W杯日本サポーターのゴミ拾いを侮辱する舛添要一

W杯で連日話題は尽きないところですが、恒例となった日本人サポーターによるゴミ拾い活動を、したり顔をして批判する輩がいます
東京都知事を辞任に追い込まれた舛添要一と、博打に狂って会社の金をつぎ込み有罪判決を受けて服役した元大王製紙元会長の井川意高です
脛に傷を持つ2人が、「(ゴミ拾い活動など)自己満足にすぎない。清掃人の仕事を奪っているだけ」と発言し、さまざまな反論を浴びています
そもそも道端のゴミさえ拾おうとしないであろう2人が、一段高いところから見下すような発言をしているのですから反発を招くのは必至でしょう
井川意高の発言は論外として、舛添要一の言い分を以下、紹介しておきます


前東京都知事で国際政治学者の舛添要一氏が25日に自身のツイッターを更新。サッカーW杯カタール大会で日本が強豪ドイツから大金星を挙げた23日の試合後、日本のサポーターがスタジアムのごみを片付けて国際サッカー連盟(FIFA)や現地ボランティアに感謝されるなど世界から称賛されたことに異議を唱えた。
舛添氏は「日本のサポーターがスタジアムの清掃をして帰るのを世界が評価しているという報道もあるが、一面的だ。身分制社会などでは、分業が徹底しており、観客が掃除まですると、清掃を業にしている人が失業してしまう。文化や社会構成の違いから来る価値観の相違にも注意したい。日本文明だけが世界ではない」と、日本の考え方が世界中に当てはまるわけではないと、やや批判的に指摘。
FIFAが画像を付けて公式ホームページで紹介して感謝するなど誇らしいニュースとして国内でも盛り上がっていただけに、舛添氏のツイートには「実際に清掃員でこの行為で職を失った方が言うなら納得できますが 自分達の居た所を綺麗にして帰ることに文句を言わなくても」「現地スタッフからも感謝されてる事みたいですがね」「その視点、認識も大事。ただ、現地では、清掃ボランティアが、日本人サポーターに感謝してくれた。これはこれで、良いんじゃないかと」「私清掃員ですがキレイに片付けて帰ってくれるお客様の事、素直に嬉しいし、マナーいいなと思いますよ」などと批判的なコメントが寄せられた。
(デイリースポーツの記事から引用)


文化の違い、社会構成の違い、価値観の違いが何だと言うのでしょうか?
日本のサポーターはゴミの散乱するスタジアムを片付けたくてやっているのであり、批判される謂れはありません
カタールの法律で、ゴミを拾って片付けたら犯罪として検挙されるというのならともかく、そんな法はないはずです
日本人が日本人の感性、美意識に則り行動するのを、舛添要一ごときが何を偉そうに批判しているのか、と思うだけです
いまさら「国際政治学者」などという看板が通用するはずもなく、ニュースでその発言を取り上げる価値はないと判断するのですが、どうなのでしょう
他方で舛添要一は小池百合子都知事のやること、なすことを執拗に批判し続けており、自分が大失態を犯して都知事を辞任せざるを得なくなった恨みつらみをぶつけているようで、見苦しい限りです(本人は自分の政治的見識を披露しているつもりなのでしょうが)
日本サポーターのゴミ拾いを批判したら、「さすが国際政治学者の舛添さんだ。鋭い意見だわ」と世間の人が感服すると勘違いしているのかもしれません

(関連記事)
舛添知事辞意を固める 涙の釈明も無駄に
舛添都知事 議会で釈明も四面楚歌
舛添都知事 政治資金疑惑まだまだ噴出
舛添知事 政治資金流用疑惑で一部返金
舛添知事 政治資金で家族旅行疑惑
猪瀬都知事辞任で来年は都知事選挙
ティッシュ王子「孤独なエリート」という表現の怪
100億円使い込み ティッシュ王子の高飛車な謝罪文
「ティッシュ王子」大王製紙会長はギャンブル狂 80億円注ぎ込む
ティッシュ王子こと大王製紙の井川会長 80億円の使い込み発覚