中国アニメ 獅子舞少年の物語を劇場版で公開

中国アニメはいまや日本を上回る数の新作(テレビアニメと劇場版アニメを併せて)を制作しています
その中でも年に数本は日本でテレビ放映されたり、映画館で公開されたりしているのですがヒットと呼べる状況にはありません
世界一アニメにうるさい日本の視聴者を満足させるだけの作品を作れていない、のが現状です
そして今度は中国伝統の獅子舞を題材にした劇場版アニメが5月から日本で公開されると報じられています


中国のアニメーション映画「雄獅少年/ライオン少年」が日本で5月26日に全国公開される。17日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)では、日本版本予告や声優陣を紹介する新浪電影の投稿にネットユーザーからさまざまな声が上がった。
同作は獅子舞を通して貧しい少年が成長していく姿を描く物語で、中国では2021年12月17日に公開された。微博アカウント・中国電影報道によると、その興行収入は2億4900万元(約48億円)。ドラマ・映画情報サイトの豆瓣(douban)では10点満点中8.3点というスコアを獲得している。
一方、日本では22年に限定上映されており、5月26日公開の日本語吹替版は主人公・チュンを花江夏樹が、主人公と同名のヒロイン・チュンを桜田ひよりが務めることが明らかになった。また、仲間のマオ役とワン公役は山口勝平と落合福嗣が、チュンの師匠のチアン役とその妻のアジェン役は山寺宏一と甲斐田裕子が担う。
(レコードチャイナの記事から引用)


有名声優を起用するのは、それだけ日本の観客にアピールしたいと企図しているからでしょう。日本の観客の中にはキャラクターの声を誰が担当しているかを注視し、劇場に足を運ぶマニアもいると読んで
その思惑があたるとは思えないのが残念なところです
こうして単発の劇場版アニメを公開しても、作品そのものに馴染みがないのですから、わざわざ映画館に足を運ぶ人はほとんどいません。テレビアニメを先行して放映し、その後に劇場版をもってくるのが日本のやり方です。あるいは人気を得た漫画やライトノベルをアニメ化する(既に一定数のファンがいてヒットが見込める)のも同様です。テレビアニメや漫画、小説といったベースなしにいきなり劇場版を出して観客を動員できるのはスタジオジブリや新海誠など、限られた作家だけです
さて話を戻してこの「雄獅少年/ライオン少年」ですが、内容は下に貼った予告編を御覧ください。中国アニメにしては手抜きもなく、真面目に作られているように見えます
随分と昔、この獅子舞を題材にした香港映画(実写)を見た記憶があります。作品のタイトルは覚えていませんが、2組の獅子が柱の上でカンフーの技を使って闘い、相手を倒すという内容でした
それだけ獅子舞は中国の人には馴染みのある伝統文化であり、題材なのでしょう
ただ、予告編を見る限りは男の子ばかりで、女の子が登場しません。つまりはボーイ・ミーツ・ガールの物語ではないと思われます
やはり作品の世界観を広げ、話に奥行きを出すにはボーイ・ミーツ・ガールの要素を盛り込む必要があるのでは?
新海誠作品のような「世界の危機を救う」話ではなくても、馴染み深い題材を用いて少年・少女の成長やときめきを描けば、そこそこ見られる作品になるわけで
中国はアニメに垂訓(こどもたちに教訓を与える内容)を求め、逆に少年少女の恋愛を描くのは禁止という制約があるため、話が作り辛くて大変です。そんなゴリゴリの共産党綱領みたいな規約を押しつけられたのでは、面白いアニメは作れません

アニメ映画『雄獅少年 少年とそらに舞う獅子』予告編

(関連記事)
中国紙「中国アニメが世界で評価され始めた」
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/500050643.html
日本アニメや良作を好む中国観客
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/499903751.html
東映アニメーションがウェブトーン「高手」をアニメ化
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/499580448.html
中国を席巻する日本の劇場版アニメ
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/498816361.html
中国アニメは日本を超えたのか?
「中国アニメがディズニーを駆逐する」という記事
日中合作アニメ「詩季織織」は新海誠の亜流
中国アニメの自信作「刺客伍六七」がダサい
アニメ「パリピ孔明」に興奮する中国
日本で大ヒット確実? 中国アニメ「白蛇:縁起」
中国アニメはなぜ日本でウケないのか?
中国アニメと日本アニメ 絶対に越えられない壁
中国アニメファンの「中国アニメがダメな理由」
中国アニメ「天官賜福」が日本で放映開始
「千と千尋」を超えるヒット 中国アニメ「哪吒之魔童降世」
「迷い道にいる日本アニメ」と書く中国メディア
中国サッカー劣るのは漫画「キャプテン翼」がないから
中国メディア 「キャプテン翼」から見る日本のスポーツ文化
「教訓」重視の中国アニメ ストーリーは後回し
文化強国目指す中国 実態はコンテンツの墓場
中国アニメ「一人之下」 日本でウケず自虐する中国人
成功を焦る中国アニメ 世界的なヒット作はなく