娘に覚醒剤飲ませ男に差し出した母親 懲役3年6月

さまざまな事件を当ブログでは取り上げているわけですが、時にはブログに記すのも嫌な事件に遭遇します
滋賀県内に住む女が自分の娘(当時11歳)に覚醒剤入のコーヒー牛乳を飲ませ、同居していた男に差し出して淫行させ、その様子を携帯電話で撮影したとして逮捕・起訴され、大津地裁は懲役3年6月の実刑判決を言い渡しています
報道では触れていませんが、おそらく女は同居男性と覚醒剤を使ったセックスを繰り返し、薬への忌避感を失っていたのかもしれませんし、覚醒剤で飼い慣らされて従属的になっていたのかもしれません。が、ひどい事件であり、実刑判決は妥当でしょう


11歳だった娘に覚醒剤を飲ませて交際相手の男にわいせつな行為をさせたなどとして、監護者わいせつや児童ポルノ禁止法違反などの罪に問われた母親の判決公判が22日、大津地裁であり、大嶋真理子裁判官は懲役3年6月(求刑同4年6月)を言い渡した。地裁は被害者のプライバシー保護のため、母親の名前などを伏せて審理した。
判決によると、母親はマッチングアプリで知り合った工員の男の被告(49)=大阪市平野区=と共謀して、2020年6月26日、当時11歳だった娘に対し被告の男がわいせつな行為をし、その様子を携帯電話で動画撮影した。さらに今年3月4~5日にも当時13歳だった娘に同様の行為をした。
母親は被告の男の求めに応じて、覚醒剤を混入したコーヒー牛乳を娘に飲ませた上でわいせつ行為に及んでいたという。
判決理由で大嶋裁判官は「母親として監護、養育する立場でありながら、被害者が嫌がる様子を示してもやめず、腕をつかんで被告の男にわいせつ行為をさせるなど積極的に関与した」と指摘。娘の心情について「信頼を寄せていたであろう母親から被害を受けた精神的、肉体的苦痛が甚大であることは想像に難くない」とおもんぱかった。
被告の男に脅されたとする弁護側主張については「被告の男との関係を継続したいがために指示や要求に従っていた」と判断した。
被告の男も監護者わいせつや児童ポルノ禁止法違反などの罪で起訴されている。起訴内容の一部を否認しており、大津地裁で公判中。
(京都新聞の記事から引用)


共犯である男の方には懲役10年以上の刑罰を科してもらいたいものです
鬼畜なこの男は覚醒剤を使えば相手を思いのままに操り、服従させられると思っているのでしょう。あるいは覚醒剤事件で前科があるのかもしれません
こどもは親を選べないと言われますが、まさにその通りです
どうしようもないクズ親が、親という顔をして平然と暮らしている姿を思うと吐き気すらします
シングルマザーとしてこどもを育てながら、さまざまな苦労を重ねてきたとは想像できますが、最後は覚醒剤に溺れ、男に溺れ、娘を差し出すというあまりに情けない生き様です
関西地区の女性受刑者は和歌山刑務所に収監されると思われます。刑務所の工場でミシンを踏みながら、よくよく自分の所業を振り返り、反省してもらいたいものです

(関連記事)
放火殺人で無期懲役も再審で無罪になった母親の顛末
https://03pqxmmz.seesaa.net/article/495165346.html
義理の娘に性暴力で懲役11年 千葉
DV夫が養女に淫行 懲役2年6月に不満
義理の娘(女児)に猥褻行為 元校長に懲役4年6月判決
徳島で孫娘2人を強姦した祖父 懲役8年の判決
再婚相手の娘に性暴行 懲役18年の厳罰
小学生に覚醒剤を打ち淫行、懲役23年の判決
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
わいせつ教師に懲役30年の判決
英刑務所 小児性愛者が受刑者に刺殺される