講談社編集次長 妻殺害事件は最高裁で差し戻し決定

講談社の元編集次長だった朴鐘顕被告が自宅で妻を絞殺した疑いで逮捕・起訴されていた事件で、最高裁は「被害者が自殺した可能性について審議が十分に尽くされていない」として東京高裁へ差し戻す決定を下しています
救急車を呼んだ朴被告は当初、「階段から落ちて死んだことにしてくれ」と救急隊員に申し向け、不審感を与えました。その後、朴被告は「妻が階段の手摺で首を吊って死亡した」と供述を変更。しかし、寝室のベッドには失禁の痕跡があったことから、妻をベッドの上で絞殺した疑いがかかりました
朴被告が妻の死亡について供述を二転三転させたことと、階段で首を吊った妻の体が弛緩し遺体から尿が漏れ出したのを朴被告が拭き取り、証拠隠滅を図った疑いもあり、逮捕・起訴に至ったわけです。一審東京地裁、二審の東京高裁でも懲役11年の実刑判決を受けましたが、これを不服として最高裁に上告していました


殺人の罪に問われた講談社元社員の事件で、最高裁は11月21日、懲役11年とした高裁判決を破棄し、高裁に差し戻した。朴鐘顕被告人は「妻は自殺だった」と一貫して無罪を主張しており、最高裁が自ら無罪判決を出す「自判」を望んでいたが、かなわなかった。
被告人の大学時代の友人らでつくる支援する会の佐野大輔さんと、山本衛弁護士が都内で会見した。
「今度こそ、きちんと事実認定からやり直していただいて公正な判決が出ることを期待している」(佐野さん)「原審は証拠で確定できないことを想像で補って一方的に決めつけた。『疑わしきは被告人の利益に』の大原則に従って審理してほしい」(山本弁護士)とそれぞれ見解を述べた。
朴被告人には4人の子どもがおり、祖母(朴被告人の母)が育てている。佐野さんは「長女は高校受験を控えていて、父親に頼りたいこともある。家族は彼が帰ってくることを切に願っています」と訴え、一刻も早く保釈してほしいと強調した。
山本弁護士も「証拠は保全されており、証拠隠滅や逃亡の恐れもない。今年の夏に保釈請求が蹴られたこと自体が不当だ」と述べ、必ず保釈請求するとした。
●差し戻し審に向けて詳細は語らず
検察側は、妻の血液の混じった唾液と失禁の跡から朴被告人が首をヘッドロックして殺害したと主張。一方、弁護側は一時的な失神でも同じ状態になるとし、朴被告人が子どもを避難させている間に、妻が自ら階段の手すりにジャケットを巻いて首を吊って自殺したと反論している。
高裁判決では、自宅内での出来事で目撃証言などの直接的な証拠がない中で、状況証拠をもとにした攻防が続いた。妻には額の傷があり、これが死亡前後についたかが争点となった。現場には洗面所などから28カ所の血痕が見つかったが、高裁判決では妻の両手に血液の付着がなかったことなどから、傷を負ったのは意識を失ってからだと推認。自殺とする弁護側の主張を退けていた。
これについて最高裁判決は、妻の顔前面の血痕の有無について審理が尽くされていないと指摘。「額の傷からの出血量や出血態様が明らかでない上、自殺前の行動には多様な想定が可能」だとし、(額の傷を負ったのは意識がある時だという)自殺が前提だとしても額の傷から出血した場合、顔にどのような痕跡を残すのかも証明されていないとした。
山本弁護士は、今回の差し戻し判決に対して「破棄という結果にほっとしている」としたものの、詳細については「一筋縄ではいかない」と述べ、詳細な評価は避けた。差し戻し審に向けて「これまでの証拠でも十分無罪判決に足りていると思っていたが、検察官の出方によって専門家を出すなり必ず対応する形を考えていく」と意気込んだ。
●朴被告人の母は「無罪を信じている」
この日、38席の傍聴席を求めて並んだ人数は124人で、関心の高さがうかがえた。最前列で判決を見守った朴被告人の母親について、佐野さんが心境を代弁した。
「無罪判決を願っていたが、可能性として懲役11年が確定してしまう場合もあった。終わったあとは、ほっとした顔だった。『無罪を引き続き信じています』と話していました」
(弁護士ドットコムの記事から引用)


この事件で朴被告が犯人なのか、冤罪なのか、という部分が関心を集めています。しかし、自分としては死亡した妻がほぼ1人で4人のこどもを育てていた点が気になります。仕事の都合上朴被告は帰りも遅く、育児にはほとんど関わっておらず、妻が家事と育児をこなして大変な思いをしていたのでしょう。半ば育児ノイローゼの状態になり、夫に助けを求めるメールを何度も送ったのですが、朴被告は妻の負担について何ら配慮もしなかったと推測されます
逮捕後、朴被告の友人たちが立ち上がり、朴被告の無罪を訴える活動をしています。朴被告には助けてくれる友人が大勢いたわけですが、子育てに悩む妻には助けてくれる人が誰もいなかったのでしょう
朴被告の友人の1人は、朴被告の家へ遊びに行き、「仲の良い夫婦だった」と証言しています。しかし、1時間かそこら家に立ち寄っただけで本当の夫婦関係が見えたりはしません
朴被告の友人たち(男ばかりでしょうから、育児の苦労を理解していないと思われます)は朴被告を庇うだけで、妻の苦労や苦悩を理解しようとはしないように映ります
朴被告が無罪となれば、「冤罪を晴らした英雄」のごとく扱われるのでしょう。他方で妻は自殺した人間として忘れ去られ、彼女の苦労や苦悩も忘れられてしまうのでしょう
差し戻しの裁判で「妻が自殺したもの」と裁判官が判断したとしても、それは朴被告が妻を追い詰め自殺させたのだと理解する必要があります

(関連記事)
講談社編集次長 妻殺害は冤罪と主張
講談社編集次長 妻殺害で最高裁上告
講談社編集次長 妻殺害で控訴審も実刑
妻殺害で有罪の編集次長 保釈決定のドタバタ
講談社元編集次長 妻殺害で懲役15年求刑
講談社編集者殺人容疑で逮捕も「フライデー」ら雑誌は報道せず
講談社編集者 妻殺害容疑で逮捕
「進撃の巨人」を論評する韓国メディア
「進撃の巨人」で再び愚論を書く韓国メディア
韓国メディア 「日本の右翼漫画ブーム」と批判
韓国書店の漫画売上 1位から17位まで日本作品
「内向きに閉じた日本のマンガ市場」という批判
中国人漫画家が語る中国の審美価値と品位(笑)
なぜ漫画は世界規模の文化製品になったか 仏誌の記事
イギリスで「日本漫画大討論会」
コミックマーケットに見る日本の底力
文化観の違い パリ・ジャパンエキスポを巡って