劇場版「スラムダンク」に熱狂する韓国

日本を引き合いに出し、「日本の映画はダメ。今は韓国映画の時代」などと言ってのける韓国メディアですが、公開された劇場版「THE FIRST SLAM DUNK」が多くの観客を集めている事実は無視できないようです


小売り大手の新世界グループが運営するインターネット通販サイト「SSGドットコム」は、映画の封切りから1週間後の11日から18日までの売上データを分析した結果、バスケットボール用品の売上高が前年同期比26%増加したと明らかにした。
同サイトの漫画カテゴリーでも、原作漫画の全巻セットが売り上げ1位を記録するなど注目されている。
インターネット通販サイトのGマーケット・オークションがバスケットボール関連商品の売り上げの伸び率を分析した結果、シューズが488%で最も高く、ウエア(350%)、バスケットボール用品(92%)、バッグ(32%)の順だった。
漫画本の注文は前年同期比1057%増加し、映画公開の影響が顕著に表れた。
SNS(交流サイト)では「スラムダンク全集」「スラムダンクフィギュア」「ザ・ファーストスラムダンク」などのハッシュタグをつけた投稿が多数確認できる。
現代百貨店は、ソウル・汝矣島のザ・現代ソウルで26日から来月7日までSLAM DUNKのポップアップストアを展開。限定版フィギュアやユニフォームなど約200種のグッズを販売する。
このほか、アクセサリーメーカーの「SMITH&LEATHER」はスマートフォンケース、パスポートケース、キーホルダーなど約60種、プレミアムカジュアルブランド「AECAWHITE」は衣類や雑貨など約20種のキャラクター商品を販売する。
「THE FIRST SLAM DUNK」は韓国で公開されてから2週間で観客動員数100万人を突破し、観客100万人を超えた今年初の映画となった。
仁荷大消費者学科の李銀姫(イ・ウンヒ)教授は「1990年代にスラムダンクを楽しんでいた世代が中高年になり、高い購買力でバスケットボール用品の消費をリードしているとみられる」と説明した。
(聯合ニュースの記事から引用)


「スラムダンク」の漫画が韓国で出版された頃、日本文化は大きく制限されていた時代でしたが、中高生が熱狂してこれを読んでいました。そんな彼らが30年経って大人になり、映画館に足を運んでいるわけです
韓国もアニメでは負けていない、などと韓国メディアは書きますが、これだけインパクトを与えられる作品は韓国アニメの中に存在しません
スポーツ漫画とアニメは日本の独壇場といえる分野で、海外にはスポ根漫画と呼べるようなジャンルは存在しないと言えるほどです。最近になって中国でスポーツを題材にしたアニメが作られていますが、つまらない作品です
最新の中国アニメにバスケットボールを題材にした作品がありますんで、予告編を貼っておきます。まあ、「黒子のバスケ」を換骨奪胎したような画になっています

「左手上篮」

日本国内の話になりますが、年末年始の映画興行で「アバター」を押しのけ、劇場版アニメーションが上位を占める興行結果を残しています。
「ONE PIECE FILM RED」は興行収入193億円、「すずめの戸締まり」は興行収入128億円、「THE FIRST SLAM DUNK」が興行収入89億円となっており、100億円突破は時間の問題でしょう。国内でこれだけ稼げるコンテンツの力というのは圧倒的です。実写映画がダメとは言いませんが、興行収入10億円を超えれば大ヒット扱いされるのが今の日本映画の水準です。そこに届かない実写作品が数多くあるわけで
日本のアニメーションの力というのは観客によって支えられているのだな、とまじまじと感じます

(関連記事)
中国で「SLAM DUNK」がウケた理由 自己像探求
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/501786520.html
中国ではなぜ「SLAM DUNKが作れないのか」という記事
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/499320744.html
「スラムダンクと反日主義」 韓国紙コラム
「SLAM DUNK」は日本帝国主義の野望 韓国メディア
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/498770602.html
映画「スラムダンク/THE FIRST SLAM DUNK」公開
「SLAM DUNK」の劇場版アニメ化
「黒子のバスケ」脅迫事件その後2 同性愛指向
「黒子のバスケ」脅迫事件その後
「秋葉原事件」加藤智大が「黒バス脅迫事件」を語る
「黒子のバスケ」脅迫事件 被告の手記がうざい
「黒子のバスケ」脅迫犯 犯行の背景
「黒子のバスケ」脅迫事件 「負けました」を考える
「黒子のバスケ」脅迫男を逮捕
「黒子のバスケ」脅迫事件の犯人像 その2
「黒子のバスケ」脅迫事件の犯人像 その1
韓国映画惨敗で日本アニメは人気の理由 韓国コラム
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/501654732.html
アメリカに野球マンガはない 文春オンライン
WBC準優勝記念 韓国の野球アニメ「Rolling Stars」
インドで「巨人の星」をリメイク、放送を目指す講談社
インド版「巨人の星」 視聴率は0.2%だった
中国メディア 「キャプテン翼」から見る日本のスポーツ文化
中国サッカー劣るのは漫画「キャプテン翼」がないから
イタリアの少女たちのあこがれ 「アタックNo.1」
大ヒット映画「アバター2」を負かす日本アニメ
アメリカ映画「シャザム2!~神々の怒り~」大コケ