鹿児島の元中学校長 わいせつ行為も退職金返還応じず

在職中、女子生徒を個人面談と称して車で連れ出し体に触るなどわいせつ行為をしたと発覚した鹿児島県鹿屋市の元中学校長に対し、支給済みの退職金の返納を県教育委員会が求めていましたが、元校長の自己破産を裁判所が認めたため、県側は23万円を債務者への配当として受け取ったのみで約2500万円が回収不能になったと報じられています


民事訴訟で女子生徒へのわいせつ行為が認定された鹿児島県鹿屋市立中学校の元校長に対し、県教育委員会が退職金の返納を求めていた問題で、元校長から返納命令額2615万円のうち23万円しか回収できなかったことがわかった。元校長の破産申請が認められたためで、県教委は残りの2592万円を2019年度会計で不納欠損として処理した。
県教委によると、元校長が定年退職後の13年、在職中のわいせつ行為を認定した民事訴訟判決が確定。県教委は懲戒免職相当として14年に退職金全額の返納を命じていた。
しかし、元校長が鹿児島地裁加治木支部に申し立てた破産申請が19年に認められ、免責が決まった。県教委には債権者への配当として23万円しか支払われなかったという。
県教委教職員課は「元校長と計18回面談して返納を強く求めていたが、破産が認められ、法的に回収できなくなった」としている。
(読売新聞の記事から引用)


この記事だけを読めば「自己破産したのだから仕方がないね」で済みそうな話ですが、実際は違います
女子生徒は当時の校長によるわいせつ行為によってPTSDを発症したとの被害を訴え、民事訴訟で鹿屋市に1700万円の損害賠償請求を起こしたのが2007年です。裁判の結果、鹿屋市は186万円の賠償金を支払うことになりました
元校長に対し、鹿屋市が求償権(公務員が在職中に非違行為によって損害を与えた場合、市側が賠償金を支払うものの、その賠償額の一部または全部を公務員個人に請求できる権利)を行使して元校長に186万円の支払いを求めたのが2013年です。元校長は186万円全額を市に払っています
しかし、この間に市民から、「元校長に退職金を全額支払ったのはおかしいのではないか。返還させるべきだ」との監査請求が2度も提起されています
そして上記の記事にあるように、2014年になって県教育委員会は元校長の在職時のわいせつ行為は懲戒免職に相当するものとして、退職金の返納を命じたわけです
生徒の保護者が元校長によるわいせつ行為を訴え出たのが2007年ですから、この間に教育委員会は何をしていたのでしょうか?
「元校長によるわいせつ行為はなかった。市に賠償金支払いの義務はない」と主張し、裁判で争っていたのです。全面的に元校長の味方をしていたと言わざるを得ません
損害賠償を巡る民事訴訟は最高裁にまで持ち込まれ、鹿屋市への賠償が確定したのは2013年になります。そこでようやく元校長の責任が問題となり、鹿屋市は元校長に求償権を行使して賠償金として支払ったがく全額を請求します
退職した時期がいつかはっきりしないので決めつけるわけにはいきませんが、元校長のわいせつ行為問題が浮上していたのに退職金支給を保留せず、全額支給してしまったのではないか、と疑いたくなります
教員と教育委員会の馴れ合いで、「退職金くらい全額支給してやろう」との温情が働いたのかもしれません(これも勝手な推論でしかないのですが)
最高裁判決が確定した時点でも、教育委員会は取材に対し、「退職金返納を命じるかどうか、検討中」だと煮え切らない回答をしていました
つまり、県民・市民から突き上げられた結果、元校長に退職金を返納するよう渋々命じたものであり、最初から退職金返納に向けて舵を切っていたのではないのは明らかです
教育委員会担当者の怠慢が今回の結果を招いたものといえます
元校長の事情は不明ながら、わいせつ行為が民事訴訟で認められたため離婚に至り、財産を妻に分与した結果自己破産に至ったのか?
あるいは財産を隠すため、偽装として妻と離婚し、自身は自己破産して見せたのか?
いずれにせよ、釈然としない結末です

(関連記事)
新潟の中学校長 児童買春で逮捕
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/497544666.html
札幌の中学教諭 28年前のわいせつ行為で懲戒免職
20年前の性暴行に賠償命令判決
16年前の強姦事件で懲役8年判決 PTSD認める
7人の女児にわいせつ 千葉市が550万円支払い
7人の女児にわいせつ 元教師八木航に懲役14年判決
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
高校教師懲戒免職に不服 「教え子と淫らな交際」
女性教諭が男子生徒にセクハラ 懲戒免職
14歳養女強姦事件を考える3 差し戻し審で有罪判決
14歳養女強姦事件を考える2 無罪判決を破棄し差戻し
14歳養女強姦事件を考える1 被害者証言は曖昧無罪判決
実の娘と性交、出産させた父親に懲役7年