韓国アニメ 新作は「外見至上主義」

縦スクロールのウェブトーン漫画をアニメ化したという、「外見至上主義」が日本語吹き替えでNetflixが配信すると報じられています
不細工でいじめられている男子高校生がなぜかイケメンに変身してしまうことによる逆転高校生活を描く、もののようです
先だって公開された「奇々怪々整形水」といい、整形願望の根強い韓国ならではの作品なのでしょう


「LINEマンガ」のオリジナルwebtoon作品をアニメ化した、Netflixシリーズ『外見至上主義』(11月4日よりNetflix独占配信)の日本語吹き替えキャストが発表され、日本語吹替版本予告映像が解禁となった。
同作は、いじめられっ子がある日目覚めると、超絶イケメンになっていて、昼はイケメンの体で学校に通い、夜はブサイクの体でバイトをする奇妙な二重生活を始めるストーリー。イケメンな自分と、ブサイクな自分、二つの視点から見る人々、そして社会を通じて蛍介はたくさんのことを学んでいくが…。
学校で酷いイジメに遭い、人生をリセットするため、母を一人残し有名芸術高校に転校することを決意する主人公・パク・ヒョンソク(※長谷川蛍介)役は松岡禎丞。ぶりっ子気質でイケメンに目がないパク・ハヌル(香川美怜)役は早見沙織が演じる。
(ORICONニュースの記事から引用)

『外見至上主義』予告編 - Netflix

イケメンになった主人公がどこかで見たようなK-POPの男性アイドル然としており、苦笑するしかありません
K-POPの男性アイドルにせよ女性アイドルにせよ、判で押したような整形顔ばかりなのですが、これが韓国の人たちの憧れであり、目指すところなのでしょう
ただ、物語がどう進展するかはともかく、毎度のように奥行きも深みも広がりも感じられない予告編です。これでは本編へのワクワク感など生まれません。それともイケメンになった主人公の強さ、かっこよさ、モテモテぶりに韓国の視聴者はワクワクするのでしょうか?
短い予告編と比較するならば、日清どん兵衛のアニメCMを例に挙げます
30秒ほどの動画ですが、そこには2人の関係性の過去、現在、未来を思わずにはいられない奥行きと深み、幅が表現されており、物語の続きを見たいと思う人が多いのではないでしょうか?

日清のどん兵衛CM「どんぎつねシーズン2 耳そこなんですか? 篇」

(関連記事)
韓国の劇場版ホラーアニメ「奇々怪々整形水」が日本公開
韓国アニメ「整形水」が日本で人気、と書く韓国メディア
韓国の劇場アニメ「テイリ」は労働紛争を描いた作品
「鬼滅の刃」から日本文化批判へ飛ぶ韓国メディア
韓国マンガ「NOBLESSE」アニメ化
アニメ「神之塔」の評価は
韓国の人気漫画「神之塔」アニメ化も放送予定は?
韓国アニメ「赤い靴と7人のドワーフ」
縦読み漫画 ウェブトーンは流行るのか?
「韓ドラの次はウェブ漫画が来る」という記事
「ウェブ漫画の元祖は韓国」であり「文化強国」だと主張

この記事へのトラックバック