経済産業省官僚ドラッグレイプで再逮捕

経済産業省出身の総理秘書官が同性愛者を差別する発言で更迭され、役所のイメージがガタ落ちです。さらに、経済産業省の官僚佐藤大容疑者が昨年のクリスマスの夜、デート中に女性の飲み物に睡眠導入剤を異混入させて意識朦朧となったところをホテルに連れ込んでレイプした疑いで逮捕されており、さらに評判を落としているところです
その佐藤大容疑者に余罪が発覚し、再逮捕されたと報じられています


港区のバーで薬物混入か
経済産業省のキャリア職員・佐藤大容疑者(32)は、去年11月20日夜から翌21日にかけて、東京・港区のバーで、知人の20代の女性に、睡眠薬入りの飲み物を飲ませて、抵抗できないような状態にした上で、ホテルに連れ込み、わいせつな行為をしようとした疑いが持たれている。逮捕容疑は、準強制わいせつ。
佐藤容疑者は、先月、同じ女性に対する準強制わいせつ容疑で逮捕されていた。去年のクリスマスの夜、東京・足立区のネットカフェの個室で、この女性に、睡眠薬を混ぜた飲み物を飲ませて、意識をもうろとさせた上で、わいせつな行為をしたとされている。
1回目の逮捕の後、被害者の女性が、佐藤容疑者との付き合いを振り返ったところ、去年11月20日の夜の”出来事”を思い出したという。この日、女性は、初めて、佐藤容疑者と酒食をともにしたのだった。
突然”サシ飲み”に
もともと数人で食事をする予定だったが、佐藤容疑者から、「同席する人が来られなくなった」と連絡があり、2人きりの”サシ飲み”になったそうだ。一軒目は港区の焼き肉店。それから近くのバーに移動。そこで、女性が席を立った隙に、飲み物に睡眠薬が混入されたとみられている。
女性によると「強烈な眠気がきて、急に記憶が途切れ途切れになった」とのこと。その後、佐藤容疑者は、バーから2キロほど離れたホテルに、女性を連れ込んだが、犯行は未遂に思わっている。
この日の”出来事”について、当初、女性は、「酒に酔っていたと思っていた」とのこと。しかし、事件が明らかになり、改めて、警視庁に被害を訴え出たという。女性の体内からは、クリスマスの夜に起きた事件と同じ睡眠薬の成分が検出されている。
留置場暮らしも「有給消化中」
佐藤容疑者をめぐっては、既報の通り、複数の知人女性から、同じような”デートレイプドラッグ”被害の相談が寄せられている。警視庁は、今後も、余罪を追及する方針だ。
なお、キャリア官僚の佐藤容疑者は、事件発覚後、貿易経済協力局 技術・人材協力課から、秘書課付けとなった。現在、逮捕勾留され、留置場暮らしの身分だが、勤務の扱いは「有給消化中」だという。
(FNNプライムオンラインの記事から引用)


複数の女性が被害の相談をしているとありますので、佐藤容疑者は今後も複数回逮捕され、その後で起訴となるのでしょう。果たしてどれくらいの件数になるのか
なお、記事の末文には「有給消化中」と書かれているのですが、誤解を招く書き方です。公務員の場合は有給休暇ではなく年次休暇です
年次休暇は「勤務を要しない日」の扱いになるだけであり、1日分の日給がもらえるわけではありません(欠勤した場合は1日分の日給が減額されるのですが、年次休暇の場合は月額の俸給にプラスマイナスが発生しないという理屈です)
なお、公務員が起訴された場合は起訴休職扱いになって俸給は支給されません。経済産業省としては起訴され、初公判で起訴事実を認めたなら懲戒解雇処分にするつもりなのでしょう。本音ではさっさと懲戒免職処分にしたいところですが、裁判で有罪判決が出るまでは公務員としての身分は失われない規定になっています。なお、本人が辞職願を出しても、裁判の結果次第で懲戒免職にする必要がありますので、辞職願を受理して依願退職扱いにはできないのです(依願退職=自己都合退職を認めると退職金が支給されます)
佐藤容疑者が今後、再逮捕を繰り返していけば年次休暇は消化してなくなりますので、以降は欠勤の扱いになります。起訴後は先に書いたとおり、起訴休職扱いです
カリフォルニア州立大学(UCLA)から慶応大学を経て経済産業省官僚という経歴ですが、中身はクズの性犯罪者です。経歴に釣られて交際した女性を性処理の道具扱いしていたわけであり、余罪が複数件あるとなれば示談成立で不起訴というわけにはいかないと思われます

(関連記事)
経済産業省官僚ドラッグレイプ裁判 懲役10年判決
経済産業省官僚ドラッグレイプ裁判 懲役13年求刑
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/502793165.html
経済産業省官僚 ドラッグレイプで4回目の逮捕
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/498977105.html
経済産業省官僚がドラッグ盛ってわいせつ行為 逮捕
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/497078779.html
就活生を強姦 リクリート子会社社員は公判中
就活生を強姦 リクルート子会社丸田被告裁判の行方
就活生を強姦 リクルート子会社社員は懲役20年?
就活生を強姦 リクルート子会社社員10回目の逮捕
就活生を強姦 リクルート子会社社員の公判始まる
就活生を強姦 リクルート子会社社員逮捕
都城高専職員 性的暴行で懲役23年判決
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/502821518.html
都城高専職員 性的暴行で懲役30年求刑
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/502811279.html
三菱UFJ銀行員 薬物レイプで懲役22年判決
就活女子大生レイプの住友商事社員はどうなったか?
住友商事元社員(慶大出)を就活生への強制わいせつで再逮捕
住友商事社員(慶大出)が就活生を強姦
山川穂高の不倫・レイプ報道 その2
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/499334606.html
山川穂高の不倫・レイプで激震
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/499320276.html
室井佑月 不同意性交罪に猛反対