自民滋賀県連事務局長 強姦事件と5100万円横領

自民党滋賀県連の元事務局長小島雄一郎被告は、18歳の女子専門学校生と援助交際をしようとしたものの金の支払いでトラブルになり、追いかけて捕まえ強制的に性交に及んだとして逮捕・起訴されていました
さらに自民党滋賀県連の金を横領していた疑いが浮上し、そちらでも取り調べを受けていました
その自民党滋賀県連ですが、ようやく被害金額を特定できたのか、小島雄一郎を業務上横領の疑いで刑事告訴したと報じられています。裏金とか、表に出せない金がいろいろあって被害額の特定に時間がかかったのでしょうか?


自民党滋賀県連の会計に多額の不明朗な支出が見つかった問題で、同県連は31日、弁護士と公認会計士の第三者調査チームによる調査結果を発表した。横領を認めているという前事務局長の男性(44)による不正流用の総額は、党県議団の会派口座からの引き出し分を含め、約5140万円に上るとした。県連と県議団はそれぞれ、11月中に前事務局長を刑事告訴する方針。
調査結果や県連の説明によると、不正流用は2016年から昨年にかけて行われていた。会派口座から計約3550万円が引き出され、うち約2900万円は前事務局長が事務員に指示して、県連口座から穴埋めさせたり、会派経費の支払いを県連に肩代わりさせたりしていた。直近の不正分約650万円は前事務局長の親族が会派に返金した。
このほか、事務員にうそをついて県連口座から現金を引き出させ、1590万円を受け取っていたという。
前事務局長は調査チームなどの聞き取りに対し、17年4月に事務局長に就任して行動がチェックされにくくなったことや、競馬などのギャンブルにのめり込んだことで、流用額が拡大したと説明しているという。
県庁で記者会見を開いた大岡敏孝会長(衆院滋賀1区)は、親族が返金した約650万円分は県連会計に関係ないため、県連の横領被害額は約4490万円と判断し、業務上横領容疑で告訴する方針とした。
大岡会長は「党員をはじめ、県民の信頼を揺るがしかねない事態と受け止め、うやむやにせず、反省と再発防止への意志を示していく」と強調した。再発防止策として、通帳管理と出金の担当者を分け、外部監査を導入する方向で検討しているとした。
(京都新聞の記事から引用)


小島雄一郎被告の強姦事件については11月17日に求刑公判があり、懲役5年を求刑しています。判決は来年2月6日の予定です
弁護人は被告が援助交際をしようとしていたのは事実と認めた上で、少女が被告の現金を持ち逃げしようとしたのがそもそもで、被告が逃げた少女を捕まえた際に少女の側から性交を提案してきたものであり、両者には合意があって強制性交罪は成立しない」と主張しています。さらに「少女の証言には不自然な点や虚偽説明が多く、信用性がない」と訴えました
小島被告は犯行を認めず、無罪だと言い張っているわけで随分と強気です。滋賀県の大物県議会議員の息子として生まれ、若くして自民党滋賀県連事務局長の座についてますから、相当にプライドが高そうです。結婚式には安倍晋三首相も参列したのだそうです
しかし、上記のように多額の横領をしており、プライドどころではありません。横領した金は使い果たしてしまい、手許に残っていないのだとか
強制性交事件で懲役3年くらいの実刑判決を受け、横領事件でも実刑になるのでは?
被害額を返済できれば執行猶予の可能性もありますが、資産が処分して返済できるのかどうか

(関連記事)
自民滋賀県連事務局長 強姦の次は3600万円横領
自民滋賀県連事務局長 強姦容疑で裁判
自民滋賀県連事務局長 強姦容疑で逮捕
病院職員が1億5千万円横領 アイドルに注ぎ込む
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員の不満爆発
「14歳と性交で逮捕は不当」 性犯罪オヤジの言い分
「14歳と性交で逮捕は不当」発言 立民党本多平直議員
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員の歪んだ性意識
連続少女暴行魔近藤善広 なおも余罪あり
連続少女暴行魔近藤善広 4度目の逮捕
小学生に覚醒剤を打ち淫行、懲役23年の判決
強盗強姦事件で懲役25年 その呆れる所業
元Jリーガー神村奨連続強姦事件で懲役30年
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
わいせつ教師に懲役30年の判決
7人の女児にわいせつ 元教師八木航に懲役15年求刑
イケメンのサッカー指導者 児童ポルノ法違反で懲役4年判決
連続強姦魔 原田義人に無期懲役判決
実の娘と強制性交 控訴審で逆転有罪判決懲役10年
義理の娘(女児)に猥褻行為 元校長に懲役4年6月判決
強姦の元NHK記者 懲役21年の刑確定