寝屋川強盗刺殺事件 男女にぞれぞれ懲役22年、20年判決

大阪府寝屋川市で昨年3月、専門学校生の男性(当時20歳)を大麻取引を装って呼び出し、刃物で刺殺した上で現金入りバッグを奪った強盗致死事件の判決を取り上げます
先に起訴されていた岩川榛(はる)被告が懲役9年以上15年以下の不定期刑判決を受けた件は当ブログに書いたところです。その他の共犯者3人の判決が出揃いました
光亮斗被告には懲役22年、持田多嶺被告には懲役20年の判決が出ており、もう1人特定少年として実名報道されていた阿世知(あせち)雅斗被告は懲役10年以上15年以下の不定期刑判決となりました


大阪府寝屋川市で3月、専門学校生=当時(20)=を刃物で死亡させて現金を奪ったとして、強盗致死罪に問われた、いずれも無職の光亮斗(ひかり・あきと)被告(21)と持田多嶺(たね)被告(22)の裁判員裁判の判決公判が22日、大阪地裁で開かれた。坂口裕俊裁判長は光被告に懲役22年(求刑懲役25年)、持田被告に懲役20年(同25年)を言い渡した。光被告は麻薬取締法違反罪にも問われていた。
両被告と共謀したと認定された事件当時18歳と19歳の男2人は、起訴の際、改正少年法に基づいて実名が公表された。
判決によると、4人は3月1日深夜、寝屋川市の路上で専門学校生に催涙スプレーや警棒で暴行した上、刃物で背中を突き刺して死亡させ、現金約13万円などが入ったバッグを奪った。
(産経新聞の記事から引用)

去年3月、大阪府寝屋川市で、男性を刃物で刺して現金などを奪った罪に問われている19歳の男の初公判が大阪地裁で始まりました。
起訴状などによりますと、19歳の無職の男は去年3月、男女3人と共謀し、大阪府寝屋川市で専門学校生の男性の背中を刃物で刺して死亡させ、現金約13万円などが入ったバッグなどを奪った強盗致死などの罪に問われています。
8日の初公判で男は「間違いありません」と起訴内容を認めました。
検察側は冒頭陳述で「計画的な犯行。共犯者と準備した警棒などを使って被害者に暴行を加え、死亡させたという結果は極めて重大」と指摘。
一方の弁護側は、「被告は現場から逃走するまで、共犯者がナイフで刺したことを知らなかったので、被害者の死亡は予想外の出来事で、量刑に酌むべき事情がある」と主張しました。
判決は今月17日に言い渡される予定です。
罪に問われたもう一人の「特定少年」に対しては去年10月、懲役9年から15年の不定期刑が言い渡されています。
追記:判決は懲役10年以上15年以下の不定期刑。
(MBSニュースの記事から引用)


光亮斗被告と持田多嶺被告は車に乗ったままで、直接の強盗行為には加担していなかったものの、犯行を計画し指示しており共犯関係が成立するとして22年と20年の懲役刑となりました。昨今のルフィ強盗団などのように、「強盗くらいどうってことない」と軽い気持ちで犯行に至る者が見られるわけですが、重い刑罰を科せられると理解しなければなりません
また、未成年者であっても懲役10年以上15年以下の不定期刑であり、これも少年院送致とは比べ物にならない重い刑罰です
本件は大麻を大量に購入してこれを転売しようとした被害者の側にも問題があったわけですが、だからといって刑罰が割り引かれたりはしていません。裁判の場で、「大麻購入を図った被害者も悪い」と主張をしても通用しません
罪名が強盗殺人ではなく、強盗致傷だったのでこの量刑になったのであり、強盗殺人罪に問われていたのであれば、さらに4年増しくらいの量刑になっていたはずです(不定期刑の上限は15年ですから、今回の懲役10年以上15年以下の判決は上限に当たります)

(関連記事)
寝屋川強盗刺殺事件 懲役9年以上15年以下の不定期刑
寝屋川強盗刺殺事件 公判で19歳被告犯行認める
寝屋川強盗刺殺事件 18歳と19歳被告の実名公表
寝屋川強盗刺殺事件 刺殺の19歳少年は検察官送致
寝屋川強盗刺殺事件 殺意なしとして強盗致傷事件に
寝屋川強盗刺殺事件 自称ラッパーの女逮捕
福島祖母殺害 初公判で殺意否認する19歳
福島祖母殺害 19歳を検察官送致
青梅強盗殺人 懲役24年と20年の判決
青梅強盗殺人 アタッシュケースに多額の現金
甲子園優勝校主将 強盗で懲役5年判決
甲子園優勝校主将が強盗で逮捕
茂原強盗殺人事件を考える 主犯は無期懲役、従犯は?
茂原強盗殺人事件を考える 少年3人を逮捕
アポ電強盗殺人 懲役28年から27年の刑
ビットコイン強盗殺人事件 主犯は無期懲役
ビットコイン殺人 共犯少年に懲役18年の判決
事件から16年後出頭 足立区強盗殺人で無期懲役判決
事件から16年後出頭 足立区強盗殺人