「韓国ウェブトゥーン人気に日本漫画負ける」 韓国メディア

またいつものように「韓国のウェブトーン(縦読みのインターネット配信漫画)の人気が凄いニダ。日本の漫画に勝ったニダよ」と宣伝する報道です。まあ、嘘を並べているのですから報道と呼ぶに値しないのですが
韓国の日刊紙「中央日報」の記事で、韓国のウェブトーンの売上が好調であり、それに比べて日本の漫画は売上を落としているという内容です
ところが記事で引用している数字は実際の日本漫画の売上とはかけ離れており、嘘を並べてウェブトーン人気を煽っていると分かります。こんな事実と異なる記事を配信して恥ずかしくないのでしょうか(恥ずかしいと思ったら韓国人などやっていられないのでしょう)


日本の漫画産業がデジタル時代に合わせて登場した韓国のウェブトゥーンに遮られてその輝きを失っていると、英国時事週刊誌「エコノミスト」が10日付の最新号で評価した。
「韓国ウェブトゥーンに遮られる日本の漫画」と題するこの記事によると、昨年漫画出版市場の規模は2650億円(約19億ドル)で2.3%減となった。
反面、世界ウェブトゥーン市場規模はすでに37億ドルに達しており、2030年には56億ドル規模に急成長するという見通しが出ているとエコノミストは伝えた。
エコノミストは『梨泰院(イテウォン)クラス』のような韓国ウェブトゥーンが日本の読者からも支持を受けているが、1960年代以降、変化もなく以前の方式を守ってきた漫画産業の保守的な構造がこのような対照的な状況を作り出したと指摘した。
同時に韓国の成功をまねようとする日本政府の対外文化分野政策「クールジャパン」は失敗作となり、近い将来捨てられる可能性もあるとエコノミストは診断した。
一方でエコノミストは、井上雄彦の『バガボンド』、三浦建太郎の『ベルセルク』などの作品を例に挙げて漫画は複雑なストーリーを伝えることができる構造、繊細な絵などの強みを守ってきたと伝えた。
だが、エコノミストは日本の漫画の未来に対する不安は相変わらずあるとし、日本の有名漫画雑誌「週刊少年マガジン」の読者は平均年齢帯がすでに30歳を超えるほどで、漫画は高齢化問題に直面していると指摘した。
(中央日報の記事から引用)


日本の漫画の売上は2650億円ではなく、6759億円が正しい数字となります。ちなみに日本アニメの国内外での売上は2兆7500億円です。正確な情報に基づく数字を挙げないと話になりません
そして記事にあるところの「世界ウェブトーン市場規模は37億ドル」ですが、中身は韓国の漫画作品だけでなく日本の漫画作品をウェブトーンとして配信した分も含まれています。なので、韓国の漫画作品だけの売上はもっと少なくなります
比較対象できない数字を挙げて、いかにも「韓国の勝ち」だと読者に印象付ける狙いが透けて見えます
なので、「何を勝った気でいるのやら?」と言いたく成る記事です
例えば「SLAM DUNK」はコミックの累計売上部数が1億2000万部であり、1冊400円換算なら400億円という規模です。ドラゴンボールなら累計1億6000万部ですから、およそ640億円の売上になります。これだけのコンテンツを韓国がウェブトーンで配信できているとは考えられないのであり、比べる気にもなりません
妙な小細工で数字を操作し、「勝った」感を記事にするのではなく、個々の作品魅力で勝負してもらいたいものです
加えて指摘すると、「少年マガジン」の購読層が高齢化したから何なんでしょうか?
高齢化してもあと10年、20年と読者であり続けるのなら何の問題もありません。そのうち、紙媒体から電子媒体に移行するとは思いますが、日本の漫画の購読スタイルが変化するというだけの話であって、「韓国のウェブトーンが勝った」という話にはなりません

(関連記事)
日本アニメ売上2兆92百億円 韓国アニメは8百億円
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/501836243.html
ホリエモン「日本の漫画は遅れてる」
漫画家浦沢直樹 「ウェブトーンは退化」と指摘
「マンガ」が「ウェブトゥーン」に敗れる日
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/496268676.html
ウェブトーン? 日本の漫画バカ売れ
縦読み漫画 ウェブトーンは流行るのか?
「韓ドラの次はウェブ漫画が来る」という記事
マンガ強国をあきらめきれない韓国
「韓国デジタル・マンファが急成長」と報じるメディア
マンファを売り込もうとする韓国
「韓国はいかに日本漫画を受容したか」論を読む
アメリカで売れている漫画家 2021年ランキング
なぜ漫画は世界規模の文化製品になったか 仏誌の記事
「日本漫画の時代は終わった」と報じたメディア
イギリスで「日本漫画大討論会」
アニメ「神之塔」の評価は
韓国の人気漫画「神之塔」アニメ化も放送予定は?
ロンドンの日本漫画展に嫉妬する韓国
韓国ドラマ市場 不人気で崩壊寸前