熊本小学生自殺 体罰繰り返した教諭を懲戒免職

小学校6年生時に担任教師から繰り返し体罰や嫌がらせを受けた児童がその後自殺した問題で、熊本市教育委員会はこの教師吉野浩一を懲戒免職処分にすると発表しています。なお、吉野元教諭の上司についても監督責任を問い処分する方針なのだとか
しかし、吉野元教師は5年間に42件もの体罰や暴言を繰り返しており、教育委員会が認定しなかった体罰や暴言はまだまだあるのでしょう。保護者からは市教育委員会に吉野元教師の不適切な指導について告発もされていたのであり、放置してきた市教育委員会の責任こそ重大です。吉野元教諭の上司の監督責任を問うのであれば、放置してきた教育委員会の担当者も責任を問われなければならないはずです


2019年4月に熊本市立中学1年の男子生徒が自殺した問題で、市教育委員会は2日、小学6年時の担任で、自殺の原因を調査した第三者委員会から不適切な指導があったと指摘された市立力合西小の教諭(60)を、懲戒免職処分にした。5年間で体罰や暴言などを42件繰り返したことを問題視した。市教委は今後、教諭の当時の上司らを処分する方針。
市教委は2日、熊本市役所で記者会見を開き、教諭が14〜18年度、自殺した生徒が通った市立小で、42件の体罰や暴言などを行ったと説明した。体罰は6件あり、このうち自殺した生徒とは別の児童の胸ぐらをつかんだとされる1件で、熊本区検に書類送検されて不起訴(起訴猶予)となっている。
不適切な言動は28件あった。頭痛を訴えて保健室にいた児童を教室に戻したり、特定の児童をほかの児童に批判させたりした。自殺した生徒が対象となった事案も含まれており、周囲へのこうした教諭の言動により恐怖を感じ、学校を休みがちになったことなど2件が認定された。
教諭は市教委の聞き取りに「自殺した生徒のことは一日も忘れたことはない」と述べる一方、体罰や不適切な言動の一部については「覚えていない」「体罰という認識はなかった」と話しているという。
教諭は前任校でも体罰で処分を受けるなど、長期にわたって不適切な指導を繰り返していたが、先月17日まで教壇に立っていた。生徒が自殺する前の19年3月には、処分を求める保護者らの嘆願書も市教委に提出されていた。
早期に対応すれば自殺は防げたとの指摘に対し、市教委は「しっかり管理すれば校内で活動できると判断した」と釈明。遠藤洋路教育長は「多くの子どもや保護者に深い傷を負わせ、消えることのない痛みを残した」と謝罪した。
自殺した生徒の両親もこの日、市教委の後に市役所で記者会見した。母親は教諭の懲戒免職について、「被害の重大さを考えると当然の結果。教諭は後悔しているなら、息子の霊前で謝罪してほしい」と訴えた。
(読売新聞の記事から引用)


自殺の原因を調査した市教委の第三者委員会は10月、生徒が重い抑うつ状態になったのが一因とし、「(元教諭の)不適切な指導が発症に影響した蓋然性が高い」と指摘した。今月2日、市教委は、元教諭が五福小で14〜18年度に、自殺した生徒や複数の児童に体罰や暴言など42件を繰り返したとして懲戒免職処分にした。
この日の記者会見では、自殺した生徒の小学6年当時の同級生で、現在は高校1年の男性(15)が、「日頃から、暴言や殴る蹴るといった行為が横行していた」と述べた。
男性は小学4年の時、元教諭に腹を蹴られ、胸を壁に押しつけられたという。今も夢でうなされ、昨年に医療機関でPTSDと診断された。男性は「あの指導を受けていたら、(生徒が)抑うつ状態になるのは当たり前だ」と訴えた。
市教委に対しては「不信感しかないが、やっと問題が認められた。体罰を受ける子どもがいなくなるよう、対策をとってほしい」と求めた。
もう1人の高校1年の男性(15)は、元教諭に暴行されたことで当時、学校に行けなくなり、市教委は元教諭の体罰や暴言などの一つに認定している。
会見には男性2人の保護者も同席し、母親の1人は「亡くなったのが、うちの子でもおかしくなかった」と話した。また、五福小で同僚だった教諭も参加。当時の校長や市教委に対応を求めたが、状況は変わらなかったといい、「(元教諭を)結果的に止められなかった。周りに見つからないように体罰をしていた」と述べた。
(読売新聞の記事から引用)


なぜ吉野元教諭の体罰、暴言を止められなかったのか、この記事だけでは理解できません。ヤクザか半グレのような凶暴凶悪な教師だったのでしょうか?
あるいは校長、教頭が見て見ぬふりを続けていたのか?
なので、吉野元教諭を懲戒免職にしただけでは問題の解決にはなりません。学校現場も教育委員会も事なかれ主義でガバナンスが緩々なのでは
熊本県内でもいじめ、自殺、教師による性犯罪が繰り返されており、どうなっているのかと言いたくなるほどひどい状況です。教育委員会に自浄能力が欠けているのですから、教育委員会の人間をそっくり入れ替えるくらいの荒療治が必要でしょう

(関連記事)
熊本高3いじめ自殺 同級生1人と和解成立
熊本高3いじめ自殺 当時の同級生を提訴へ
熊本高1いじめ自殺 裁判勝訴も学校は謝罪せず
旭川いじめ凍死事件8 第三者委員会がいじめ認定
旭川いじめ凍死事件7 加害者は無反省
旭川いじめ凍死事件6 遺族の手記から見えるもの
旭川いじめ凍死事件5 北海道教育大派閥の害悪
旭川いじめ凍死事件4  第三者委員会まかせ?
旭川いじめ凍死事件3 中学保護者会は大荒れ
旭川いじめ凍死事件2 疑惑の数々
旭川いじめ凍死事件1 週刊誌が事態解明を促す
いじめ4年後に自殺、学校側に賠償命令
川口市いじめ事件 市側に勝訴も何も解決せず
大津の中学生自殺 いじめを放置した学校の言い分
大津の中学生自殺 橋下市長「いじめをなくすのが行政の仕事」
大津の中学生自殺 教育委「いじめた側にも人権がある」
大津の中学生自殺 教育委員会の隠蔽工作