京都女学生タリウム殺人 イベント会社社長逮捕

先日、「不倫の先に幸せなどない」と書いたところです。不倫関係を清算しようとしてこじれ、殺害に至る事件が数多く繰り返されているわけですが、それでも不倫に走る人はなくなりません。他人の失敗など意に介さず、自分だけは不倫でも幸せになれると信じ突っ走るのでしょうか?
さて、京都のイベント会社経営者が愛人である立命館大法学部の女子学生にタリウムを飲ませ、殺害した容疑で逮捕されています
立命館大学の法学部では、「不倫に走る男はクズであり、将来的に愛人を殺そうとする犯罪者予備軍である」と教えていないのでしょうか?
また、殺害された女子学生は「不倫の先に幸せがある」と信じていたのか気になるところです
それにしても不倫殺人が続くと、胸焼けしそうです


〈京都・女子大生タリウム殺人事件〉逮捕された男は「舞妓ビジネス」を手掛けるやり手経営者。「一族が1億円でお茶屋を買い取った」「妻帯者で子どもを可愛がっていたのに…」被害女子大生との接点も判明!
「舞妓遊びを懐石料理と共に」こんなキャッチコピーで京都の舞妓遊びをプロデュースしていた花街の“顔役”が女子大生を毒殺した疑いが強まった。大阪府警捜査1課は3月3日、京都市左京区の不動産賃貸業、宮本一希容疑者(37)を殺人容疑で逮捕した。
タリウム中毒による急性呼吸窮迫症候群が死因
大阪府警捜査1課は3月3日、立命館大3年生だった浜野日菜子さん(当時21歳)に劇物のタリウムを投与して死に至らしめたとして、京都市左京区の不動産賃貸業、宮本一希容疑者(37)を殺人容疑で逮捕した。浜野さんは宮本容疑者が副業で経営しているイベント企画会社でアルバイトスタッフとして働いていた。宮本容疑者は容疑について黙秘しており、府警はタリウムの入手経路や動機などの捜査を進めている。
宮本容疑者は昨年10月12日午前、同市北区のマンションの浜野さんの自室で犯行に及んだとみられ、体調の急変した浜野さんは救急搬送された大阪府内の病院で3日後の同15日に死亡した。症状の推移などから不審に思った医師の通報を受けた府警が司法解剖したところ、尿などからタリウムを検出。タリウム中毒による急性呼吸窮迫症候群が死因と断定し、捜査を続けていた。
調べによると二人は昨年10月11日に京都市内の飲食店で食事をした後、浜野さん宅に移動して飲酒を続けており、任意聴取の段階では宮本容疑者は「一緒に酒を飲んでいたら浜野さんが急に咳き込み始めたので看病していた。朝になっても症状が改善しないので彼女の母親に連絡した」と説明していた。
タリウムは殺鼠剤などに使用される重金属。常温では非常に柔らかい固体で毒性が強く、硫酸タリウムや酢酸タリウムなど一部の化合物は劇物指定され、18歳未満への販売制限がある。成人の致死量は約1グラムで、過去にもタリウムを使った事件が起きている。
(中略)
宮本容疑者は東京の大手企業で勤めた後、京都に里帰りし親族の事業を継いだ。不動産業の傍ら2020年に観光客向けのイベント企画などを目的とした会社を設立。京都五花街の一つ、宮川町の置屋(お茶屋)を親族と共に買い取り、京都市中京区に料亭を開業、芸舞妓のお座敷付きの「舞妓ディナー」などの事業を始めた。
宮川町には宿泊施設も構えており、舞妓ショーや舞妓ツアーなどのイベントも手がけてきた。被害者の浜野さんは大阪府出身で、立命館大進学後に一人暮らしを始め、宮川容疑者が手掛ける会社でアルバイトをするようになったという。
(以下、略)


記事にもあるようにタリウムの化合物は販売が規制されており、誰でも入手可能というわけではありません。が、事業所などですでにタリウムを購入して保管しているところもあり、譲渡を受けて入手する途もあります。宮本容疑者は警察の捜査を予見した上で簡単にバレないよう、入手ルートにも工夫を凝らしたのでしょう
ただ、浜野さんの吐瀉物や尿から早々とタリウムが検出されるとまでは考えていなかったのでは?
亡くなった浜野さんの体内からタリウムが検出されたからには、故意による毒殺であり、嫌疑がかかるのは宮本容疑者しかいません。見ず知らずの第三者が偶然、浜野さんにタリウムを投与して殺害しようとした…などと考えるのは荒唐無稽です。愛人として浜野さんを利用してきたものの、浜野さんから「奥さんと別れて」と要求され、殺害を企図したのか?
他方で、浜野さんは裕福な企業経営者の男性とのデートに舞い上がり、「運命の出会い」とでも思いこんでしまったのか?
自分だけに訪れた「幸せになる機会」に、冷静な判断ができなくなり、不倫関係にのめり込んでしまったのかもしれません。が、浜野さんが殺害されてしまった以上、彼女の口から聞き出すことはできないのであり、宮本容疑者の供述を待つしかありません(おそらく、本当のことは言わないのであり、自分に都合よく話を作り換えるのでしょう)

(関連記事)
京都女学生タリウム殺人 余罪ボロボロと
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/501537925.html
京都女学生タリウム殺人 タリウム入手ルート判明
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/499707420.html
京都女学生タリウム殺人 叔母殺害未遂で再逮捕
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/499494418.html
京都女学生タリウム殺人 叔母殺害の疑いも
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/498726075.html
京都女学生タリウム殺人 宮本容疑者の疑惑次々と
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/498508840.html
名古屋大女学生殺人を考える8 無期懲役判決
名古屋大女学生殺人を考える6 初公判で無罪を主張
名古屋大女学生殺人を考える4 大内万里亜容疑者
名古屋大女学生殺人を考える2 有識者のコメント
沼津殺人バラバラ事件 不倫男とシングルマザー
沼津殺人バラバラ事件 殺害認める供述
沼津殺人バラバラ事件 土屋容疑者逮捕
帯広女性教諭殺害事件 不倫関係の有無
帯広女性教諭殺害事件 元同僚の教師逮捕
長野県議会議員 妻殺害後も飲み歩き
長野県議会議員 不倫を繰り返した丸山容疑者
長野県議会議員 妻殺害で逮捕
千葉妻殺し裁判 夫に懲役21年判決
千葉妻殺し裁判 親権争いが殺人に
千葉妻殺し裁判 夫に懲役25年求刑
不倫の果て 菅井優子被告に無期懲役判決
不倫の果て 殺人に放火保険金詐欺で懲役30年