 9300万円賠償を被告に命じる
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/501371195.html
神戸弘陵高生徒殺し 判決不服で控訴
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/500065552.html
神戸弘陵高生徒殺し 懲役18年判決
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/499808831.html
神戸弘陵高生徒殺し 懲役20年の求刑
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/499698863.html
神戸弘陵高生徒殺し 被告の主張は矛盾だらけ
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/499674432.html
神戸弘陵高生徒殺し 公判で殺意否認
神戸弘陵高生徒殺し 初公判を前に
神戸弘陵高生徒殺し 初公判は6月7日
神戸弘陵高生徒殺し 2度目の精神鑑定実施へ
神戸弘陵高生徒殺し 再度の精神鑑定要求
神戸弘陵高生徒殺し 少年扱いで匿名のまま公判か
神戸弘陵高生徒殺し 犯行時少年で現在は29歳
神戸弘陵高生徒殺し 泉容疑者を起訴
神戸弘陵高生徒殺し 容疑者泉龍都は起訴されるのか?
神戸弘陵高生徒殺し 事件を小説に書いていた
神戸弘陵高生徒殺し 異様な素顔と書く「AERA」
神戸弘陵高生徒殺し 10年越しに犯人逮捕
岡山女児殺害事件を考える 14年間の捜査は?
岡山女児殺害事件を考える 未解決の女児殺害事件にも関与か
岡山女児殺害事件を考える 14年目で犯人特定
廿日市女子高生殺害事件 無期懲役判決
14年前の廿日市女子高生殺害事件で容疑者逮捕
今市女児殺害事件 勝又被告に無期懲役判決
今市女児殺害事件 犯行を示唆する手紙